休息日に行われたPCR検査の結果、全チームのスタートが認められ、陽性となった大会ディレクターのプリュドム氏がレースを去る事態に見舞われたツール・ド・フランス第10ステージ。海風や多発する落車による集団分裂を経て、自身初のスプリント勝利を飾ったサム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)がマイヨヴェールに袖を通した。



オレロン島橋を渡ってフランス本土に戻る選手たちオレロン島橋を渡ってフランス本土に戻る選手たち photo:Kei Tsuji
9月8日(火)第10ステージ
ル・シャトー=ドレロン〜サンマルタン=ド=レ
距離:168.5km
獲得標高差:700m
天候:晴れ
気温:24〜26度

カテゴリー山岳とスプリントポイント
132.5km地点 スプリントポイント

9月8日(火)第10ステージ ル・シャトー=ドレロン〜サンマルタン=ド=レ 168.5km9月8日(火)第10ステージ ル・シャトー=ドレロン〜サンマルタン=ド=レ 168.5km photo:A.S.O.9月8日(火)第10ステージ ル・シャトー=ドレロン〜サンマルタン=ド=レ 168.5km9月8日(火)第10ステージ ル・シャトー=ドレロン〜サンマルタン=ド=レ 168.5km photo:A.S.O.



PCR検査を経て、プリュドム氏のいないツールが再スタート

2020年ツール・ド・フランス第2週は、今大会唯一カテゴリー山岳が設定されないど平坦ステージからスタート。オレロン島から全長3,027mのオレロン島橋を渡って一旦フランス本土に渡り、海岸線やスードル川が作り出した平原を走り、全長2,926mのレ島橋を渡ってレ島へ。獲得標高差700mという今大会最も平坦なステージは今大会最も海を間近に感じるステージ。海風を切り抜けての集団スプリントに持ち込まれると予想された。

スタッフを含む2名の新型コロナウイルス陽性者が出た場合にチームごと撤退しなければならないという「ツー・ストライク」ルールにより、休息日に行われたPCR検査の結果に注目が集まったスタート地点。「レースバブル」に含まれるチーム関係者約841名を対象にしたPCR検査の結果、すべての選手の陰性が確認されたものの、コフィディス、アージェードゥーゼール、イネオス・グレナディアーズ、ミッチェルトン・スコットのチームスタッフ1名ずつと大会ディレクターのクリスティアン・プリュドム氏の新型コロナウイルス陽性が判明。落車負傷によりレースを去ったドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、NTTプロサイクリング)を除く、22チーム、165名が第2週をスタートさせた。

晴れわたるオレロン島を離れるとすぐ、ミヒャエル・シェアー(スイス、CCCチーム)とシュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)が追い風に乗るようにしてアタック。ともに元BMCレーシングで、ともにチーム内にピュアスプリンターがおらず、ともにチーム内に総合上位のオールラウンダーがいないスイス人コンビ。今大会に出場しているスイス出身選手4名(シェアー、キュング、ライヒェンバッハ、ヒルシ)の半分が逃げる展開となったが、メイン集団とのタイム差を思うように広げることができない。

逃げるシュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)とミヒャエル・シェアー(スイス、CCCチーム)の後ろにメイン集団が迫る逃げるシュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)とミヒャエル・シェアー(スイス、CCCチーム)の後ろにメイン集団が迫る photo:CorVos
メイン集団のペースを上げるジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)メイン集団のペースを上げるジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:CorVos
シャラント=マリティム県の田舎町を通過シャラント=マリティム県の田舎町を通過 photo:Kei Tsuji
最初の1時間を平均スピード49.3km/hで駆け抜けたスイスデュオだったが、進路変更&風向き変化とともにドゥクーニンク・クイックステップが集団ペースアップを開始すると最大2分まで広がったタイム差は瞬く間に縮小。落車や横風でティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)やエマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)、ダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエル・スタートアップネイション)を置き去りにしたメイン集団は、フィニッシュまで100kmを残して逃げを飲み込んだ。

ドゥクーニンク・クイックステップやユンボ・ヴィスマ、イネオス・グレナディアーズが先頭で指揮をとるメイン集団は高速を維持したまま向かい風の中を進む。中央分離帯やロンポワン(ラウンドアバウト)が連続するコースでは至る所で落車が発生。総合3位ギヨーム・マルタン(フランス、コフィディス)や総合7位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)も落車に巻き込まれたが、チームメイトたちのエスコートによって集団復帰を果たしている。

逃げを飲み込んだメイン集団が石畳の街を進む逃げを飲み込んだメイン集団が石畳の街を進む photo:Kei Tsuji
ステージ中盤は逃げが生まれないままレースが進行ステージ中盤は逃げが生まれないままレースが進行 photo:Kei Tsuji


落車や分裂を繰り返しながら集団スプリントで決着

逃げが生まれないまま差し掛かったスプリントポイントではマッテオ・トレンティン(イタリア、CCCチーム)がペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)とサム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)を下して先頭通過。その後もユンボ・ヴィスマやイネオス・グレナディアーズが危険回避のために集団先頭でペースを上げ続ける。ピリピリとした緊張感に包まれた集団内では総合9位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)やジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)、アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)が落車。横風区間で集団が割れるシーンも見られたが、総合上位陣の中でタイムを失う選手はいなかった。

横風が吹くレ島橋でキュングがアタックしたものの吸収(しかしステージ敢闘賞を獲得)。集団先頭で状況をコントロールし続けたユンボ・ヴィスマは、残り3kmを切ってから牽引の役目をスプリンターチームに託した。

横風吹くレ島橋を渡ってレ島へ横風吹くレ島橋を渡ってレ島へ photo:Kei Tsuji
メイン集団を牽引するワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)メイン集団を牽引するワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ) photo:CorVos
これまでの平坦ステージがそうであったように、この日もフラムルージュ(残り1kmアーチ)に向かってサンウェブのリードアウトトレインが定刻通りに発車。先頭でトレインを走らせたが、残り400mでミケル・モルコフ(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ)がアイルランドチャンピオンを引き連れてリードアウトの主導権を奪う。

後ろにカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)とサガンを連れたベネットが残り150mで発進すると、第3ステージと同様にユアンが爆発的な加速で並びにかかる。1年前のツールでは第1休息日明けの第11ステージと第2休息日明けの第16ステージを制し、自他ともに認める「休息日明けのステージが得意な選手」であるユアン。しかし今回ばかりはベネットを差し切ることができなかった。両者同時のハンドル投げで、ベネットが先着した。

集団スプリントで先頭に立つサム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)集団スプリントで先頭に立つサム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:Luca Bettini
ハンドルを投げ込むサム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)とカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)ハンドルを投げ込むサム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)とカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル) photo:Luca Bettini
接戦スプリントを制したサム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)接戦スプリントを制したサム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:Luca Bettini


全グランツールステージ優勝を果たしたベネット

「ショックを受けているというのが正直な気持ち。ずっとツール・ド・フランスでのステージ優勝を夢見てきた。果たしてそれがどんなものなのか想像さえできなかった。一生勝てないんじゃないかとも思った」。3回目のツールでスプリント初勝利を飾ったベネットは感極まる。現役選手の中で19名(カヴェンディッシュ、グライペル、バルベルデ、フルーム、ニバリ、デゲンコルプ、ジルベール、デュムラン、ヴィヴィアーニ、ユアン、マシューズ、キンタナ、トレンティン、ログリッチ、イェーツ、アル、ピノ、デニス、デヘント)しか達成していない全グランツールステージ優勝を果たした。

「向かい風が吹いていたのでスプリントの開始を辛抱強く待ったんだ。スプリント開始が遅すぎたかもしれないと思った。ギアも重すぎたけど・・・勝てたんだ!すべてのチームに、特にこの機会を与えてくれたパトリック(ルフェーブルGM)に感謝している」。ベネットはこれまで第1ステージ4位、第3ステージ2位、第5ステージ3位。ボーラ・ハンスグローエの攻撃により第7ステージで失っていたマイヨヴェールを、再びサガンの手から奪うことに成功している。

危険な海風ステージを終えて総合成績に大きな変動は起こらず、プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)がマイヨジョーヌをキープ。落車で遅れたダヴィデ・フォルモロ(イタリア、UAEチームエミレーツ)とともに最後尾でフィニッシュしたジェローム・クザン(フランス、トタル・ディレクトエネルジー)がパヴェル・シヴァコフ(ロシア、イネオス・グレナディアーズ)に代わってランタンルージュ(総合最下位)の座についている。

マイヨヴェールを奪い返したサム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)マイヨヴェールを奪い返したサム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:Luca Bettini


デイリーハイライト: J SPORTSでツール・ド・フランス全21ステージ独占生中継

ツール・ド・フランス2020 第10ステージ結果
1位サム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)3:35:22
2位カレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)
3位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)
4位エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、コフィディス)
5位マッズ・ピーダスン(デンマーク、トレック・セガフレード)
6位アンドレ・グライペル(ドイツ、イスラエル・スタートアップネイション)
7位ブライアン・コカール(フランス、B&Bホテルズ・ヴィタルコンセプト)
8位ケース・ボル(オランダ、サンウェブ)
9位ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)
10位ルカ・メズゲッツ(スロベニア、ミッチェルトン・スコット)
DNFサム・ビューリー(ニュージーランド、ミッチェルトン・スコット)
DNSドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、NTTプロサイクリング)
マイヨジョーヌ(個人総合成績)
1位プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)42:15:23
2位エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)0:00:21
3位ギヨーム・マルタン(フランス、コフィディス)0:00:28
4位ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)0:00:30
5位ナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)0:00:32
6位リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFプロサイクリング)
7位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)0:00:44
8位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)0:01:02
9位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)0:01:15
10位ミケル・ランダ(スペイン、バーレーン・マクラーレン)0:01:42
マイヨヴェール(ポイント賞)
1位サム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)196pts
2位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)175pts
3位ブライアン・コカール(フランス、B&Bホテルズ・ヴィタルコンセプト)129pts
マイヨアポワ(山岳賞)
1位ブノワ・コヌフロワ(フランス、アージェードゥーゼール)36pts
2位ナンズ・ピーターズ(フランス、アージェードゥーゼール)31pts
3位マルク・ヒルシ(スイス、サンウェブ)26pts
マイヨブラン(ヤングライダー賞)
1位エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)42:15:44
2位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)0:00:23
3位ルイス・マス(スペイン、モビスター)0:01:41
チーム総合成績
1位モビスター126:53:01
2位EFプロサイクリング0:05:12
3位トレック・セガフレード0:05:27
text:Kei Tsuji
Amazon.co.jp 
の画像 [ニューバランス] スニーカー ML574(現行モデル) 12_グレー(EGG) 22 cm D
カテゴリー: Shoes
メーカー: New Balance Japan,Inc. =New Balance=
参考価格: ¥6,575
最安価格: ¥6,575
アマゾン価格: ¥6,575
の画像 [ニューバランス] スニーカー WL574 レディース オレンジ 22 cm B
カテゴリー: Shoes
メーカー: New Balance Japan,Inc. =New Balance=
参考価格: ¥4,290
最安価格: ¥4,290
アマゾン価格: ¥4,290
の画像 [ニューバランス] スニーカー M576RED レッド 25.5 cm
カテゴリー: Shoes
メーカー: new balance
参考価格: ¥28,600
最安価格: ¥28,600
アマゾン価格: ¥28,600