Jプロツアー第8戦となる「西日本ロードクラシック広島大会Day-1」が開催され、キナンサイクリングチームの山本大貴がJプロツアー初優勝を挙げた。女子はレース後半を独走で逃げ切った大堀博美(MOPS)が優勝した。



スタートラインに揃ったプロリーダージャージとネクストリーダージャージスタートラインに揃ったプロリーダージャージとネクストリーダージャージ photo:Satoru Katoスタートスタート photo:Satoru Kato

今年54回目の開催となる「西日本ロードクラシック」。本来なら4月に開催予定だったが、折からのコロナ禍により4ヶ月遅れての開催となった。会場は今年の全日本選手権が開催されるはずだった広島県中央森林公園。カーブとアップダウンが連続し、パワーだけでなく集中力も要求されるコースだ。

朝から青空が広がり、真夏の太陽が照りつける1日。会場のある三原市では35℃に迫る最高気温を記録したが、コースはアスファルトの照り返しなどもあり、「灼熱地獄」という言葉が相応しい猛烈な暑さの中でのレースとなった。なお、今回も無観客での開催となっている。

1周目に飛び出した安原大貴(マトリックスパワータグ )と武山晃輔(チーム右京)1周目に飛び出した安原大貴(マトリックスパワータグ )と武山晃輔(チーム右京) photo:Satoru Kato
4周目 先行する3名に追走集団が追いつく4周目 先行する3名に追走集団が追いつく photo:Satoru Kato
初日のレースは1周12.3kmのコースを5周する61.5kmの短距離レース。リアルスタート直後に安原大貴(マトリックスパワータグ )と武山晃輔(チーム右京)の2名が抜け出し、メイン集団に30秒前後の差をつける。

2周目後半、安原が単独で先行。2周回完了時に設定された中間スプリントポイントを獲得して集団に戻る。その後アタックと吸収が何度か繰り返されたのち、増田成幸(宇都宮ブリッツェン)、山本大喜(キナンサイクリングチーム)、阿曽圭佑(eNShare レーシングチーム)の3名が先行して4周目に入る。メイン集団からは数名が抜け出し、先行する3名に次々と合流。山本元喜(キナンサイクリングチーム)、トマ・ルバ(キナンサイクリングチーム)、西村大輝(宇都宮ブリッツェン)らが合流して最終周回へ入る。

最終周回 トマ・ルバ(キナンサイクリングチーム)が登りで加速最終周回 トマ・ルバ(キナンサイクリングチーム)が登りで加速 photo:Satoru Kato
最終周回 山本元喜(キナンサイクリングチーム)がアタック最終周回 山本元喜(キナンサイクリングチーム)がアタック photo:Satoru Kato
展望台への登りでアタックする山本大喜(キナンサイクリングチーム)展望台への登りでアタックする山本大喜(キナンサイクリングチーム) photo:Satoru Kato
残り3km、通称「3段坂」に入ると、ルバが加速。そこから山本元喜がアタックし、さらに山本大喜がアタックと、キナンサイクリングチームが波状攻撃をしかける。展望台への登りで山本大喜が単独先行すると、追える者はなく勝負あり。そのままフィニッシュまで独走した山本大喜がJプロツアー初勝利を挙げ、キナンサイクリングチームは今季3勝目をマークした。

山本大喜(キナンサイクリングチーム)がJプロツアー初優勝山本大喜(キナンサイクリングチーム)がJプロツアー初優勝 photo:Satoru Kato
「今年はJプロツアーで1勝してやろうと思って、コロナの自粛期間中もしっかり練習してきた。絶好調なので、いつ勝てるかと思いながらここまで走ってきた」と言う山本大喜。「キナンは今日は4人出走だったが、新城雄大が前日にバンクリーグを走っていたので実質3名でのレースだった。なので序盤は他チームの動きを注意してチェックしつつ後半勝負という作戦だった。トマ(・ルバ)さんがフォローしてくれたおかげでだいぶ脚をためることが出来た。

表彰式表彰式 photo:Satoru Kato最後まで3人残れたのでスプリントはないと思ったので、登りで自分達でガンガン行って減らしていこうと。その点は話さなくても共通認識だったので、脚も揃っていたし、トマさんが行って、兄(山本元喜)が行って、それで自分が行って決まった。もし捕まっても後ろに2人がいたので任せようと思って、全力で踏み切った」と、レースを振り返る。

「明日は距離が長くなるが、キナンはアジアツアーで長距離レースにも強いので、積極的に戦っていきたい」と、2日目への目標を語った。

Jプロツアー第8戦 西日本ロードクラシック Day-1 結果(61.5km)
1位山本大喜(キナンサイクリングチーム)1時間30分47秒
2位西村大輝(宇都宮ブリッツェン)+27秒
3位山本大輝(キナンサイクリングチーム)
4位トマ・ルバ(キナンサイクリングチーム)
5位阿曽圭佑(eNShare レーシングチーム)+28秒
6位増田成幸(宇都宮ブリッツェン)
中間スプリント賞 安原大貴(マトリックスパワータグ)

プロリーダージャージ 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)
U23リーダージャージ 織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)




女子は大堀博美が逃げ切り勝ち 総合首位は樫木祥子へ


F(女子)唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)、樫木祥子(株式会社オーエンス)、渡部春雅(駒澤大学高等学校)らが中心となってペースを上げるF(女子)唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)、樫木祥子(株式会社オーエンス)、渡部春雅(駒澤大学高等学校)らが中心となってペースを上げる photo:Satoru KatoF(女子)3周目から独走した大堀博美(MOPS)F(女子)3周目から独走した大堀博美(MOPS) photo:Satoru Kato

F(女子)大堀博美(MOPS)が単独逃げ切りで優勝F(女子)大堀博美(MOPS)が単独逃げ切りで優勝 photo:Satoru Kato
女子は6周73.8kmのレース。序盤から唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)、樫木祥子(株式会社オーエンス)、渡部春雅(駒澤大学高等学校)らがペースを上げて人数を絞っていく。3周目、大堀博美(MOPS)が飛び出して独走を開始。樫木と渡部が追走し、最後は樫木1人が追走を続けるが捕まえられず、大堀がレース距離のおよそ半分を逃げ切って優勝した。総合首位の唐見が未完走となったため、樫木がリーダージャージを奪回した。
F(女子)結果 (73.8km)
1位大堀博美(MOPS)2時間11分20秒
2位樫木祥子(株式会社オーエンス)+1分12秒
3位渡部春雅(駒澤大学高等学校)+5分8秒


E1 原田将人(ALL OUT reric)が優勝E1 原田将人(ALL OUT reric)が優勝 photo:Satoru Kato
E2表彰式E2表彰式 photo:Satoru KatoE3表彰式E3表彰式 photo:Satoru Kato


text&photo:Satoru Kato
Amazon.co.jp 
の画像 【大蔵製作所】道路標識 ミニチュア マグネット ステッカー (広島出口) 本物のデザインデータと素材を使用した標識マグネット
カテゴリー: Toy
メーカー: トラフィックン・マグネット
参考価格: ¥1,222
最安価格: ¥1,222
アマゾン価格: ¥1,222
の画像 AP-008/HIJ/Hiroshima/広島空港/JAPAN/空港コードステッカー
カテゴリー: Toy
メーカー: 株式会社ゼネラルステッカー
参考価格: ¥418
最安価格: ¥418
アマゾン価格: ¥418
の画像 1/150スケール Nゲージサイズ ニッポンの働く車キット 消防車両1 [1-B.空港用化学消防車 MAF-60A 広島空港仕様(2号車)](単品)
カテゴリー: Toy
メーカー: エフトイズ/F-toys
参考価格: ¥890
最安価格: ¥890
アマゾン価格: ¥890