新城幸也(バーレーン・マクラーレン)のシーズン再開レースとなるチェコツアーが開幕。初日のチームタイムトライアルでミッチェルトン・スコットがトップタイムをマークした。



シーズン再開初戦に臨む新城幸也(バーレーン・マクラーレン)シーズン再開初戦に臨む新城幸也(バーレーン・マクラーレン) (c)CorVos
隣国スロバキアやポーランドにも近いチェコ北東部を舞台にしたチェコツアー (UCI2.1)が開幕。トップ選手を輩出している同国を代表するステージレースであり、今年は8月6日(木)から9日(金)までの4日間で開催されている。

18.1kmのチームタイムトライアルで開幕し、スプリントステージを経て総合成績を争う山岳ステージx2を消化する。歴代優勝者リストには2019年のダリル・インピー(南アフリカ、NTTプロサイクリング)、2018年のリカルド・ゾイドル(オーストリア、CCCチーム)などクライマーと登坂力を備えたクラシックハンターが並ぶレースだ。

チェコツアー2020 第1ステージ コースプロフィールチェコツアー2020 第1ステージ コースプロフィール (c)www.czechcyclingtour.czチェコツアー2020 第2ステージ コースプロフィールチェコツアー2020 第2ステージ コースプロフィール (c)www.czechcyclingtour.cz

チェコツアー2020 第3ステージ コースプロフィールチェコツアー2020 第3ステージ コースプロフィール (c)www.czechcyclingtour.czチェコツアー2020 第4ステージ コースプロフィールチェコツアー2020 第4ステージ コースプロフィール (c)www.czechcyclingtour.cz


ポローニュやツール・ド・ランなどステージレースが重なって開催されるため、6チーム(ミッチェルトン、ユンボ、サンウェブ、NTT、バーレーン、ボーラ)が出場するUCIワールドチーム勢も含めメンバーはやや薄め。しかし抜きん出た戦力を誇るチームの不在が意味するのは拮抗した実力勝負。2015年に総合優勝しているペトル・ヴァコッチ(チェコ、アルペシン・フェニックス)らプロチーム勢にもチャンスはある。新城幸也はグレガ・ボーレ、ドメン・ノヴァク、ルカ・ピベルニク、ヤン・トラトニクというスロベニアを代表する選手4名、そしてチーム2年目のステフェン・ウィリアムズ(イギリス)と組んでの出場だ。

緩斜面のアップダウンを含むコースで好走したのは若きノルウェー人選手発掘・育成という使命を持つウノエックス・ノルウェージャンデヴェロップメントチームだった。平均スピード53.674km/hで走ったノルウェーチームがホットシートに座ったが、ワールドチームのメンツを掲げたサンウェブがタイム差1秒以下という僅差で上回る。しかしそれもつかの間、ミッチェルトン・スコットが2チームを25秒上回った。

トップタイムを叩き出したミッチェルトン・スコットトップタイムを叩き出したミッチェルトン・スコット (c)CorVos
25秒差のステージ2位:サンウェブ25秒差のステージ2位:サンウェブ (c)CorVosバーレーン・マクラーレンはステージ8位バーレーン・マクラーレンはステージ8位 (c)CorVos


スピードマンを多く揃えたオーストラリアチームが優勝し、リーダージャージは先頭でフィニッシュラインを越えたルーク・ダーブリッジ(オーストラリア)の手の元に。僅差の総合争いとなるチェコツアーにおいて、総合成績狙いのルーカス・ハミルトンやダミアン・ホーゾン(共にオーストラリア)が貴重なリードを稼いでいる。

「このチームTTで勝ち、総合を狙うメンバーにできる限りリードを持ってもらおうと考えていたことがうまくいった。超高速コースゆえに、ロックダウン以来TT練習があまりできていなかったため大変だったけれど、誰もが素晴らしい走りをしてくれた。リーダージャージは予定外のボーナスだけど、まだまだ始まりに過ぎない。チームとしてこのジャージを守り抜くために全力を尽くしたい」とダーブリッジは語っている。

最速タイムを叩き出したミッチェルトン・スコットのメンバー最速タイムを叩き出したミッチェルトン・スコットのメンバー (c)CorVos
リーダージャージを着用したルーク・ダーブリッジ(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)リーダージャージを着用したルーク・ダーブリッジ(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット) (c)CorVos
また、新城たちのバーレーン・マクラーレンは43秒遅れのステージ8位でフィニッシュ。「自分にとってヨーロッパのレースが再開しました!レースをするのも大変な状況で、こうして走れることが本当に嬉しいです。さすがに移動して直ぐにTTT(チームタイムトライアル)はキツかった(苦笑)普通のレースなら、ゆっくり始まるけど、TTTはそうは行かないので、いきなりスタートから全力全開でした。明日(7日)から3日間はロードレースなので、調子も日々、良くなって行くと思う」とコメントしている。
チェコツアー2020 第1ステージ結果
1位ミッチェルトン・スコット19:4954.802km/h
2位サンウェブ0:2553.674km/h
3位ウノエックス・ノルウェージャンデヴェロップメントチーム0:2553.674km/h
4位エルコフ・カスパー0:2853.541km/h
5位ボーラ・ハンスグローエ0:3153.410km/h
6位ユンボ・ヴィズマ0:3453.279km/h
7位アルペシン・フェニックス0:3953.062km/h
8位バーレーン・マクラーレン0:4352.890km/h
9位SEGレーシングアカデミー0:4552.804km/h
10位スポートフラーンデレン・バロワーズ0:5952.212km/h
個人総合成績
1位ルーク・ダーブリッジ(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)19:49
2位ジャック・バウアー(ニュージーランド、ミッチェルトン・スコット)
3位ルーカス・ハミルトン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)
4位カーデン・グローブス(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)
5位ダミアン・ホーゾン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)
6位ヨリス・ニューエンハイス(オランダ、サンウェブ)0:25
7位アスビャアン・クラーウアナスン(デンマーク、サンウェブ)
8位マイケル・ストーラー(オーストラリア、サンウェブ)
9位ニコ・デンツ(ドイツ、サンウェブ)
10位フェリックス・ゴール(オーストリア、サンウェブ)
その他の特別賞
ヤングライダー賞カーデン・グローブス(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)
チーム総合成績ミッチェルトン・スコット
text:So.Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 チェコ語フラッシュカード: 重要単語800語フラッシュカード
カテゴリー: Digital Ebook Purchas
参考価格: ¥1,199
最安価格: ¥1,199
アマゾン価格: ¥1,199
の画像 新しいチェコ・古いチェコ 愛しのプラハへ 最新版 (旅のヒントBOOK)
カテゴリー: Book
メーカー: イカロス出版
参考価格: ¥1,760
最安価格: ¥4,599
アマゾン価格: ¥1,760
の画像 ロッテ コアラのマーチ<チョコ> 50g×10箱
カテゴリー: Grocery
メーカー: ロッテ
参考価格: ¥ 1,080
最安価格: ¥ 720
アマゾン価格: ¥ 1,080