日直商会が展示会にてデローザの2021年モデルを発表した。昨年ラインアップの大幅刷新を行っていたため、来シーズンは新カラーが中心の展開となる。また、スポーツフルの2021年春夏モデルが早くもお披露目されていた。



自然にカラーがグラデーションしている自然にカラーがグラデーションしている 角度を変えると紫色に変わる角度を変えると紫色に変わる


カメレオンカラーが採用されたSK Pininfarina。真横から見ると緑色に見えるが…カメレオンカラーが採用されたSK Pininfarina。真横から見ると緑色に見えるが…
2019年、デローザは革新の年を迎えていた。2020年モデルとしてMERAKを復活させ、SK PininfarinaとIDOLを中心に様々なバイクのモデルチェンジを行い、ロゴデザインを刷新。新たな車体とのマリアージュを考えた新ロゴを掲げ、デローザの次なるステップへと踏み出していた。

デローザの現代表クリスティアーノ氏が語った新しいコンセプトについては特集記事が詳しいのでご覧頂きたい。要約するとレトロ・フューチャーの考え方でデローザらしさ、伝統を守りつつも、次世代へ向けてブランドが進んでいくとクリスティアーノ氏は語っている。特集では創業者ウーゴ氏のインタビューも行っているため、デローザが大切にする部分にも触れられるはずだ。

さて、そんなデローザの2021年モデルが日直商会の展示会でお披露目されていた。2020年モデルでラインアップの総入れ替えを行ったと言っても過言ではないほどガラリと変わっていたため、2021年モデルでは新車の発表は無く、新カラーの登場に留まった。

コフィディスカラーのMERAKが登場しているコフィディスカラーのMERAKが登場している
コフィディスロゴが輝くトップチューブコフィディスロゴが輝くトップチューブ コフィディスモデルはロゴに影がつけられているコフィディスモデルはロゴに影がつけられている


オールラウンドレーサーのMERAKには、今シーズンよりデローザがサポートを開始しているワールドチーム、コフィディスのチームカラーが登場。現在は黒とシルバーの組み合わせや、メタリックブルーと黒、白とグレーといったツートンカラーが揃っているが、そのラインアップにおいてレッド単色で彩られるコフィディスカラーは際立つ存在となるだろう。もちろんシートポストやヘッドキャップまで同色で塗装し、統一感のあるルックスに仕上げられている。

エアロロードのSK Pininfarinaには流行色と言っても良いほど数が増えているカメレオンカラーが用意された。光の加減や差し込む角度によって変化する塗装とされており、その時どきの顔を見せることがカメレオンカラーの特徴だ。SK Pininfarinaは真横から見るとグリーンだが、車体の前後に回り込むと紫色が顔を出すカラーリングとなっていた。こちらももちろんシートポストまでペイントされており、Pininfarinaとのコラボマシンというイメージも相まって非常にゴージャスなフレームセットとなっている。

サーモンピンクが登場したミドルグレードIDOLサーモンピンクが登場したミドルグレードIDOL
ゴージャスなペイントが採用されるゴージャスなペイントが採用される IDOLの特徴はフォークレッグの内側などが塗り分けられていることIDOLの特徴はフォークレッグの内側などが塗り分けられていること


IDOLにも新色が登場している。2021年モデルではサーモンピンクと名付けられたペイントが施されている。フレームのメインカラーはベージュに近いピンク色とクリア塗装とされているが、フォークレッグとチェーンステーの内側、シートポストがベージュ色のアクセントとされた。2021年モデルは品のある大人な雰囲気を感じさせるバイクがラインアップに加わる。

また、デローザのフルオーダーシステム「ブラックラベル」のカスタムカラー例が合わせて展示されていた。ブラックラベルのバイクであれば、デローザが用意するカラーサンプルの中であればアップチャージ無しでフレームカラーを変更することが可能なのだ。

カラーサンプルも用意されているため完成をイメージすることができるカラーサンプルも用意されているため完成をイメージすることができる 胴抜きデザインのカラーリングでオリジナリティが演出されている胴抜きデザインのカラーリングでオリジナリティが演出されている

ANIMAはグラデーションデザインで彩られているANIMAはグラデーションデザインで彩られている CORUMのRevoデザイン部分をアクセントカラーとしているカスタムカラーCORUMのRevoデザイン部分をアクセントカラーとしているカスタムカラー


展示例では、チタンフレームのANIMAにはグラデーションペイント、TITANIO SOLOにはチタン無垢とキャンディ塗装の塗り分け、CORUMにはデローザロゴが敷き詰められるRevoデザインにカラーを加えた塗装を施していた。この例を見る限りでは非常に柔軟にペイントオーダーをかけられるみたいだ。ブラックラベルの自転車をオーダーする際はジオメトリーだけではなく、フレームカラーも検討してみてはいかがだろうか。

今回の展示会ではカンパニョーロが先日発表したばかりのSHAMAL CARBON DISCの展示も行われていた。カーボンリムとなったSHAMALは、グラベルタイヤまで対応できる内幅21mmの設計を採用したオールラウンドモデル。BORAシリーズがレース仕様であるのに対し、SHAMAL CARBON DBはロードライドでも様々なシチュエーションに対応してくれるホイールという位置づけだ。

SHAMAL CARBON DBSHAMAL CARBON DB
スポーツフルはひと足早く2021年の春夏モデルを展示していた。スポーツフルは世界的なグラベル流行を受けてGIARAシリーズに力を入れている。グラベルレースを視野に入れたピタリとしたフィットのSUPER GIARAの半袖ジャージは、一般的な3分割ポケットの上に3分割メッシュポケットを配置し、計6つのポケットを手に入れた。シリーズとしてはグラベル向けだが、補給食や財布、携帯工具、鍵、携帯、ウィンドブレーカーを携行するロードツーリングでも重宝できる仕様となっている。

スポーツフルはグラベル用のGIARAコレクションに力を入れているスポーツフルはグラベル用のGIARAコレクションに力を入れている
バギショーツやポケット付きビブショーツがラインアップされているバギショーツやポケット付きビブショーツがラインアップされている SUPER GIARAのバックポケットは一般的なポケットに加えメッシュポケットが備えられているSUPER GIARAのバックポケットは一般的なポケットに加えメッシュポケットが備えられている

エアロワンピースはグラデーションデザインも用意されているエアロワンピースはグラデーションデザインも用意されている メッシュがデザインの一部となっているメッシュがデザインの一部となっている


スポーツフルは生地で特色を出しているブランドでもあり、遠目から見るとマスタードカラーの一色だが、近くで見るとメッシュが幾何学模様のように配置されていることがわかる遊び心に富んだ1着も並んでいた。ペテル・サガンと共同開発を行ったというスキンスーツはグラデーションカラーとなっており、市民レースなどでも着やすいはずだ。

セッレイタリアからはFLITE BOOSTのラインアップやツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリアの限定モデル、ミッドシーズンモデルとして登場した新型TTモデルWATTが並べられていた。また、タックスのスマートバイクNEO BIKEもすでに販売開始されており、多くの販売店が注目していたようだ。

2020年はサイクルモードやシマノ鈴鹿ロードなど大型イベントが中止となり、実車を見れる機会がグッと減っている。近くのショップで試乗会を行う際は是非足を運んでみてほしい。新カラーなどを見てその美しさを感じてもらいたい。同時に、実際に試乗することで各バイクの良さも感じられるだろう。

タックスのスマートバイクNEOBIKEも販売開始されているタックスのスマートバイクNEOBIKEも販売開始されている 送風機が標準で装備されている送風機が標準で装備されている

ピトー管のようなデバイスNOTIOは、走行中の空気抵抗を計測できるピトー管のようなデバイスNOTIOは、走行中の空気抵抗を計測できる NOTIOで風速や走行中のCdAが確認することができるNOTIOで風速や走行中のCdAが確認することができる


今回の展示会では試乗車が用意され、実際にデローザバイクを乗って確かめることができた今回の展示会では試乗車が用意され、実際にデローザバイクを乗って確かめることができた
text:Gakuto Fujiwara
Amazon.co.jp 
の画像 エイドリアン ・ ニューウェイ HOW TO BUILD A CAR - F1 デザイン -
カテゴリー: Book
メーカー: 三栄書房
参考価格: ¥5,280
最安価格: ¥5,126
アマゾン価格: ¥5,280
の画像 ジェンソン・バトン自伝 ライフ・トゥ・ザ・リミット
カテゴリー: Book
メーカー: 東洋館出版社
参考価格: ¥1,980
最安価格: ¥1,980
アマゾン価格: ¥1,980
の画像 サイクリストのためのストレングスとコンディショニング
カテゴリー: Book
メーカー: 東京書籍
参考価格: ¥3,080
最安価格: ¥2,800
アマゾン価格: ¥3,080