バーチャル・ツール・ド・フランスの第5ステージはマイケル・ウッズ(カナダ、EFプロサイクリング)が山岳決戦を制し、最終日パリ・シャンゼリゼの周回コースではウィリアム・クラーク(オーストラリア、トレック・セガフレード)が優勝。NTTプロサイクリングが総合、山岳、ポイント賞、新人賞を総なめにした。



クイーンステージはマイケル・ウッズ(カナダ、EFプロサイクリング)が、NTTプロサイクリングのルイス・メインチェス(南アフリカ)とドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア)との三つ巴を制したクイーンステージはマイケル・ウッズ(カナダ、EFプロサイクリング)が、NTTプロサイクリングのルイス・メインチェス(南アフリカ)とドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア)との三つ巴を制した (c)zwift
ズイフトで開催されているバーチャル・ツール・ド・フランスが最終週を迎えた。魔の山モン・ヴァントゥの山腹にあたるシャレー・レイナールをフィニッシュ地点とする第5ステージは、22.9kmで1,205mもの標高を獲得するクイーンステージ。アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)やリゴベルト・ウラン(コロンビア、EFプロサイクリング)らヒルクライマーたちがスタートラインに並んだ。

レースの勝負どころであるシャレー・レイナールに差し掛かったところで、マイケル・ウッズ(カナダ、EFプロサイクリング)がアタック。NTTプロサイクリングのルイス・メインチェス(南アフリカ)とドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア)らが合流するも、好調のウッズは他の選手達を徐々に引き離し残り3km地点で単独に。そのままシャレー・レイナールのクイーンステージを制した。NTTプロサイクリングは山岳賞をイスラエル・スタートアップネイションから奪取。最終日は山岳ポイントが設定されていないため、バーチャル・マイヨアポアを確定させている。

同コースで行われた女子レースは、ブロディ・チャップマン(オーストラリア、FDJ)が3級山岳を先頭で通過。その後のシャレー・レイナールでは、アシュレー・ムールマン(南アフリカ、CCCリブ)が総合リーダーのサラ・ジカンテ(オーストラリア、ティブコ・シリコンバレーバンク)らを引き離し、優勝を果たした。

シャンゼリゼのスプリントはウィリアム・クラーク(オーストラリア、トレック・セガフレード)シャンゼリゼのスプリントはウィリアム・クラーク(オーストラリア、トレック・セガフレード) (c)zwift
翌第6ステージの最終日にはクリストファー・フルーム(イギリス、チームイネオス)、エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、コフィディス)らビッグネームも出走。レースはもちろん集団スプリントの展開となった。エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー)、ライアン・ギボンズ(南アフリカ)らを揃えたNTTプロサイクリングが積極的にスプリントを開始するも、後方からパワーアップアイテムを使用したウィリアム・クラーク(オーストラリア、トレック・セガフレード)がギボンズを交わし、バーチャルのパリ・シャンゼリゼでのレースを制した。

史上初のバーチャル・ツール・ド・フランスは、総合、ポイント賞、山岳賞、新人賞全てを獲得したNTTプロサイクリングが支配する結果となった。「史上初のeサイクリングレースを制覇したこのチームは並外れた存在だった。我々のチームの使命は人々の生活に希望を与えることであり、この機会でそれを実現することができたと思う。イベントを開催してくれたA.S.O.とズイフトには感謝したい。他に類を見ないプラットフォームで人々と繋がれる機会は素晴らしいものであり、今後も続いていくと信じている」とチーム代表のダグラス・ライダーは語る。

イタリア・ルッカのチーム拠点でレースに臨んだNTTプロサイクリング。リアルと同じ様にシャンパンを片手に総合優勝を祝うイタリア・ルッカのチーム拠点でレースに臨んだNTTプロサイクリング。リアルと同じ様にシャンパンを片手に総合優勝を祝う (c)NTT PRO CYCLING
マリアンヌ・フォス(オランダ、CCCリブ)も参加した女子レースは、序盤で集団が分裂してしまう展開に。後方に取り残されたキャニオン・スラムのメンバーを尻目に、ティブコ・シリコンバレーバンクがスプリントポイントを積み重ね、レース中にポイント賞の逆転に成功。最終スプリントはリーダージャージを着用するローレン・ステフェンス(アメリカ、ティブコ・シリコンバレーバンク)が僅差の勝負を制した。ティブコ・シリコンバレーバンクはステージ優勝を納めると同時に総合優勝、ポイント賞を獲得し、バーチャルレースでの存在感を見せつけた。

第5ステージハイライト

第6ステージハイライト
男子レース 第5ステージ結果
1位マイケル・ウッズ(カナダ、EFプロサイクリング)
2位ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、NTTプロサイクリング)
3位ルイス・メインチェス(南アフリカ、NTTプロサイクリング)
男子レース 第6ステージ結果
1位ウィリアム・クラーク(オーストラリア、トレック・セガフレード)
2位フィリッポ・ガンナ(イタリア、チームイネオス)
3位ライアン・ギボンズ(南アフリカ、NTTプロサイクリング)
総合成績(マイヨジョーヌ)
1位NTTプロサイクリング500pts
2位ラリーサイクリング267pts
3位トレック・セガフレード232pts
その他の特別賞
ポイント賞NTTプロサイクリング
山岳賞NTTプロサイクリング
ヤングライダー賞NTTプロサイクリング
女子レース 第5ステージ結果
1位アシュレー・ムールマン(南アフリカ、CCCリブ)
2位サラ・ジカンテ(オーストラリア、ティブコ・シリコンバレーバンク)
3位ローレン・ステフェンス(アメリカ、ティブコ・シリコンバレーバンク)
女子レース 第6ステージ結果
1位ローレン・ステフェンス(アメリカ、ティブコ・シリコンバレーバンク)
2位エイプリル・テイシー(イギリス、ドロップス)
3位ジョージア・シマーリング(カナダ、トゥエンティ20)
総合成績(マイヨジョーヌ)
1位ティブコ・シリコンバレーパーク
2位トゥエンティ20
3位ドロップス
その他の特別賞
ポイント賞ティブコ・シリコンバレーパーク
山岳賞ティブコ・シリコンバレーパーク
ヤングライダー賞キャニオン・スラム
Amazon.co.jp 
の画像 NTTはどこへ行くのか
カテゴリー: Digital Ebook Purchas
メーカー: 講談社
参考価格: ¥440
最安価格: ¥440
アマゾン価格: ¥440
の画像 NTTの挑戦 いま進む30万人の組織革命 (講談社文庫)
カテゴリー: Digital Ebook Purchas
メーカー: 講談社
参考価格: ¥660
最安価格: ¥660
アマゾン価格: ¥660