4月5日(日)、仮想空間で行われたロンド・ファン・フラーンデレンの代替レース「De Ronde 2020: Lockdown Edition」は、前五輪覇者グレッグ・ファンアーヴェルマートが制した。伝統あるクラシックレース初の試みとなったバーチャルレースは果たしてどのようなものだったのか。レースレポートとともにその実情に迫ってみたい。



初のバーチャルモニュメントレースとなった『デ・ロンド2020ロックダウンエディション』初のバーチャルモニュメントレースとなった『デ・ロンド2020ロックダウンエディション』 (c)Flanders Classics / YouTube
参加したトッププロライダーは13名、ロンドで最も盛り上がる石畳セクションが点在する終盤約32kmのコースプロフィールを再現し、仮想空間のライダー達のジャージもそれぞれのチームのデザインが反映された。インドアトレーナーは各所属チームそれぞれのスポンサー各社が用意し、オンラインアプリはBKOOLが提供、選手達はそれぞれの自宅からレースに参加した。

筆者が観戦したメディアは主催者Flanders Classicsの公式YouTubeチャンネル。参加選手は以下の通り。

オリバー・ナーセン (ベルギー、アージェードゥーゼール・ラモンディアール)
グレッグ・ファンアーヴェルマート (ベルギー、CCCチーム)
レムコ・エヴェネプール (ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)
イヴ・ランパールト (ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)
ゼネク・スティバル (チェコ、ドゥクーニンク・クイックステップ)
アルベルト・ベッティオル (イタリア、EFプロサイクリング)
ジャスパー・ストゥイヴェン (ベルギー、トレック・セガフレード)
ティム・ウェレンス (ベルギー、ロット・スーダル)
トーマス・デヘント (ベルギー、ロット・スーダル)
ワウト・ファンアールト (ベルギー、チーム ユンボ・ヴィズマ)
マイク・テウニッセン (オランダ、チーム ユンボ・ヴィズマ)
マイケル・マシューズ (オーストラリア、チーム サンウェブ)
ニコラス・ロッシュ (アイルランド、チーム サンウェブ)

レース序盤はこれがモニュメント初参戦…と言って良いのかはわからないが、現実にもそうなるはずだったであろう、若干20歳の新鋭レムコ・エヴェネプールが敢然とアタック。その後を追った昨年のロンド覇者ベッティオルとオウデ・クワレモントへの坂の入り口まで先頭で展開した。その頂上へ向かう途中、先に遅れたのはベッティオル。後続集団に飲み込まれ、そのまま後退してしまった。

序盤にアタックしたレムコ・エヴェネプール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)。実際の選手の様子も最大4人まで同時に映し出された序盤にアタックしたレムコ・エヴェネプール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)。実際の選手の様子も最大4人まで同時に映し出された (c)Flanders Classics / YouTube
オウデ・クワレモントを単独通過したレムコ・エヴェネプール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)オウデ・クワレモントを単独通過したレムコ・エヴェネプール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ) (c)Flanders Classics / YouTube
コースは画像の通り、常に片側1車線の綺麗な舗装路で展開され、本来あるはずの場所に石畳が登場しなかったり、コース幅の変化がなかったりと、物足りない点があった。周囲の風景も、PCやサーバーの処理能力の限界もあるだろうが、まだまだ物寂しい。

オウデ・クワレモントなどの丘の頂上にあるバルーンゲート下の路上には、一応その名称が刻まれてはいたため、高低差を示したコース図と照合しながら、かろうじて場所を把握する事が出来た。この辺りは今後に続くバーチャルレースでも課題となり、改善が期待されるところだ。

レースに戻ろう。その中盤のコース途中でマイケル・マシューズが完全にストップ、リタイヤとなった。その理由はなんとメカトラブル。リアスプロケットが11Tに入ったまま変速出来なくなったようだ。インドアトレーナーに乗った本人の映像では、画面外から聴こえた子供の声にマシューズが反応する姿も見られ、レース中にも関わらずどこか微笑ましい場面となった。

完全に脚が止まってしまったマイケル・マシューズ (オーストラリア、チーム サンウェブ)完全に脚が止まってしまったマイケル・マシューズ (オーストラリア、チーム サンウェブ) (c)Flanders Classics / YouTube画面外のお子さんの声に反応するマイケル・マシューズ (オーストラリア、チーム サンウェブ)画面外のお子さんの声に反応するマイケル・マシューズ (オーストラリア、チーム サンウェブ) (c)Flanders Classics / YouTube

レースは難所パテルベルクを迎えると、序盤を引っ張ったエヴェネプールが脱落。その坂でペースを上げたファンアーヴェルマートがレースをリード、後続との差を開いていく。その出力は400W超、時に500Wを超える場面も。後ろにはこれを追うナーセン、ロッシュ、デヘントの集団が出来、その平均的なワット数は330〜360あたりを推移。数値の上でも調子の差が見てとれるのは面白い。残り7kmを切った時の差は7秒ほど、距離にして80m前後の差がついた。

ファンアーヴェルマートは独走を続け、その後も徐々に後続との差を広げていく。追走の3名からは、ナーセンが2.5kmを過ぎたあたりで鋭いアタックを繰り出した。この時点で18秒差をつけているファンアーヴェルマートとの差を縮めるかに思えたが、遅れて反応したロッシュとデヘントが追いつき、再び3名は1つとなってゴールを目指す。

パテルベルクで攻撃し、独走を開始したグレッグ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、CCCチーム)パテルベルクで攻撃し、独走を開始したグレッグ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、CCCチーム) (c)Flanders Classics / YouTube
全開で踏み続けるグレッグ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、CCCチーム)が大写しになる。仮想空間と言えど本気のレースと言う事が伝わってくる全開で踏み続けるグレッグ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、CCCチーム)が大写しになる。仮想空間と言えど本気のレースと言う事が伝わってくる (c)Flanders Classics / YouTube
先頭を行くファンアーヴェルマートは、残り1kmで後続に20秒差をつけ、その差を保ったままゴールラインを切り、世界初のバーチャルモニュメントレースの栄冠を手にした。2位はオリバー・ナーセン、わずかに離れた3位にニコラス・ロッシュ、4位は最後にこの2名から遅れを喫したトーマス・デヘントが勝者から50秒遅れでゴールラインを跨いだ。

独走でゴールしたグレッグ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、CCCチーム)独走でゴールしたグレッグ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、CCCチーム) (c)Flanders Classics / YouTube
レース終了から少し後、ロンドの公式Twitterにポディウムのイラストが掲載されたレース終了から少し後、ロンドの公式Twitterにポディウムのイラストが掲載された (c)Flanders Classics


プロライダー達によるバーチャルレースを終えて、その課題と可能性を考える

YouTubeにおける中継開始から終了まではの時間は63分。約1時間と言う尺は、観ている側にも丁度良い長さに感じられた。英語実況もプロによるもので、この仮想空間のレースに現実の臨場感を加えていた。

何よりクラッシュの心配がないのはライダー達にとっては良いことだ。一方で、今のところ現実に近い変化に富んだコースや風向き、あるいは集団内における駆け引きなど、本来のロードレースの魅力とも言える要素を欠いていることもあり、長時間の観戦にはまだ不向きだ。実写画面の風景が副画面として脇に出ていても、Zwiftに追随するトレーニングアプリのBKOOLの風景の再現性が乏しかったこともあるだろう。

レース途中、実際のコースが何度か同時に映し出された。コースの再現性は今後の課題だレース途中、実際のコースが何度か同時に映し出された。コースの再現性は今後の課題だ (c)Flanders Classics / YouTube
しかしそれとは別にプロライダー達の出力や距離、時間の差がリアルタイムかつ仔細に表示される点は、レースに別のアクセントを加えており、興味を引きつける存在となり得ていた。レース後には各選手の子供が顔を出し、本人の周りではしゃいでいる姿も見られ、今の厳しい世界情勢を思うと、ひと時の癒やしを与えてくれたように思う。

インドアトレーナーと仮想空間を繋げ、そこにプロライダーを呼んで世界中のファンと走るライドイベントはこれまでも開催されているが、現実のプロレースさながらの演出が入ったレースは、おそらくこのDe Ronde 2020が初めてだろう。

前述の通り、全体的に急仕上げは否めず課題は散見されたが、今年長らく抑えられていたロードレースへの情熱が、筆者、あるいは多くの観戦者の中にほのかに灯ったことは間違いない。いくつかの問題は、技術の進歩と経験によって改善されていくだろう。この大変な騒動の中で、主催者、パートナー、チームと選手達が結束し、このような画期的な催しが行われたことに、まずは大きな拍手を贈りたい。

レース後には参加全選手の部屋の様子も映し出されたレース後には参加全選手の部屋の様子も映し出された (c)Flanders Classics / YouTube
レース後は優勝者インタビューも行われたレース後は優勝者インタビューも行われた (c)Flanders Classics / YouTubeレース後お子さんにスマホを取られるゼネク・スティバル。背後には「全ての本物のヒーロー達に感謝を。強くあろう」のメッセージレース後お子さんにスマホを取られるゼネク・スティバル。背後には「全ての本物のヒーロー達に感謝を。強くあろう」のメッセージ (c)Flanders Classics / YouTube

こうした実際のコースを切り取って行われるプロオンリーのバーチャルレースは、現実のレースがない今だからこそとも言える。しかし、インドアトレーナーの魅力を広く売り込みたいいくつかの企業にとっては、有意義なイベントが1つ加わったと言えそうだ。新型コロナ禍が去った後の世界でも、オフシーズンの新たな呼び物となるかもしれない。

ロードレースはいつも我々を夢中にさせてくれる。De Ronde 2020はそれを改めて感じさせてくれるバーチャルレースだった。一日も早くこの見えない敵との戦いが終わり、現実世界にロードレースの、スポーツの熱狂が戻ることを願いたい。

text: Yuichiro Hosoda

デ・ロンド2020ロックダウンエディション 結果
1位グレッグ・ファンアーヴェルマート (ベルギー、CCCチーム)43分17秒
2位オリバー・ナーセン (ベルギー、アージェードゥーゼール・ラモンディアール)+20秒
3位ニコラス・ロッシュ (アイルランド、チーム サンウェブ)+21秒
4位トーマス・デヘント (ベルギー、ロット・スーダル)+50秒
5位ジャスパー・ストゥイヴェン (ベルギー、トレック・セガフレード)+1分33秒
6位レムコ・エヴェネプール (ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)+1分42秒
7位ティム・ウェレンス (ベルギー、ロット・スーダル)+2分8秒
8位ワウト・ファンアールト (ベルギー、チーム ユンボ・ヴィズマ)+2分21秒
9位マイク・テウニッセン (オランダ、チーム ユンボ・ヴィズマ)+2分38秒
10位ゼネク・スティバル (チェコ、ドゥクーニンク・クイックステップ)+3分29秒
11位イヴ・ランパールト (ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)
12位アルベルト・ベッティオル (イタリア、EFプロサイクリング)+3分39秒
DNFマイケル・マシューズ (オーストラリア、チーム サンウェブ)
Amazon.co.jp 
の画像 ツール・デ・フランドル 2009 [DVD]
カテゴリー: DVD
メーカー: 東宝
参考価格: ¥ 5,040
の画像 ツール・デ・フランドル 2010 [DVD]
カテゴリー: DVD
メーカー: 東宝
参考価格: ¥ 5,040
の画像 ツール・デ・フランドル2011 [DVD]
カテゴリー: DVD
メーカー: 東宝