新型コロナウイルス感染拡大の影響で1日前倒しで閉幕することが決まり、突如最終日前日の扱いとなったパリ〜ニース第6ステージ。チームとして波状攻撃を仕掛けたサンウェブのティシュ・ベノートが逃げ切り勝利を飾り、マキシミリアン・シャフマン(ボーラ・ハンスグローエ)から36秒差の総合2位に浮上した。


チーム撤退を受けてプロトンは109人に縮小チーム撤退を受けてプロトンは109人に縮小 photo:CorVos
パリ〜ニースは終着地ニースまで辿り着けるのか否か。フランスでも拡大を続ける新型コロナウイルス感染を受けて、そんな不確定要素を抱えたまま大会は後半戦に突入した。

3月13日(金)第6ステージ ソルグ〜アプト 161.5km3月13日(金)第6ステージ ソルグ〜アプト 161.5km photo:A.S.O.レース主催者ASOは最終日の第8ステージをキャンセルし、1級山岳ヴァルドゥブロール・ラ・コルミアーヌの山頂フィニッシュが設定された第7ステージを最終ステージとする措置を取っている。さらに総合6位ディラン・トゥーンス(ベルギー)やステージ優勝者イバン・ガルシア(スペイン)擁するバーレーン・マクラーレンがレース撤退を発表。カレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)やエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、コフィディス)ら13人がスタートせず、さらにジャコモ・ニッツォーロ(イタリア、NTTプロサイクリング)を含む11人が途中リタイアしたためプロトンは98人にまで縮小している。

突如最終日前日扱いとなった第6ステージは起伏に富んだプロヴァンス=アルプ=コートダジュール地域圏を駆ける161.5km。合計6つのカテゴリー山岳が詰め込まれた獲得標高差3,000mのコースはまるでアルデンヌクラシック。大会期間が短縮されたことも影響し、レースは序盤からアグレッシブな展開を見せた。

アタックに次ぐアタックの末に7人の先行が決まったのは2つ目の2級山岳を越えてから。1時間を超えるアタック合戦で逃げグループに乗ることができたのはバルデを含む7人。総合で3分33秒遅れのキュング、4分11秒遅れのバルデを含む逃げを、ボーラ・ハンスグローエとドゥクーニンク・クイックステップが率いるメイン集団が2分以内のタイム差で追いかけた。

逃げグループを形成した7名
ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)
マッズ・ピーダスン(デンマーク、トレック・セガフレード)
シュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)
アレクシー・グジャール(フランス、アージェードゥーゼール)
ウィネル・アナコナ(コロンビア、アルケア・サムシック)
ニコラ・エデ(フランス、コフィディス)
アントニー・ペレス(フランス、コフィディス)

プロヴァンス=アルプ=コートダジュール地域圏を走る第6ステージプロヴァンス=アルプ=コートダジュール地域圏を走る第6ステージ photo:CorVos
世界王者マッズ・ピーダスン(デンマーク、トレック・セガフレード)を含む7名の逃げ世界王者マッズ・ピーダスン(デンマーク、トレック・セガフレード)を含む7名の逃げ photo:CorVos
ボーラ・ハンスグローエとドゥクーニンク・クイックステップがメイン集団を牽引ボーラ・ハンスグローエとドゥクーニンク・クイックステップがメイン集団を牽引 photo:CorVos
山岳ポイントを量産して山岳賞トップに躍り出たエデは、フィニッシュまで50kmを切ったところでバルデと先行を開始した。一方のメイン集団ではサンウェブが戦略的に動き始める。第4ステージの個人タイムトライアル優勝者セーアン・クラーウアナスン(デンマーク、サンウェブ)とニキアス・アルント(ドイツ、サンウェブ)が揃ってメイン集団を抜け出すことに成功。アルントのアシストを受けた総合58秒遅れのクラーウアナスンは残り33km地点で先頭エデ&バルデに追いついた。

タイム差が1分まで広がったためクラーウアナスンは暫定イエロージャージに手が届いたものの、ドゥクーニンク・クイックステップとボーラ・ハンスグローエの連合軍がこの動きを易々と見逃すはずはない。タイム差が縮まる中、この日最後の2級山岳オリボー峠(全長4.5km/平均5.8%)の登坂が始まるとクラーウアナスンが独走に持ち込んだ。

メイン集団では総合11位ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、トレック・セガフレード)のアタックに反応する形で総合7位ティシュ・ベノート (ベルギー、サンウェブ)が抜け出すことに成功する。ニバリを置き去りにしたベノートは、先頭で逃げ続けるチームメイトのクラーウアナスンに追いつき、そこからさらにペースを上げて独走に持ち込んだ。ベノートは2級山岳オリボー峠を平均スピード27.6km/hで駆け上がっている。

20秒後方のメイン集団ではジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)らがアタックを連発したものの、マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)らがすぐさま危険な動きを封じ込める。繰り返されたアタックと牽制。それまでメイン集団を指揮していた2チーム(ドゥクーニンク・クイックステップとボーラ・ハンスグローエ)のサブエース級選手(ユンゲルスとグロスチャートナー)が飛び出したためメイン集団のペースは乱れ、先頭ベノートとのタイム差は35秒にまで広がった。

フィニッシュ4km手前の最後の上り(全長1.3km/平均8.8%)でのセルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング)らのアタックは決まらない。飛び出していたユンゲルスとグロスチャートナーは吸収したものの、先頭ベノートの背中は見えてこない。リードを失うことなく全ての上りを終えたベノートが、ライバルたちに22秒差をつけて独走フィニッシュした。

フラムルージュ(残り1kmアーチ)を越えてから落車したイエロージャージのシャフマンは一人遅れてフィニッシュしたものの、残り3km救済措置が適用されたためライバルたちと同じ22秒遅れの扱いとなっている。

最後の2級山岳オリボー峠に挑むセーアン・クラーウアナスン(デンマーク、サンウェブ)とロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)最後の2級山岳オリボー峠に挑むセーアン・クラーウアナスン(デンマーク、サンウェブ)とロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール) photo:CorVos
独走に持ち込んだティシュ・ベノート (ベルギー、サンウェブ)独走に持ち込んだティシュ・ベノート (ベルギー、サンウェブ) photo:CorVos
22秒差をつけてフィニッシュしたティシュ・ベノート (ベルギー、サンウェブ)22秒差をつけてフィニッシュしたティシュ・ベノート (ベルギー、サンウェブ) photo:CorVos
「とても調子が良いので最終日まで開催されないのは残念だけど、ステージ優勝は素直に嬉しい。1日中ずっと強度が高くて、持久戦のような今日のようなステージが好き。チームメイトたちは全員がそれぞれ素晴らしい走りをしている。明日も今日のように攻撃を続けたい」と、ステージ優勝を飾るとともに総合2位に浮上したベノート。

2018年のストラーデビアンケで勝利し、フランドルクラシックで安定した成績を残してきた26歳は「クラシックレースに向けて良いトレーニングを積んでいただけに、相次いでレースがキャンセルになって本当に残念」と語っている。

落車しながらもタイムを失うことなくフィニッシュし、イエロージャージを着て最終ステージに挑むことになったシャフマンは「今日はずっとペースが速くて、気が休まらなかった。終盤に落車してしまったけど身体は大丈夫。まだレースは終わっていないし、最後の戦いに向けて調子の良さをキープできている」とコメント。シャフマンはベノートから36秒、イギータから1分01秒の総合リードを得ている。

パリ〜ニース第6ステージ終了後にフランス自転車競技連盟はフランス国内のレース活動を無期限で中止する措置を発表したが、第7ステージは予定通り開催される予定だ。

パリ〜ニース2020第6ステージ結果
1位ティシュ・ベノート (ベルギー、サンウェブ)3:57:02
2位マイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)0:00:22
3位セルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング)
4位ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、ドゥクーニンク・クイックステップ)
5位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)
6位ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、トレック・セガフレード)
7位ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)
8位ギヨーム・マルタン(フランス、コフィディス)
9位ルディ・モラール(フランス、グルパマFDJ)
10位ナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)
11位フェリックス・グロスチャートナー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)
12位マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)
個人総合成績
1位マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)22:46:24
2位ティシュ・ベノート (ベルギー、サンウェブ)0:00:36
3位セルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング)0:01:01
4位フェリックス・グロスチャートナー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)
5位マイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)0:01:10
6位ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、トレック・セガフレード)0:01:18
7位ルディ・モラール(フランス、グルパマFDJ)0:01:29
8位ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)0:01:30
9位タネル・カンゲルト(エストニア、EFプロサイクリング)0:01:52
10位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:02:04
その他の特別賞
ポイント賞マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)
山岳賞ニコラ・エデ(フランス、コフィディス)
ヤングライダー賞セルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング)
チーム総合成績サンウェブ
Amazon.co.jp 
の画像 GoPro HERO8 Black ゴープロ ヒーロー8 ブラック ウェアラブル アクション カメラ CHDHX-801-FW
カテゴリー: Photography
メーカー: GoPro
参考価格: ¥ 55,880
最安価格: ¥ 48,075
アマゾン価格: ¥ 50,280
の画像 【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
カテゴリー: Photography
メーカー: DJI
最安価格: ¥ 43,479
アマゾン価格: ¥ 43,880