ベルリンで開催されているトラック世界選手権3日目の女子オムニアムで、梶原悠未が日本勢で同種目初となる金メダルを獲得。1987年以来33年ぶりとなるトラック世界選エリートでの金メダルを日本にもたらした。



第1種目のスクラッチで1位を獲得した梶原悠未(日本)第1種目のスクラッチで1位を獲得した梶原悠未(日本) (c)JCFテンポレースは2位で終え、総合首位で後半戦へテンポレースは2位で終え、総合首位で後半戦へ (c)JCF

日の丸を掲げてウイニングランを走る梶原悠未(日本)日の丸を掲げてウイニングランを走る梶原悠未(日本) (c)JCF
スクラッチ、テンポレース、エリミネーション、ポイントレースという4種目の累計ポイントで争われるオムニアムの女子レース。ディフェンディングチャンピオンで初日スクラッチで優勝したクリステン・ウィルド (オランダ)やレティツィア・パテルノステル(イタリア)などロード競技でも活躍するスプリンターが多く集う中、ワールドカップで今季2勝している梶原悠未はスクラッチ1位、テンポレース2位となり、総合1位で後半戦へ。

梶原はエリミネーションでも3位となって首位をキープし、ポイントレースは全体の8位でフィニッシュ。2位パテルノステルに対して12ポイント差をつける合計121ポイントで見事優勝を飾った。

「東京オリンピックでも金メダルを獲れるようにもっと練習していきます」「東京オリンピックでも金メダルを獲れるようにもっと練習していきます」 (c)JCF
女子オムニアム表彰台女子オムニアム表彰台 (c)UCI
日本人がトラック世界選手権のエリートカテゴリーで金メダルを獲得したのは、1987年の俵信之(男子スプリント)と本田晴美(男子ケイリン)以来33年ぶり。男女合わせて4人目、女子では日本人初の金メダル獲得という快挙だ。

「すごく嬉しいです!! 東京オリンピックでも金メダルを獲れるようにもっともっとトレーニングしていきます!」と、五輪金メダルを見据える梶原はコメントしている。

女子オムニアム結果
1位梶原悠未(日本)121pts
2位レティツィア・パテルノステル(イタリア)109pts
3位ダリア・ピクリク(ポーランド)100pts
Amazon.co.jp 
の画像 SHIMANO(シマノ) デュラエースTrack チェーンリング 1/2インチx1/8インチ50T NJS 厚歯 Y16S50001
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 13,474
最安価格: ¥ 8,500
アマゾン価格: ¥ 9,895
の画像 SHIMANO(シマノ) デュラエースTrack スプロケット SS-7600 NJS 厚歯 13T 1/8インチ
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 3,075
最安価格: ¥ 2,160
アマゾン価格: ¥ 2,782
の画像 SHIMANO(シマノ) デュラエースTrack チェーンリング 1/2インチx1/8インチ54T NJS 厚歯 Y16S54001
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥10,411
最安価格: ¥10,411
アマゾン価格: ¥10,411