ツール・ド・ランカウイ第5ステージは再び集団スプリントで決着。マキシミリアン・ヴァルシャイド(ドイツ、NTTプロサイクリング)を下したモハメドハリフ・サレー(マレーシア、トレンガヌInc.TSGサイクリングチーム)が勝利した。



ローカルな街並みを通過していくローカルな街並みを通過していく (c)www.ltdlangkawi.my
中間スプリントを争うモハメドハリフ・サレー(マレーシア、トレンガヌInc.TSGサイクリングチーム)やタジ・ジョーンズ(オーストラリア、ARAプロレーシングサンシャインコースト)中間スプリントを争うモハメドハリフ・サレー(マレーシア、トレンガヌInc.TSGサイクリングチーム)やタジ・ジョーンズ(オーストラリア、ARAプロレーシングサンシャインコースト) (c)www.ltdlangkawi.my縦に長く伸びるメイン集団縦に長く伸びるメイン集団 (c)www.ltdlangkawi.my


大会5日目を迎えたツール・ド・ランカウイ(UCI2.Pro)の舞台は、クアラクブバルからマレーシア第3の都市として知られるイポーへとフィニッシュする165.8km。南北に伸びる山岳地帯に沿うコースだがオールフラットで、この日もフィニッシュ予想は大集団スプリントだ。

この日は20.6km地点と42.3km地点にボーナスタイムが賭けられた中間スプリントが用意されていたこともあり、逃げが決まらないままハイスピードで距離を消化していく。その後約50km地点で生まれた6名の逃げには鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)が入り、一方で入部正太朗などマキシミリアン・ヴァルシャイド(ドイツ)をスプリントエースに据えるNTTプロサイクリングが集団コントロールを担った。

最終盤まで逃げた鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)ら最終盤まで逃げた鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)ら (c)www.ltdlangkawi.my
総合首位ダニーロ・セラーノ(イタリア、チームサプラサイクリング)の後ろに陣取る愛三工業レーシングチーム総合首位ダニーロ・セラーノ(イタリア、チームサプラサイクリング)の後ろに陣取る愛三工業レーシングチーム (c)www.ltdlangkawi.my
逃げメンバーが脱落する後半に入ってもなお鈴木はエスケープを続け、集団ではマッテオ・ペルッキ(イタリア)での勝利を狙うバルディアーニCSFファイザネもペースアップに加担する。鈴木ら3名は残り15kmで1分リードを得ていたものの、集団有利なレイアウトも手伝って残り7kmで吸収。集団内でスプリントに備えた鈴木龍(宇都宮ブリッツェン)はこの時の様子を「NTTの牽引も崩壊するくらいコレ(逃げ切り)いけんじゃね??って思うくらい惜しかった。レイアウトが集団有利過ぎた」と自身のTwitterで振り返っている。

NTTプロサイクリングとバルディアーニCSFファイザネが列車を並べながら最終コーナーを抜け、リードアウト役のミカエル・カーベル(デンマーク、NTTプロサイクリング)がヴァルシャイドを発射する。ポイント賞ジャージを着用するヴァルシャイドが先頭を突き進んだが、その右側から加速したモハメドハリフ・サレー(マレーシア、トレンガヌInc.TSGサイクリングチーム)がパス。サレーとヴァルシャイド、最終盤に加速したペルッキが横一列でハンドルを投げた末、ヴァルシャイドをホイール半分の差で下したサレーが先着。マレーシア出身のサレーがマレーシア最大のレースでマレーシアチームに嬉しい1勝をもたらした。

スプリントで競り合うマキシミリアン・ヴァルシャイド(ドイツ、NTTプロサイクリング)やモハメドハリフ・サレー(マレーシア、トレンガヌInc.TSGサイクリングチーム)スプリントで競り合うマキシミリアン・ヴァルシャイド(ドイツ、NTTプロサイクリング)やモハメドハリフ・サレー(マレーシア、トレンガヌInc.TSGサイクリングチーム) (c)www.ltdlangkawi.my
ステージ表彰。モハメドハリフ・サレー(マレーシア、トレンガヌInc.TSGサイクリングチーム)が中央に上がるステージ表彰。モハメドハリフ・サレー(マレーシア、トレンガヌInc.TSGサイクリングチーム)が中央に上がる (c)www.ltdlangkawi.my
スプリントに加わった鈴木龍は11位、愛三工業レーシングチームの大前翔は12位。西谷泰治監督は「住吉を先頭に位置どりを開始したものの、ラスト2kmを切ったところで連携が噛み合わず、チームはバラバラのまま個々でスプリントしなければならない状態となり最終コーナーを立ち上がる。最後は集団前方で埋もれてしまい、大前は12位でフィニッシュとなった。連携が噛み合わなかったことでチャンスを逃す結果となったが、各選手が強い思いを持ってレースに臨んでいることは確かで、その気持ちが先走ったことがミスを誘発したように感じた」とコメントしている。

また、「今日は、全選手が昨日働き尽くした疲労を残した状態でどう走るかということの判断をしなければいけないステージでした。その中で鈴木譲選手が良い逃げに乗って、最後までトライしてくれました。さまざまな要素が噛み合えば逃げ切ったと思われるような部分もあり、すごく頑張ってくれたと思います。この後のステージもこういったトライを続けていきたいと思います」と宇都宮ブリッツェンの清水裕輔監督の談。

翌第6ステージは残り50km地点で2級山岳(距離2km/平均4.3%)を、残り30km地点で1級山岳(距離5km/平均4%)を越えるレイアウト。「予定調和というものが当てはまらない可能性があって攻撃のポイントもいくつかあるコースなので、攻撃をどうかい潜るか、または自分たちから仕掛けるか見極めながらステージ優勝を目指していきたいと思います」と清水監督は話している。
ツール・ド・ランカウイ2020 第5ステージ結果
1位モハメドハリフ・サレー(マレーシア、トレンガヌInc.TSGサイクリングチーム)3:39:42
2位マキシミリアン・ヴァルシャイド(ドイツ、NTTプロサイクリング)
3位マッテオ・ペルッキ(イタリア、バルディアーニCSFファイザネ)
4位アンドレ・ローイ(オランダ、SSIOSミオジーサイクリングチーム)
5位タジ・ジョーンズ(オーストラリア、ARAプロレーシングサンシャインコースト)
6位ルーカ・パチオーニ(イタリア、アンドローニジョカトリ・シデルメク)
7位アフメト・オーケン(トルコ、チームサプラサイクリング)
8位トリスタン・ワード(オーストラリア、チームブリッジレーン)
9位アヌアル・マナン(マレーシア、マレーシアナショナルチーム)
10位グレブ・ブルッセンスキー(カザフスタン、ヴィノ・アスタナモータース)
個人総合成績
1位ダニーロ・セラーノ(イタリア、チームサプラサイクリング)17:48:10
2位イェフゲニー・フェドロフ(カザフスタン、ヴィノ・アスタナモータース)0:30
3位アルテム・オベチキン(ロシア、トレンガヌInc.TSGサイクリングチーム)0:35
4位カンタン・パシェ(フランス、B&Bホテルズ・ヴィタルコンセプト)1:13
5位ピエルパオロ・フィカーラ(イタリア、チームサプラサイクリング)
6位クリスティアン・ライレアヌ(モルドバ、チームサプラサイクリング)1:36
7位中根英登(日本、NIPPOデルコ・ワンプロヴァンス)1:52
8位ロレンツォ・フォルトゥナート(イタリア、ヴィーニザブKTM)1:56
9位カルロス・キンテロ(コロンビア、トレンガヌInc.TSGサイクリングチーム)2:03
10位フランチェスコ・ボンジョルノ(イタリア、ヴィーニザブKTM)2:16
その他の特別賞
ポイント賞マキシミリアン・ヴァルシャイド(ドイツ、NTTプロサイクリング)
ヤングライダー賞イェフゲニー・フェドロフ(カザフスタン、ヴィノ・アスタナモータース)
山岳賞モハメドザリフ・ムハンマドヌルアイマン(マレーシア、チームサプラサイクリング)
チーム総合成績チームサプラサイクリング
text:So.Isobe
photo:www.ltdlangkawi.my
Amazon.co.jp 
の画像 マレーシア 地元で愛される名物食堂 ローカル過ぎて地球の歩き方に載せられなかった地域密着の繁盛店
カテゴリー: Book
メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
参考価格: ¥1,430
最安価格: ¥1,430
アマゾン価格: ¥1,430
の画像 ことりっぷ海外版 クアラルンプール マレーシア
カテゴリー: Digital Ebook Purchas
メーカー: 昭文社
参考価格: ¥880
最安価格: ¥880
アマゾン価格: ¥880
の画像 マレーシア大富豪の教え
カテゴリー: Book
メーカー: ダイヤモンド社
参考価格: ¥1,692
最安価格: ¥1,692
アマゾン価格: ¥1,692