日本人にフィットするヘルメットを数多くリリースするカブトより、VITTのニューカラーが登場する。FLAIRとAERO R-1を掛け合わせたようなシェルデザインや、シールドが標準で付属することが特徴のミドルグレードを紹介しよう。



カブト VITT(マットパールホワイト)カブト VITT(マットパールホワイト) (c)カブト
2019年モデルとして登場したミドルグレードヘルメットのVITT(ヴィット)。カブトが力を入れているシールド装着可能モデルの1つであり、AERO-R1とAERO-V1に次ぐグレードに位置づけられるモデルだ。ミドルグレードでもシールドを装備できるようになり、幅広いサイクリストがシールドの恩恵を受けられるようになった。

元々シールドはTT用ヘルメットなどエアロダイナミクスを重視するヘルメットのパーツであった。しかし、カブトは競技者だけではなく幅広いサイクリストにメリットがあると考えVITTにもシールドを搭載。メガネを着用した状態でもシールドを装着することができるため、メガネ着用者でもシールドによってアイウェアの機能を得られるということがメリットの1つだ。VITTも他のシールド搭載モデルと同じシールド設計とされているため、「ARS-3」などミラー加工や調光加工を施した上位グレードのシールドを装着することも可能だ。

横の張り出しが少ないスッキリとしたデザイン横の張り出しが少ないスッキリとしたデザイン (c)カブト排気用のベンチレーションホールも数多く設けられている排気用のベンチレーションホールも数多く設けられている (c)カブト


VITTの帽体は軽量モデルのFLAIRとエアロモデルのAERO R-1をかけ合わせたような見た目。加えて安全性能を確保した上で側頭部をスッキリとしたデザインに仕上げている。横への張り出しが少なく、所謂キノコ頭になりにくい帽体を実現した。

装着されるパッドはネットを張ることで虫の侵入を防ぐA.I.ネット。アジャスターは頭の形状に合いやすいスプリング構造のサポーターを備えるXF-8が搭載されている。上下に4段階調節も行えるため、好みのフィット感でヘルメットを着用することができるだろう。

カブト VITT(マットブラック)カブト VITT(マットブラック) (c)カブト
そんなVITTの2020年用カラーのマットパールホワイトとマットブラックが早くも発売されることに。2019年モデルにもG-1パールホワイトとG-1マットブラックという似たネーミングのカラーが用意されていたが、2020年モデルではグラフィックが一新されている。

2020年モデルはシンプルなモノトーンデザインを採用し、アクセントのデカールも控えめになっている。シンプルな見た目となったことで、コーディネートも行いやすいはずだ。サイズはS/M(245g)、L(255g)、XL/XXL(270g)の展開。価格は13,000円(税抜)。



カブト VITT
サイズ(重量):S/M(245g)、L(255g)、XL/XXL(270g)
カラー:マットブラック、マットパールホワイト
規格:JCF(公財)日本自転車競技連盟公認
価格:13,000円(税抜)

Amazon.co.jp 
の画像 OGK KABUTO(オージーケーカブト) FM-8 クロスマットブラック ヘルメット M/L
カテゴリー: Sports
メーカー: OGK KABUTO(オージーケーカブト)
参考価格: ¥ 9,350
最安価格: ¥ 7,071
アマゾン価格: ¥ 7,840
の画像 OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット AERO-R1-TR(エアロR-1・TR) カラー:G-2マットオレンジグリーン サイズ:S/M(頭囲:55~58cm)
カテゴリー: Sports
メーカー: OGK KABUTO(オージーケーカブト)
参考価格: ¥ 24,200
最安価格: ¥ 18,500
アマゾン価格: ¥ 19,097
の画像 OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット FLAIR (フレアー) S/M マットレッド
カテゴリー: Sports
メーカー: OGK KABUTO(オージーケーカブト)
最安価格: ¥ 16,977
アマゾン価格: ¥ 20,233