リッチーより、新型の700Cホイール「CLASSIC ZETA」がリリースされた。ワイドなリムを採用しているため、グラベル用タイヤや太めのロードタイヤがマッチする1本に仕上げられている。また、リムとスポーク、ハブが銀色に輝くクラシカルなモデルだ。



リッチー CLASSIC ZETAリッチー CLASSIC ZETA (c)東京サンエス
WCSグレードやCOMPグレードまで揃うリッチーのアルミホイールシリーズ「ZETA」。そのラインアップに新たに加わった”CLASSIC ZETA”は、従来のZETAよりもワイドリムとなり、横剛性を向上しつつ軽量なホイールに仕上げられていることが特徴のチューブレスレディホイール。

リムプロファイルはハイトが23.8mm、外幅が24.4mm、内幅が20mm。非常に広い内幅としており、アメリカを中心に盛り上がりを見せるグラベル用ワイドタイヤや、28Cなどロードのワイドタイヤとの相性が良いはずだ。グラベルライドやロード、シクロクロスレースにマッチするホイールに仕上げられている。

また後輪はOCR(オフセンターリム)というスポークホールをオフセットさせる作りとしているため、左右のスポークを適したテンションバランスで組み上げることが可能となっている。スポーク数は前20本、後ろ24本。CLASSIC ZETAはリッチーのホイール職人の手で組み上げられている。

内幅20mmとワイドなため、グラベルタイヤなどと相性が良い内幅20mmとワイドなため、グラベルタイヤなどと相性が良い (c)東京サンエス
ディスクブレーキ仕様のCLASSIC ZETAは、6ボルトのローターに対応。アクスルは標準的な規格である前100×12mm、後ろ142×12mmとされた。フリーハブはシマノ11Sスプロケットに対応。重量は前後セットで1715g(前782g、後ろ933g)だ。

リッチーのCLASSICシリーズはハイポリッシュシルバーで仕上げられることが特徴。このホイールも例外ではなく、ハブ、スポーク、リムが銀色に輝く。黒いフレームやホイールが主流となっている現代において、非常に目立つ存在となるだろう。スペック自体は最新規格でまとめながらも、クラシカルな見た目に仕上げたい方にはオススメだ。価格は前後セットで60,000円(税抜)。



リッチー CLASSIC ZETA
リムタイプ:チューブレス レディー
素材:6061アロイ
リムハイト:23.8mm
リム外寸法/内寸:24.4mm/ 20mm
ハブ:鍛造ディスクハブ シールドベアリング
フリーハブ:シマノ 11s
アクスル仕様:100×12mm / 142×12mm
ディスクブレーキローターマウント形式:6ボルト穴
スポーク:DT コンペテション/DT 真鍮ニップル
スポーク数:(フロント)20本、(リア)24本
重量:1715g(フロント:782g、リア:933g)
価格:60,000円(税抜)