野辺山、滝沢牧場に詰め掛けた全国のシクロクロッサーを迎えたのは、誰もが待ち望んでいた(?)重馬場の泥コンディション。カウベル鳴り響く高原で開催されたRaphaスーパークロス野辺山、その一般カテゴリーの模様をダイジェストでレポートします。



CK3CK3 photo:Kei TsujiCK2CK2 photo:Kei Tsuji

CK1CK1 photo:Kei Tsuji
名物「泥」が帰ってきた、10年目のRaphaスーパークロス野辺山。路面コンディションこそ悪かったものの、暖冬の影響で11月末の野辺山としては暖かさ。日中は薄着でもOKな、快適な天候の中各カテゴリーで熱き戦いが繰り広げられた。

CL2 中島瞳(TRIGON with KURE/BOUNE)が2分以上をつけて圧勝CL2 中島瞳(TRIGON with KURE/BOUNE)が2分以上をつけて圧勝 photo:Kei Tsuji
C4 最後尾から全員抜きを披露した澤井千洋(teamGRM)C4 最後尾から全員抜きを披露した澤井千洋(teamGRM) photo:Kei TsujiCL3 表彰台CL3 表彰台 photo:Kei Tsuji

C3 混戦を制した永野昇海(イナーメ信濃山形)C3 混戦を制した永野昇海(イナーメ信濃山形) photo:Kei TsujiC3 インタビューに応える永野昇海(イナーメ信濃山形)C3 インタビューに応える永野昇海(イナーメ信濃山形) photo:Kei Tsuji


キッズレースを終え、朝一番のカテゴリーであるC4では、最後尾スタートから全員抜きを披露したアンダー15の澤井千洋(teamGRM)が最終周回に先頭グループを捉え、27秒差をつけて圧勝。続くCL2でも中学生の中島瞳(TRIGON with KURE/BOUNE)が、2位以下に2分以上をつける圧倒的な走りで優勝を飾った。CL3では松崎光優(Touch me シクロクロスチーム)が1位に輝いている。

スタート直後の1コーナーで落車と大混乱が発生したC3で勝利したのは、「舗装路でリードを稼いで、泥区間を抜けたら後ろが離れたので行くしかないと思った」と振り返る永野昇海(イナーメ信濃山形)。宇賀隆貴(SHIDO-WORKS)を19秒、長島慧明(FM730CX)を39秒引き離しての独走勝利だった。なお泥レースを楽しんだ小林海(Giotti Victoria Palomar)は25位でフィニッシュしている。

CM2 佐々木秋久(CycleClub.jp)が狙い通りの表彰台頂点を獲得CM2 佐々木秋久(CycleClub.jp)が狙い通りの表彰台頂点を獲得 photo:Kei Tsuji
CM3表彰台CM3表彰台 photo:Kei TsujiCM2  後続を引き離す佐々木秋久(CycleClub.jp)CM2 後続を引き離す佐々木秋久(CycleClub.jp) photo:Kei Tsuji


マスターズ1への昇格を賭けたCM2クラスでは、「この野辺山で勝つべく幕張と茨城で表彰台に乗って、狙い通り最前列からスタートしました」と言うSSKこと佐々木秋久(CycleClub.jp)が、混戦状態の先頭グループから抜け出して宣言通りの優勝。1分差でスタートしたCM3では一枝淳二(makio’sbike)が勝利を掴んだ。

CM1スタートCM1スタート photo:Kei Tsuji
CM1 独走する⽯川正道(Champion System Japan Test Team)CM1 独走する⽯川正道(Champion System Japan Test Team) photo:Kei TsujiCM1 2番手を走る池本真也(和光機器-BIORACER)CM1 2番手を走る池本真也(和光機器-BIORACER) photo:Kei Tsuji

CM1 独走勝利した⽯川正道(Champion System Japan Test Team)CM1 独走勝利した⽯川正道(Champion System Japan Test Team) photo:Kei Tsuji
CM1 表彰台の真ん中に立つ⽯川正道(Champion System Japan Test Team)CM1 表彰台の真ん中に立つ⽯川正道(Champion System Japan Test Team) photo:Kei Tsuji
有力選手の流入によって今まで以上に激戦区と化しているのがCM1クラスだ。1周目から⽯川正道(Champion System Japan Test Team)が独走態勢を築き、池本真也(和光機器-BIORACER)や瀬戸幸正(ベーグルワン)が追走する展開で序盤戦を終える。

「なるべくスピードを落とさないように心がけました。スタート前にサドルを1mm下げたんですが、それで泥区間を調子よく走れたんです」と振り返る石川の走りは最後まで崩れず、「憧れの存在」池本を28秒引き離したまま勝利。1mmの差が生み出した勝利だったと言う。

C2 先頭グループを組む水谷拓也(BUCYO COFFEE/CLT Cycling Team)と重田恵杜(TeamCUORE)C2 先頭グループを組む水谷拓也(BUCYO COFFEE/CLT Cycling Team)と重田恵杜(TeamCUORE) photo:Kei Tsuji
C2 転倒した選手に暖かい野次が飛ぶC2 転倒した選手に暖かい野次が飛ぶ photo:Kei Tsuji
C2 一騎打ちのスプリント勝負を制した重田恵杜(TeamCUORE)がC2 一騎打ちのスプリント勝負を制した重田恵杜(TeamCUORE)が photo:Kei Tsuji
非UCI最上位カテゴリーのC2クラスでは植田春樹(ZELKOVA CX)がホールショットを取るも、代わって水谷拓也(BUCYO COFFEE/CLT Cycling Team)や重田恵杜(TeamCUORE)、藤海斗(蕎麦宗・プロトン伊豆レーシング)、岡田紀彦(アルゼンチンペソしかないよ)がトップグループを形成。ここから重田と元C1の水谷が抜け出した。

勝負は一騎打ちのゴールスプリントに持ち込まれ、「相手の方がとにかく泥区間で上手かったので、勝つにはスプリントしかないと思った」と振り返る重田が先着して勝利。「去年膝の怪我でカテ2に落ちてしまったのですが、返り咲きしたからには頑張ります」と言う水谷と共にC1への昇格切符を掴んでいる。

キンダーガーテンキンダーガーテン photo:Kei Tsuji
キンダーガーテンキンダーガーテン photo:Kei Tsujiキンダーガーテンキンダーガーテン photo:Kei Tsuji

C2結果
1位重田恵杜(TeamCUORE)42’45”
2位水谷拓也(BUCYO COFFEE/CLT Cycling Team)+02”
3位藤海斗(蕎麦宗・プロトン伊豆レーシング)+18”
C3結果
1位永野昇海(イナーメ信濃山形)29’15”
2位宇賀隆貴(SHIDO-WORKS)+19”
3位長島慧明(FM730CX)+39”
C4結果
1位澤井千洋(teamGRM)31’59”
2位川崎佳典(スワコレーシング)+27”
3位藤澤 浩昭(ROND CX TEAM)+32”
CL2結果
1位中島瞳(TRIGON with KURE/BOUNCE)21’16”
2位伊藤圭菜子(SHIDO-WORKS)+2’07”
3位山崎裕子(AVA)+2’19”
CL3結果
1位松崎光優(Touch me シクロクロスチーム)25’38”
2位小林由佳(バルバクラブエチゼン)+17”
3位河村ゆき子(A-Pad CX GIRLS TEAM)+35”
CM1結果
1位⽯川正道(Champion System Japan Test Team)40’43”
2位池本真也(和光機器-BIORACER)+28”
3位瀬戸幸正(ベーグルワン)+50”
CM2結果
1位佐々木 秋久(CycleClub.jp)30’12”
2位上原正憲(Squadra di LAVORANTE)+22”
3位内野真治(B.B.Q )+39”
CM3結果
1位一枝淳二(makio’sbike)30’29”
2位マイケル・ライス+59”
3位金子直樹(legarsi igname)+1’03”
text:So.Isobe
Amazon.co.jp 
の画像 Segafredo Zanetti (セガフレード・ザネッティ) アイスエスプレッソ 無糖 1000ml
カテゴリー: Grocery
メーカー: Segafredo Zanetti
最安価格: ¥ 772
アマゾン価格: ¥ 772
の画像 鮨のすべて: 銀座久兵衛 変わらぬ技と新しい仕事
カテゴリー: Book
著者: 今田 洋輔
出版社: 柴田書店
最安価格: ¥ 5,060
アマゾン価格: ¥ 5,060
の画像 SHIMANO(シマノ) CS-M9001 11S 11-40T 13579147150 モデルNo:CS-M9001
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 32,115
最安価格: ¥ 25,692
アマゾン価格: ¥ 25,697