イタリアで開催されたシクロクロスヨーロッパ選手権で、ベルギー勢を退けたマチュー・ファンデルポール(オランダ)が3連覇を達成。女子エリートレースでもヤラ・カステライン(オランダ)が勝利。オランダ勢は6カテゴリー中4カテゴリーで優勝している。



イタリアで開催されたシクロクロスヨーロッパ選手権は多くの観客が集まり賑わっていたイタリアで開催されたシクロクロスヨーロッパ選手権は多くの観客が集まり賑わっていた (c)Silvelle '19
今年のシクロクロス欧州選手権の舞台は、北イタリアのヴェネツィアに近い街シルヴェッレ。11月10日(日)には男女のエリート、U23、そしてジュニアカテゴリー(女子ジュニアは今年創設)の合計6レースが行われ、6枚のヨーロッパチャンピオンジャージを目指して激しいレースが繰り広げられた。

欧州屈指の選手たちが揃う中、男子エリートレースではスタート直後から世界王者マチュー・ファンデルポール(オランダ)対ベルギー勢という構図ができあがる。ホールショットからクィンティン・ヘルマンス(ベルギー)がペースアップを図り、次いでファンデルポールが加速。周回数を重ねるうちに先頭グループの人数は増減を繰り返したものの、その中で常に主導権を握ったのはファンデルポールとエリ・イゼルビッド(ベルギー)だった。

ヨーロッパチャンピオンジャージを目指して激しいレースが繰り広げられたヨーロッパチャンピオンジャージを目指して激しいレースが繰り広げられた photo:CorVosレース後半はファンデルポール対ベルギー勢の展開にレース後半はファンデルポール対ベルギー勢の展開に photo:CorVos

サンドセクションを走るエリ・イゼルビッド(ベルギー)サンドセクションを走るエリ・イゼルビッド(ベルギー) photo:CorVos階段を駆け上がるマチュー・ファンデルポール(オランダ)階段を駆け上がるマチュー・ファンデルポール(オランダ) (c)Silvelle '19


今シーズン序盤から勝ち星を重ねたイゼルビッドは何度もペースアップを試みるが、1週間前にシーズンインした世界王者を引き離すには至らない。後半にはファンデルポール対ベルギー勢5名という構図になったが、ファンデルポールは数的不利を気にも留めず、最終周回にふるい落としを開始する。

イゼルビッドだけが追従したものの、アタックを続けるファンデルポールとの差は1メートル、また1メートルと開いていく。重馬場をパワフルに踏み抜いたファンデルポールが3秒差でフィニッシュラインにたどり着いた。

重馬場をパワフルに踏み抜いたファンデルポールが3秒差でフィニッシュラインにたどり着いた重馬場をパワフルに踏み抜いたファンデルポールが3秒差でフィニッシュラインにたどり着いた photo:CorVos
マチュー・ファンデルポール(オランダ)とエリ・イゼルビッド(ベルギー)がゴール後に健闘を讃え合ったマチュー・ファンデルポール(オランダ)とエリ・イゼルビッド(ベルギー)がゴール後に健闘を讃え合った (c)Silvelle '19
マチュー・ファンデルポール(オランダ)が3連覇を達成したマチュー・ファンデルポール(オランダ)が3連覇を達成した (c)Silvelle '19
王者の走りでベルギー勢を蹴散らし、欧州選手権3連覇を飾ったファンデルポール。「チャンピオンジャージ獲得に満足している。今日は重馬場のコース、そしてトップレベルの争いもあってリードを稼ぐのが非常に難しかった。今回の勝利は世界選手権を視野に入れてシーズンを走る上で大きなモチベーションになってくれる。

自分の2020年の目標はロードのクラシックレースと東京五輪MTB。来年もまたMTワールドカップへの出場を考えているけれど、その前に今回の勝利とチャンピオンジャージで過ごす期間を楽しみたいと思う。」と語っている。

一度も先頭を譲ることなくペースを刻んだカステラインが独走勝利一度も先頭を譲ることなくペースを刻んだカステラインが独走勝利 photo:CorVos
群雄割拠の女子エリートレースは、好調のヤラ・カステライン(オランダ)と地元の期待を一身に背負うエヴァ・リヒナー(イタリア)、そしてディフェンディングチャンピオンのアンマリー・ワースト(オランダ)が好スタート。すると今季勝利を重ねているカステラインが、ミスを出したリヒナーを置き去りにして1周目から独走体制を築き上げる。泥と砂に覆われた重馬場コースを踏み抜いたカステラインはフィニッシュまで誰も寄せ付けなかった。

一度も先頭を譲ることなくペースを刻んだカステラインが独走勝利。「今シーズンの目標はテレビ中継に映る位置で走ることだったけれど、既に期待以上の結果を出せている。本当にサプライズでしかない」と語る1997年生まれの22歳が初のエリート欧州王者に輝いた。ワーストを置き去りにしたリヒナーが母国開催の欧州選手権で銀メダルを獲得し、3位はワースト。走りに精彩を欠いた世界王者サンヌ・カント(ベルギー)は6位に沈んだ。

地元の期待を一身に背負うエヴァ・リヒナー(イタリア)は2位地元の期待を一身に背負うエヴァ・リヒナー(イタリア)は2位 photo:CorVos女子エリート表彰式女子エリート表彰式 photo:CorVos


そのほか、U23の男子レースではミカエル・クリスピン(フランス)が、女子レースではセイリン・デルカルメンアルバラード(オランダ)がそれぞれ勝利。男子ジュニアではスヴェン・ネイス(ベルギー)の息子であるティボー・ネイスが優勝を遂げた。なお、20年前に同会場で開催されたスーパープレスティージュではスヴェン・ネイスが勝利しており、ネイス親子による20年越しの勝利となった。

男子U23はミカエル・クリスピン(フランス)が優勝男子U23はミカエル・クリスピン(フランス)が優勝 (c)Silvelle '19女子U23表彰式 優勝はセイリン・デルカルメンアルバラード(オランダ)女子U23表彰式 優勝はセイリン・デルカルメンアルバラード(オランダ) (c)Silvelle '19

男子ジュニアではスヴェン・ネイス(ベルギー)の息子であるティボー・ネイスが優勝を遂げた男子ジュニアではスヴェン・ネイス(ベルギー)の息子であるティボー・ネイスが優勝を遂げた (c)Silvelle '19女子ジュニア表彰式 優勝はパック・ピーテルス(オランダ)女子ジュニア表彰式 優勝はパック・ピーテルス(オランダ) (c)Silvelle '19
男子エリート結果
1位マチュー・ファンデルポール(オランダ)58:22
2位エリ・イゼルビッド(ベルギー)+03"
3位ローレンス・スウィーク(ベルギー)+20"
4位マイケル・ファントーレンハウト(ベルギー)+24"
5位ラース・ファンデルハール(オランダ)+25"
6位クィンティン・ヘルマンス(ベルギー)+38"
7位トーン・アールツ(ベルギー)+1'01"
8位トーマス・ピッドコック(イギリス)+1'10"
9位フェリペ・オルツ(スペイン)+1'22"
10位ティム・メルリエ(ベルギー)+1'42"
女子エリート結果
1位ヤラ・カステライン(オランダ)41:05
2位エヴァ・リヒナー(イタリア)+12"
3位アンマリー・ワースト(オランダ)+26"
4位マウド・カプテインス(オランダ)+1'09"
5位ラウラ・フェルドンショット(ベルギー)+1'16"
6位サンヌ・カント(ベルギー)+1'23"
7位アリーチェマリア・アルツィッフィ(イタリア)
8位アリシア・フランク(ベルギー)+1'48"
9位ルース・セルス(ベルギー)+1'52"
10位エレン・ファンロイ(ベルギー)+2'11"
男子U23結果
1位ミカエル・クリスピン(フランス)46:47
2位ティモ・キーリッヒ(ベルギー)+08"
3位アントワン・ブノワ(フランス)+09"
女子U23結果
1位セイリン・デルカルメンアルバラード(オランダ)46:23
2位アンナ・カイ(イギリス)+12"
3位リブロール・マリオンノーブル(フランス)+1'02"
男子ジュニア結果
1位ティボー・ネイス(ベルギー)41:10
2位イェンツ・マイケルズ(ベルギー)+09"
3位ダリオ・リロ(スイス)+1'10"
女子ジュニア結果
1位パック・ピーテルス(オランダ)37:34
2位オリヴィア・オネスティ(フランス)+28"
3位シリン・ファンアンローイ(オランダ)+44"
text:So.Isobe
photo:CorVos,Silvelle '19
Amazon.co.jp 
の画像 18 地球の歩き方 aruco イタリア 2019~2020 (地球の歩き方aruco)
カテゴリー: Book
出版社: ダイヤモンド・ビッグ社
最安価格: ¥ 1,320
アマゾン価格: ¥ 1,320
の画像 まっぷる イタリアmini'20 (マップルマガジン 海外)
カテゴリー: Book
出版社: 昭文社
最安価格: ¥ 1,320
アマゾン価格: ¥ 1,320
の画像 ガイドブックには載らない イタリア マル秘旅行術 知っていると10倍楽しめる達人の知恵60 改訂版
カテゴリー: Book
著者: 三浦 陽一
出版社: メイツ出版
参考価格: ¥ 1,518
最安価格: ¥ 1,518
アマゾン価格: ¥ 1,518