韓国の鎮川(ジンチョン)で開催されているアジア選手権トラックは2日目。男子エリートケイリンで脇本雄太が勝利し2連覇、自身4度目のアジア王者に輝いた。3位は新田祐大。パラ競技でも日本チームは金メダルラッシュに湧いている。



エリート男子ケイリン表彰式 優勝脇本雄太、3位新田祐大エリート男子ケイリン表彰式 優勝脇本雄太、3位新田祐大 (c)JCF
エリート男子ケイリンでワン・スリーフィニッシュを決めた脇本雄太と新田祐大エリート男子ケイリンでワン・スリーフィニッシュを決めた脇本雄太と新田祐大 (c)JCFパラ女子個人パーシュート表彰式 優勝杉浦佳子、2位藤井美穂パラ女子個人パーシュート表彰式 優勝杉浦佳子、2位藤井美穂 (c)JCF

パラ女子タンデム個人パーシュート表彰式 山口乃愛・山本さくらペアが優勝パラ女子タンデム個人パーシュート表彰式 山口乃愛・山本さくらペアが優勝 (c)JCFパラ男子1kmタイムトライアル表彰式  川本翔大が優勝パラ男子1kmタイムトライアル表彰式  川本翔大が優勝 (c)JCF


アジア選手権トラック2日目に開催された男子エリートケイリン決勝戦。日本から新田祐大(JPCU福島)と脇本雄太(JPCU福井)の2人が出場したこの戦いで、脇本はアジズルハスニ・アワン(マレーシア)を抑えて先着。脇本のアジア選手権勝利は4度目で、昨年に続く2連覇だ。

新田はアワンに続く3位で銅メダルを獲得。7-12位決定戦に回った河端朋之(JPCU岡山)は7位となった。

また、パラ競技の男子タンデム個人パーシュートでは木村和平・倉林巧和ペアが優勝し、男子タンデム1kmタイムトライアルでも銀メダルを獲得したほか、男子1kmタイムトライアルと男子個人パーシュート(C1-C3)で川本翔大が優勝、女子500mタイムトライアルでは杉浦佳子が優勝、女子タンデム1kmタイムトライアルでは山口乃愛・山本さくらペアが優勝、女子個人パーシュートで杉浦佳子が優勝とメダルラッシュが続いている。

男子エリートケイリン結果
1位脇本雄太(JPCU福井)
2位アジズルハスニ・アワン(マレーシア)
3位新田祐大(JPCU福島)
Amazon.co.jp 
の画像 SUGINO(スギノ) チェーンリング ZEN(禅) 144(NJS) W/HEADER 48T シルバー
カテゴリー: Sports
メーカー: Sugino(スギノ)
参考価格: ¥ 21,450
最安価格: ¥ 18,187
アマゾン価格: ¥ 19,559
の画像 SUGINO(スギノ) チェーンリング ZEN(禅) 144(NJS) W/HEADER 53T シルバー
カテゴリー: Sports
メーカー: Sugino(スギノ)
参考価格: ¥ 25,080
最安価格: ¥ 21,405
アマゾン価格: ¥ 22,116
の画像 SUGINO(スギノ) チェーンリング ZEN(禅) 144(NJS) W/HEADER 52T シルバー
カテゴリー: Sports
メーカー: Sugino(スギノ)
参考価格: ¥ 25,080
最安価格: ¥ 17,862
アマゾン価格: ¥ 19,209