日本のサイクリングアクセサリーブランド、ミノウラより「SW フレームオリジナル AMT ユニットセット」というホームトレーナーがリリースされた。後輪固定と自重式を切り替えられるフレームに、マグネット式負荷装置を組み合わせた数量限定モデルだ。



ミノウラ SW フレームオリジナル AMT ユニットセットミノウラ SW フレームオリジナル AMT ユニットセット (c)フカヤ
ミノウラからリリースされているSWフレームは、後輪を保持するアームを自重式と固定式どちらにも切り替えられるユニークなホームトレーナーのメインボディ。従来品より重量が重いものの、剛性や強度に優れており、振動が発生しにくく静粛性も向上しているというフレームだ。

SWフレームのポイントであるアームのモードだが、自重式ではアームが自由にスイングし、ライダーの自重のみでタイヤが負荷ユニットに接する方式。自然な走行感を得られるとともに、荷重のかけ方によってホイールへの負荷のかかり方が一定ではなく、ペダリングのスキルアップに役立たせられる。対して固定式とは負荷ユニットをタイヤに押し付け、負荷を一定に保たせることができるモードのこと。1つのローラー台で様々なトレーニング方法を実践できることが特徴だ。

バイク装着イメージバイク装着イメージ (c)フカヤ
今回はこのフレームに「AMTユニット」を組み込んだモデルが発売される。現在アームがスイングするフレームを使用しているラインアップの中では、最もリーズナブルなプライスタグを下げたモデルだ。コストパフォーマンスを向上させているのは、AMTユニットという負荷装置。マグネット式の負荷装置を採用したユニットで、7段階から負荷調整を行うことができ、抵抗は433ワットまで。対応タイヤサイズは24インチから700×40C。

リーズナブルかつユニークな機能を備えたフレームを採用したこのモデルは、数量限定の展開。自転車に乗る機会が少なくなってくるウィンターシーズンも体を動かし続けたい方や、ローラー台を使ったトレーニングに興味を持っている方にオススメのローラー台だ。価格は30,000円(税抜)。




ミノウラ SW フレームオリジナル AMT ユニットセット
負荷調整:7段階
負荷抵抗:433ワット(Hレンジ 40km/h)
対応タイヤサイズ:24インチ~700×40C
付属品:専用リアクイックレリーズレバー(マグライザーは別売り)
価格:30,000円(税抜)