ジャイアントより新型のE-マウンテンバイク2種が発表。フルサスモデルの「TRANCE E+ PRO」とハードテールモデルの「FATHOM E+ PRO」が登場する。バッテリーをダウンチューブに完全内装したスマートなルックスも大きな特徴だ。



ジャイアント TRANCE E+ PROジャイアント TRANCE E+ PRO (c)ジャイアント
2019モデルでクロスバイクタイプのE-BIKE「ESCAPE RX-E+」をリリースし、国内E-BIKEマーケットに参入を果たしたジャイアント。世界中で成長を続けるE-BIKEカテゴリーのラインアップを拡充する次なる一歩として、2020モデルではE-マウンテンバイクを2モデル投入する。これによりさらに多くの人にスポーツサイクリングの楽しさやマウンテンバイクの楽しさを広めるきっかけにしたい考えだ。

新たに登場するのはフルサスペンションモデルの「TRANCE E+ PRO」と、ハードテールモデルの「FATHOM E+ PRO」。いずれも既存のTRANCE/FATHOMをベースに設計されており、信頼の置ける高い完成度に仕上がる。TRANCE E+ PROはジャイアント独自のマエストロサスペンションテクノロジーを採用し、車重の重めなE-MTBでも優れた走破性を見せてくれる。

ヤマハと共同開発されたSyncDrive Proモーターがパワフルなアシストを発揮するヤマハと共同開発されたSyncDrive Proモーターがパワフルなアシストを発揮する (c)ジャイアントスマートな形状にアップデートされたEnergyPak Smartバッテリーを採用スマートな形状にアップデートされたEnergyPak Smartバッテリーを採用 (c)ジャイアント
ジャイアント FATHOM E+ PROジャイアント FATHOM E+ PRO (c)ジャイアント
2モデルともにヤマハとの共同開発によって生み出された新型の「SyncDrive Pro」モーターを搭載。日本国内の法規に合わせた独自のアシストセッティングで、6センサーテクノロジーによって全領域でパワフルかつナチュラルなアシストを実現している。オフロードでの斜度が急な登りなどでペダリングをアシストしてくれ、マウンテンバイキングのさらなる楽しさを見出してくれることだろう。

バッテリーがダウンチューブに完全内装された作りも大きな特徴。E-BIKEらしさを感じさせないスマートなルックスを実現している他、フレーム下側からバッテリーを着脱する方式のためダウンチューブへのボトルケージ装着も可能となっている。

価格を含む製品の詳細情報は、8月末に正式発表予定だ。また、今週末7月27・28日(土・日)に長野県富士見パノラマリゾートで開催される「シマノ・バイカーズフェスティバル」のジャイアントブースにてTRANCE E+ PROとFATHOM E+ PROの展示も行われる。

マウンテンバイクの楽しさをより多くの人に届けるE-MTBマウンテンバイクの楽しさをより多くの人に届けるE-MTB (c)ジャイアント
Amazon.co.jp 
の画像 「 ドラえもん 」 ジャイアン フェイス マグカップ M オレンジ 009133
カテゴリー: Home
メーカー: 金正陶器
最安価格: ¥ 849
アマゾン価格: ¥ 858
の画像 UDF きれいなジャイアン(ノンスケール PVC製塗装済み完成品)
カテゴリー: Hobby
メーカー: メディコム・トイ(MEDICOM TOY)
参考価格: ¥ 1,034
最安価格: ¥ 773
アマゾン価格: ¥ 773
の画像 フィギュアーツZERO ドラえもん 剛田武 (ジャイアン) 約140mm PVS&ABS製 塗装済み可動フィギュア
カテゴリー: Hobby
メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
参考価格: ¥ 3,850
最安価格: ¥ 1,980
アマゾン価格: ¥ 2,500