紀伊半島南東部を舞台とするステージレース「ツール・ド・熊野」が開幕。初日のプロローグが行われ、初出場の沢田桂太郎(チームブリヂストンサイクリング)が、49秒30のコースレコードで優勝した。



アマチュアカメラマンが通過する選手をねらうアマチュアカメラマンが通過する選手をねらう photo:Satoru Kato
選手宣誓は山本大喜(キナンサイクリングチーム)選手宣誓は山本大喜(キナンサイクリングチーム) photo:Satoru Kato試走時間に1コーナーのライン取りを確認中試走時間に1コーナーのライン取りを確認中 photo:Satoru Kato

UCI2.2のステージレースとして開催される「ツール・ド・熊野」。今年も4日間に渡り、三重県南部と和歌山県東部にまたがる熊野地域を舞台として開催される。

初日はプロローグ。和歌山県の新宮市内を流れる市田川沿いに設定された700mのコースでの個人タイムトライアルだ。高低差ゼロのフラットな短距離コースは、カタカナの「コ」の字を描くようなレイアウト。最初の直角コーナーの進入と立ち上がりをいかに攻めるかが大きなポイントだ。特にここでの勝利を狙う選手は、試走時間に何度もコーナーのライン取りを確認していた。

前週に行われた晴れ続きのツアー・オブ・ジャパンを引き継ぐかのように晴れた1日。ツール・ド・熊野は時期的に雨のイメージがあるが、果たして今年はどうか?

プロローグ優勝は沢田桂太郎(チームブリヂストンサイクリング)49秒30(コースレコード)プロローグ優勝は沢田桂太郎(チームブリヂストンサイクリング)49秒30(コースレコード) photo:Satoru Kato
個人タイムトライアルは17チーム101名が30秒間隔でスタートしていく。まずターゲットタイムを出したのは、25番目にスタートした黒枝士揮(チームブリヂストンサイクリング)。50秒64の好タイムをマークして暫定首位に立つ。そして59番目にスタートした沢田桂太郎が、コースレコードとなる49秒30を記録。黒枝からホットシートを引き継ぐ。

プロローグ2位 ブレイク・クイック(セントジョージコンチネンタルサイクリングチーム)49秒62プロローグ2位 ブレイク・クイック(セントジョージコンチネンタルサイクリングチーム)49秒62 photo:Satoru Katoプロローグ3位 リカルド・スタキオッティ(ジョッティ・ヴィクトリア)50秒52プロローグ3位 リカルド・スタキオッティ(ジョッティ・ヴィクトリア)50秒52 photo:Satoru Kato

プロローグ5位 黒枝士揮(チームブリヂストンサイクリング)50秒64プロローグ5位 黒枝士揮(チームブリヂストンサイクリング)50秒64 photo:Satoru Kato昨年プロローグ優勝の阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)は、50秒66で6位 昨年プロローグ優勝の阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)は、50秒66で6位  photo:Satoru Kato

チームブリヂストンサイクリングがトップ2を占めたまま迎えたスタート順終盤、リカルド・スタキオッティ(ジョッティ・ヴィクトリア)が50秒52を出して暫定2位に食い込む。さらに94番目にスタートしたブレイク・クイック(セントジョージコンチネンタルサイクリングチーム)が、49秒62をマーク。沢田のタイムは上回れなかったものの、スタキオッティを上回って暫定2位となる。その後はトップタイムの更新はなく、沢田の優勝が決まった。

リーダージャージを着るのは初めてという沢田桂太郎(チームブリヂストンサイクリング)リーダージャージを着るのは初めてという沢田桂太郎(チームブリヂストンサイクリング) photo:Satoru Kato
ツール・ド・熊野は初出場と言う沢田は、「このプロローグで勝つことを目標としてきた。前日から何度も試走してコーナーのライン取りを確認し、チーム内でも話し合って臨んだ。自分の脚質を活かせたと思うが、48秒台を出すつもりだったので、ちょっと残念。もっと削れる部分があると思うので、次に走る機会があるなら48秒台を出せると思う」と、振り返る。

明日の第1ステージはリーダージャージを着てスタートするが、それも初めての経験だと言う。「明日はスプリントになれば狙っていきたいが、変更されたという登りが厳しく、前々で展開できないと残れないきついレースになると思う。総合はチームメイトの石橋選手がメインで狙っていくので、それをサポート出来るようにしていきたい」と、次の目標を語った。



明日は新宮市の山間部に場所を移し、第1ステージ100.4kmのロードレースが行われる。昨年はキャンセルとなったが、例年集団のスプリント勝負となる。新たに変更された山岳賞ポイントを含む約1kmが追加されたコースは勝負に影響するだろうか?
ツール・ド・熊野 プロローグ 結果(0.7km)
1位沢田桂太郎(チームブリヂストンサイクリング)49秒30
2位ブレイク・クイック(オーストラリア、セントジョージコンチネンタルサイクリングチーム)+0秒32
3位リカルド・スタキオッティ(イタリア、ジョッティ・ヴィクトリア)+1秒22
4位オールイス・アルベルト・アウラール(ベネズエラ、マトリックスパワータグ)+1秒31
5位黒枝士揮(チームブリヂストンサイクリング)+1秒34
6位阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)+1秒36
個人総合成績(プロローグ 終了時)
1位沢田桂太郎(チームブリヂストンサイクリング)49秒
2位ブレイク・クイック(オーストラリア、セントジョージコンチネンタルサイクリングチーム)+0秒
3位リカルド・スタキオッティ(イタリア、ジョッティ・ヴィクトリア)+1秒
4位オールイス・アルベルト・アウラール(ベネズエラ、マトリックスパワータグ)
5位黒枝士揮(チームブリヂストンサイクリング)
6位阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)
ポイント賞(プロローグ 終了時)
1位沢田桂太郎(チームブリヂストンサイクリング)10p
2位ブレイク・クイック(オーストラリア、セントジョージコンチネンタルサイクリングチーム)9p
3位リカルド・スタキオッティ(イタリア、ジョッティ・ヴィクトリア)8p
チーム総合(プロローグ 終了時)
1位チームブリヂストンサイクリング2分31秒
2位ジョッティ・ヴィクトリア+1秒
3位宇都宮ブリッツェン
text&photo:Satoru Kato
Amazon.co.jp 
の画像 CHASER
カテゴリー: Digital Music Track
メーカー: Sony Music Direct(Japan)Inc.
最安価格: ¥ 250
アマゾン価格: ¥ 250
の画像 プロローグ
カテゴリー: Digital Music Track
メーカー: Sony Music Direct(Japan)Inc.
最安価格: ¥ 250
アマゾン価格: ¥ 250
の画像 プロローグ (文春文庫)
カテゴリー: Book
著者: 円城 塔
出版社: 文藝春秋
最安価格: ¥ 979
アマゾン価格: ¥ 979