ツアー・オブ・ジャパン第4ステージが、岐阜県美濃市で行われ、集団スプリントを制したレイモンド・クレダー(チーム右京)が優勝。窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)が2位に入った。個人総合首位はベンジャミン・ヒル(リュブリャナ・グスト・サンティック)が維持した。



「うだつのあがる町並み」に揃った選手達 ホームチームは愛三工業レーシングチーム「うだつのあがる町並み」に揃った選手達 ホームチームは愛三工業レーシングチーム photo:Satoru Kato
チーム・ザワーランド・NRW・P/B・SKS・ジャーマニーのメンバーに囲まれて記念撮影チーム・ザワーランド・NRW・P/B・SKS・ジャーマニーのメンバーに囲まれて記念撮影 photo:Satoru KatoFC岐阜のマスコット「ギッフィー」が応援に駆けつけたFC岐阜のマスコット「ギッフィー」が応援に駆けつけた photo:Satoru Kato

ツアー・オブ・ジャパンの前半戦を締めくくる第4ステージは、岐阜県美濃市。江戸時代から明治にかけて造られた商家が軒を連ねる「うだつの上がる町並み」をパレードスタートし、長良川沿いに設定された1周21.3kmの周回コースを6周する139.4kmのレースだ。

山岳賞ポイントは1ヶ所だけあるものの、全体的に平坦基調なコースゆえ、毎年集団でのスプリント勝負となる。アップダウンのコースが多いツアー・オブ・ジャパンの中では、ある意味異色のステージと言える。

子供達の花神輿が練り歩く子供達の花神輿が練り歩く photo:Satoru Kato沿道の子供達に見送られてパレードスタート沿道の子供達に見送られてパレードスタート photo:Satoru Kato

朝から青空が広がり、28.2℃の最高気温を記録した美濃市。軽く日焼けをするほどの陽射しに暑さを感じるものの、湿度が低いためか、木陰は過ごしやすい気候の1日。パレードスタート前には子供達のダンスや神輿などのパフォーマンスが披露され、和やかな雰囲気の中スタートした。

コース沿道から声援を送る子供達コース沿道から声援を送る子供達 photo:Satoru Kato
メイン集団から3分先行して逃げる3名メイン集団から3分先行して逃げる3名 photo:Satoru Katoメイン集団はリュブリャナ・グスト・サンティックがコントロールメイン集団はリュブリャナ・グスト・サンティックがコントロール photo:Satoru Kato

リアルスタート直後に3名の逃げが容認される。メンバーは、ホアン・ボウ・カンパニー(NIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネ)、フローリアン・オードリー(インタープロサイクリングアカデミー)、デニス・マリアン・ヴァルカン(ジョッティ・ヴィクトリア・パロマー)。メイン集団との差は3分まで開く。リーダージャージのベンジャミン・ヒルを擁するリュブリャナ・グスト・サンティックを先頭に、各チーム色分けをしたかのように整列して進む。

長良川沿いを一列に並んで進むメイン集団長良川沿いを一列に並んで進むメイン集団 photo:Satoru Kato
レースが後半に入ると、メイン集団ではチーム右京とチームブリヂストンサイクリングが1人ずつ出してリュブリャナ・グスト・サンティックと共にコントロール。逃げる3人との差を徐々に詰め、40秒差となって最終周回に入る。その後逃げは吸収され、集団はスプリント勝負モードへ。

陽炎の向こうからスプリントする集団が迫ってくる陽炎の向こうからスプリントする集団が迫ってくる photo:Satoru Kato
左端(写真右端)にレイモンド・クレダー(チーム右京)、中央に窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)横一線の勝負左端(写真右端)にレイモンド・クレダー(チーム右京)、中央に窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)横一線の勝負 photo:Satoru Kato
レイモンド・クレダー(チーム右京)がスプリントを制するレイモンド・クレダー(チーム右京)がスプリントを制する photo:Satoru Kato
残り1kmの長いストレートに入って最後の勝負が始まり、愛三工業レーシングチームが先導するようにして残り500mへ。イメリオ・チーマ(NIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネ)の背後からレイモンド・クレダー(チーム右京)が前に出る。さらに反対サイドからはポイント賞ジャージを着る窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)が出て並びかけ、横一線のハンドルの投げ合いを制したクレダーが優勝した。

美濃ステージ優勝 レイモンド・クレダー(チーム右京)美濃ステージ優勝 レイモンド・クレダー(チーム右京) photo:Satoru Kato「チームの作戦は自分をスプリントで勝たせることだったので、序盤から3人が逃げる展開は好都合だった。最後のスプリントはカオスだったけれど、チームメイトが良い位置に引き上げてくれたおかげで力を発揮することが出来た」とレースを振り返るクレダー。

「ツール・ド・とちぎで優勝した後ツール・ド・ランカウィに出場したが、そこで落車して怪我をしてしまい、2週間自転車に乗れなかった。治療のおかげで怪我は治ったけれど、ツアー・オブ・ジャパンが始まって最初の2日くらいはナーバスになっていた。でも今日勝って調子の良さを実感することが出来た。」と、コメントした。

ポイント賞は窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)ポイント賞は窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング) photo:Satoru Kato惜しくも2位の窪木は、ポイント賞ジャージを維持。「リーダーチームがコントロールするとレース前に聞いて、僕達もスプリント勝負にしたかったので協力した。最後の局面は、コントロールするチームが無いまま残り1kmに入り、スピードが緩んだところで各チームが前に上がってきたが、5番手くらいを維持するようにしていた。(進行方向の)右前からの風向きだったので左に位置し、クレダー選手の後ろにつけて飛び出すタイミングを見計らっていた。そして愛三(工業レーシングチーム)が行ったところにクレダー選手が乗っていき、それをまくりに行ったがまくり切れなかった」と、最後のスプリントを振り返った。

「明日の飯田(南信州ステージ)は、昨年も最後まで残っているし、明日こそステージ優勝したい。チームとしては石橋(学)選手の個人総合上位を目指しているので、しっかり良い位置で走ってもらえるようにサポートしたい」と、意気込みを語った。

個人総合首位はベンジャミン・ヒル(リュブリャナ・グスト・サンティック)が維持個人総合首位はベンジャミン・ヒル(リュブリャナ・グスト・サンティック)が維持 photo:Satoru Kato山岳賞はフィリッポ・ザッカンティ(NIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネ)山岳賞はフィリッポ・ザッカンティ(NIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネ) photo:Satoru Kato



リーダーチームがきっちりコントロールしたことで同調するチームも現れ、秩序ある展開となったこともあり、例年通り「集団スプリント勝負で個人総合順位に大きな変動なし」の美濃ステージとなった。横一線のスプリント勝負が見られる唯一のステージではあるが、最後に落車が起きてしまったのは残念。

ツアー・オブ・ジャパンは後半戦へ。南信州、富士山、伊豆と、ハードな決戦ステージが続く。クイーンステージの富士山を前に、明日の南信州ステージは個人総合争いの「ふるい」となるか?
第4ステージ:美濃 結果(旧今井家住宅前→美濃和紙の里会館前周回コース 139.4km)
1位レイモンド・クレダー(オランダ、チーム右京)3時間14分20秒
2位窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)+0秒
3位オールイス・アルベルト・アウラール(ベネズエラ、マトリックスパワータグ)
4位イメリオ・チーマ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネ)
5位フェデリコ・ズルロ(イタリア、ジョッティ・ヴィクトリア・パロマー)
6位リカルド・スタキオッティ(イタリア、ジョッティ・ヴィクトリア・パロマー)
7位黒枝咲哉(シマノレーシングチーム)
8位鈴木 龍(宇都宮ブリッツェン)
9位岡本 隼(愛三工業レーシングチーム)
10位吉田隼人(NIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネ)
個人総合成績(第4ステージ:美濃 終了時)
1位ベンジャミン・ヒル(オーストラリア、リュブリャナ・グスト・サンティック)9時間17分30秒
2位エイデン・トゥーペイ(オーストラリア、チーム・ブリッジレーン)+1秒
3位アダム・トーパリック(チェコ、チーム・ザワーランド・NRW・P/B・SKS・ジャーマニー)+2秒
4位入部正太朗(シマノレーシングチーム)+9秒
5位オールイス・アルベルト・アウラール(ベネズエラ、マトリックスパワータグ)+11秒
6位窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)+12秒
ポイント賞(第4ステージ:美濃 終了時)
1位窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)55p
2位レイモンド・クレダー(オランダ、チーム右京)47p
3位オールイス・アルベルト・アウラール(ベネズエラ、マトリックスパワータグ)42p
山岳賞(第4ステージ:美濃 終了時)
1位フィリッポ・ザッカンティ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネ)16p
2位ホアン・ポウ・カンパニー(スペイン、NIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネ)10p
3位アドリアン・ギロネット(フランス、インタープロサイクリングアカデミー)7p
チーム総合(第4ステージ:美濃 終了時)
1位チーム・ブリッジレーン27時間53分34秒
2位リュブリャナ・グスト・サンティック+3秒
3位チーム右京+10秒
text&photo:Satoru Kato
Amazon.co.jp 
の画像 美濃焼 和モダン取小皿 8柄組
カテゴリー: Home
メーカー: ヤマ吾陶器
最安価格: ¥ 1,880
アマゾン価格: ¥ 1,880
の画像 【美濃和紙】美濃紙(手漉き) 落水紙 金箔入り
カテゴリー: Office Product
メーカー: 美濃和紙
最安価格: ¥ 924
アマゾン価格: ¥ 924
の画像 ミニうさぎ 箸置セット 陶器 美濃焼
カテゴリー: Home
メーカー: エールネット
最安価格: ¥ 1,980
アマゾン価格: ¥ 1,980