ボルタ・ア・カタルーニャ最終日にダヴィデ・フォルモロ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ)が逃げ切り勝利。メイン集団では総合2位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)を中心に激しい総合争いが展開されたものの、ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)がリードを守り抜いた。



逃げるトーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)ら逃げるトーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)ら (c)Volta a Catalunya
ボルタ・ア・カタルーニャ2019第7ステージ コースプロフィールボルタ・ア・カタルーニャ2019第7ステージ コースプロフィール (c)Volta a Catalunya1週間続いた第99回ボルタ・ア・カタルーニャ(UCIワールドツアー)も最終日。コースはスペインの首都バルセロナを発着する143.1kmで、後半は3級山岳(距離2.2km/平均勾配5.3%)が含まれる1周10kmの周回コース(x8周回)がキモ。

昨年大会で総合リーダーのエガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)が落車リタイアしたテクニカルなコースだけに、雨の場合総合成績は最終周回突入時の順位で争われる決定がなされたが、幸い現地は晴天に恵まれた。

コース序盤の3級山岳で逃げを決めたのは11名。「山岳ジャージを守るためだけではなくステージ優勝を狙った」と言う第1ステージ勝者トーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)や、ジェームス・ノックス(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)、ダニーロ・ウィス(スイス、ディメンションデータ)、カルロス・べローナ(スペイン、モビスター)、ダヴィデ・フォルモロ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ)など強力な逃げ屋がエスケープした。

序盤からミッチェルトン・スコットがメイン集団をコントロールした序盤からミッチェルトン・スコットがメイン集団をコントロールした (c)Volta a Catalunya
少ないリードを守って逃げるダヴィデ・フォルモロ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ)少ないリードを守って逃げるダヴィデ・フォルモロ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ) (c)Volta a Catalunya
山岳リーダーのデヘントは目論見通りポイントを獲得し、共に逃げた同ランキング3位ベローナの逆転を阻止。レース中盤からの周回コースに突入した直後、フィニッシュまで距離を残して「行くなら今しか無いと感じてアタックした」と言うフォルモロがするすると抜け出した。

「厳しいレースが続いたので疲れが溜まっていた」と言うデヘントらは、フォルモロの先行を許し、ペースダウンののちメイン集団に吸収。前日にも最終局面でアタックしたフォルモロは残り40km地点で1分40秒という少ないリードを維持しながら逃げ続けた。

逆転優勝を狙って仕掛けたアダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)逆転優勝を狙って仕掛けたアダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット) (c)CorVosすると後方のメイン集団では下り区間で大きな落車が発生し、総合8位のロマン・バルデやトニー・ガロパン(共にフランス、アージェードゥーゼール)やワレン・バルギル(フランス、アルケア・サムシック)、総合10位マルク・ソレル(スペイン、モビスター)ら有力勢を含む20名が路上に投げ出された。週明けに精密検査を受ける予定のバルデは肋骨骨折が疑われるほか、肘骨折から復帰したばかりのサイモン・ゲシュケ(ドイツ、CCCチーム)は右鎖骨を骨折。グランツールでの活躍が期待される選手たちがレースを去る事態となってしまう。

続いてメイン集団からはダリル・インピー(南アフリカ、ミッチェルトン・スコット)がアタックし、続いて14秒差で総合2位につけるアダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)がペースアップ。総合4位ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)、マイケル・ウッズ(カナダ、EFエデュケーションファースト)、イヴァン・ソーサ(コロンビア、チームスカイ)、アンドレイ・ゼイツ(カザフスタン、アスタナ)という強力な4名が加わり、更に逃げていたべローナがキンタナをフォローすべく合流。やがてミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア)の総合首位を守るアスタナによって吸収されたものの、この動きが更なるアタックの呼び水となった。

ミッチェルトンの波状攻撃は続き、次なる登坂区間に入るとまずはサイモン・イェーツが先行し、次いでアダムが合流。全く同じリズムでペダリングする双子の兄弟は一気に差を開き、アダムがロペスに代わってバーチャルリーダーに浮上する。逃げから遅れたノックスも合流し、イギリス人トリオが40秒リードで最終周回に突入した。

メイン集団で猛烈な総合争いが繰り広げられているにも関わらず、先頭フォルモロのリードは揺るがなかった。「残り8kmあたりで勝利を確信した」と言うフォロモロは最終登坂でも力強いペダリングを維持し、50秒差を維持しつつフィニッシュ。ボーラにとっては第5ステージのマキシミリアン・シャフマン(ドイツ)に続く2度目の逃げ切り勝利となった。

鮮やかな独走勝利を決めたダヴィデ・フォルモロ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ)鮮やかな独走勝利を決めたダヴィデ・フォルモロ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ) (c)Volta a Catalunya
バーチャルリーダーのアダムに待ったをかけるべく、メイン集団からは最終周回突入前にロペス自らペースアップし、総合上位陣ばかりが含まれる精鋭グループが生まれる。ベルナルや世界王者アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)のアタックも発生したことで単独となっていたAイェーツとの距離は最終盤に入ってぐんぐん縮まり、残り3kmでついに吸収。カウンターアタックを仕掛けたエンリク・マス(スペイン、ドゥクーニンク・クイックステップ)がわずかに抜け出した状態でフィニッシュになだれ込んだため、ロペスが熾烈な攻防戦の末にリーダージャージを守り抜いた。

ボルタ・ア・カタルーニャ2019総合表彰台ボルタ・ア・カタルーニャ2019総合表彰台 (c)CorVos
総合/ヤングライダー優勝のロペス、総合ポイント賞のマシューズ、総合山岳賞のデヘント総合/ヤングライダー優勝のロペス、総合ポイント賞のマシューズ、総合山岳賞のデヘント (c)CorVos
「シーズン序盤の大きな目標に定めていたレースで勝てたので本当に嬉しい。ライバルたちが仕掛けてくるのは明らかだったけれどチームとして迎え撃つ準備ができていたんだ。 アダムの攻撃にも冷静に対処できたし、仲間の働きに感謝したいよ。ものすごくタフなレースだったけれど、勝利に対しても自分のコンディションに対しても満足している」と語るのは"スーパーマン"ロペス。2月中盤のコロンビア2.1に続く今シーズン2度目の総合優勝であり、当然ヤングライダー賞でも優勝を決めている。

一方、「チャンスを逃すわけにはいかなかった。カタルーニャの最終日はシャンゼリゼとは違いどんな展開も起こりうるタフステージ。周回コースに入った直後からチームとして攻めまくった」と振り返るのは、ティレーノ〜アドリアティコに続いて総合2位に甘んじたAイェーツ。「残り3周のタイミングでアタックしたサイモンに付いていった。作戦にはなかった動きにも関わらず数周リードを維持できたけれど、このコースは簡単に事が進むほどイージーではない。可能な限り攻め続けたことに対しては満足しているし、次のレースに向けても良い感触を掴めた」と言葉を残した。

総合優勝したロペスはツアー・オブ・アルプスやツール・ド・ロマンディを経てジロ・デ・イタリアとブエルタ・ア・エスパーニャへ。Aイェーツはイツリア・バスクカントリー、アルデンヌクラシックを連戦し、7月のツール・ド・フランスに出場する予定だ。

ボルタ・ア・カタルーニャ2019第7ステージ結果
1位ダヴィデ・フォルモロ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ)3:19:41
2位エンリク・マス(スペイン、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:51
3位マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)0:53
4位ディオン・スミス(ニュージーランド、ミッチェルトン・スコット)0:55
5位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)
6位エガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)
7位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)
8位ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)
9位ステフェン・クライスヴァイク(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)
10位マイケル・ウッズ(カナダ、EFエデュケーションファースト)
個人総合成績
1位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)29:14:17
2位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)0:00:14
3位エガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)0:00:17
4位ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)0:00:25
5位ステフェン・クライスヴァイク(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)0:00:56
6位マイケル・ウッズ(カナダ、EFエデュケーションファースト)0:01:42
7位ラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)0:02:27
8位ギヨーム・マルタン(フランス、ワンティ・グループゴベール)0:02:41
9位エンリク・マス(スペイン、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:02:49
10位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)0:03:02
山岳賞
1位トーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)60pts
2位カルロス・ベローナ(スペイン、モビスター)41pts
3位グレゴール・ミュールベルガー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)40pts
ポイント賞
1位マイケル・マシューズ(オーストラリア)29pts
2位マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)24pts
3位トーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)16pts
ヤングライダー賞
1位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)29:14:17
2位エガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)0:00:17
3位エンリク・マス(スペイン、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:02:49
チーム総合成績
1位モビスター87:49:11
2位ボーラ・ハンスグローエ0:05:13
3位アスタナ0:10:12
text:So.Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 My World
カテゴリー:
メーカー: Yellow Jersey
参考価格: ¥922
最安価格: ¥988
アマゾン価格: ¥922
の画像 SHIMANO(シマノ) DURA-ACE デュラエース R9100シリーズ ブレーキシュー BR-R9100 前後セット R55C4 33550
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
最安価格: ¥ 28,246
アマゾン価格: ¥ 28,400