3月19日に開催されたティレーノ〜アドリアティコ第7ステージ個人タイムトライアルで、4月にアワーレコードに挑戦予定のヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)が勝利。プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)が0.31秒差で逆転総合優勝に輝いた。

11分23秒のトップタイムで優勝したヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)11分23秒のトップタイムで優勝したヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル) photo:LaPresse - D'Alberto / Ferrari
ティレーノ〜アドリアティコ2019第7ステージティレーノ〜アドリアティコ2019第7ステージ photo:RCS Sportティレーノ〜アドリアティコの最終日は恒例のサンベネデット・デル・トロント個人タイムトライアル。全長10.05km、時間にして11分前後のハイスピード走行で7日間の戦いは締めくくられる。完全フラットなコースの獲得標高差は0mに近い。

この日は北風が吹いたため『行きは良い良い帰りは怖い』のパターンに。144名中19番手スタートのヨーロッパ王者ヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)が並み居るTTスペシャリストを打ち負かした。

平均スピード53.232km/hで10.05kmを駆け抜け、アルベルト・ベッティオル(イタリア、EFエデュケーションファースト)に3秒差、ヨス・ファンエムデン(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)に4秒差をつけて勝利したカンペナールツは「いわゆる世界最高峰のTTスペシャリストの中でミカル・クウィアトコウスキーだけが欠けているようなラインナップだったので、今日は世界最速の男になったような気分。世界選手権で1位だったローハン・デニスと2位だったトム・デュムランを、その時3位だった自分が打ち負かすことができたんだ。この勝利は大きなモチベーションに繋がる」とコメントする。

カンペナールツは4月にメキシコのアグアスカリエンテス(標高1888m)にあるヴェロドロームでアワーレコードに挑戦予定。そこでブラドレー・ウィギンズがもつ54.526kmの記録更新を狙う。

ステージ優勝を飾ったヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)ステージ優勝を飾ったヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル) photo:LaPresse - D'Alberto / Ferrari
ステージ7位/8秒差 トム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)ステージ7位/8秒差 トム・デュムラン(オランダ、サンウェブ) photo:CorVosステージ61位/48秒差 ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)ステージ61位/48秒差 ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:CorVos
ステージ11位/13秒差 プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)ステージ11位/13秒差 プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ) photo:LaPresse - D'Alberto / Ferrari

注目の総合争いは最後の最後まで接戦に。スタートの時点で総合1位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)と総合2位ログリッチェのタイム差は25秒。過去の個人タイムトライアルの実績を見ると総合2位ログリッチェに有利な状況であり、総合逆転の可否に注目が集まった。実際に2016年の同じ最終TTでログリッチェはAイェーツ22秒、2018年に36秒のタイムを奪っている。

下馬評通り好走したのは総合2位ログリッチェで、中間計測地点をカンペナールツから10秒遅れで折り返す。そこからもハイペースを保ってフィニッシュし、カンペナールツと13秒差のステージ11位に滑り込む。最終走者のAイェーツも中盤まで総合リードを守るペースで走ったが後半にかけて失速。Aイェーツはカンペナールツと39秒差のステージ48位に。Aイェーツに26秒差をつけたログリッチェが逆転で総合優勝に輝いた。残り2kmの平均スピードだけを見ると、カンペナールツは52.6km/h、ログリッチェは50.9km/h、Aイェーツは48.9km/hだった。

最終的に総合1位ログリッチェと総合2位Aイェーツのタイム差は0.31秒。これは2001年の総合優勝者ダヴィデ・レベッリンと総合2位ガブリエーレ・コロンボの0.27秒差に次ぐ歴代2番目に小さいタイム差だった。

ステージ48位/39秒差 アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)ステージ48位/39秒差 アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット) photo:LaPresse - D'Alberto / Ferrari
ステージ37位/33秒差 ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)ステージ37位/33秒差 ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ) photo:LaPresse - D'Alberto / Ferrari

「ティレーノ〜アドリアティコはシーズン前半の大きな目標だった。そこで総合優勝を飾ることができて最高に気分だ。今日はスタートの時点で自信を持っていたし、自分をコントロールできていた。100%の力を出し切れたと思う」と、スロベニア人選手として初の総合優勝に輝いたログリッチェは語る。

2018年4月のイツリア・バスクカントリー総合優勝、同年5月ツール・ド・ロマンディ総合優勝、同年6月ツアー・オブ・スロベニア総合優勝、同年7月ツール・ド・フランス総合4位、同年9月ツアー・オブ・ブリテン総合優勝、そして2019年2月UAEツアー総合優勝と、出場するステージレースで好成績を連発する元スキージャンパーは、5月のジロ・デ・イタリアでマリアローザを狙う予定だ。「標高のある峠が登場するジロ・デ・イタリアはまた違う話。しっかりと高地トレーニングで身体の調子を上げて、モチベーション高く5月のレースに挑むよ」。

僅差で総合優勝を逃したAイェーツは「25秒というリードは十分ではなかった。全力を尽くしたし、良い走りだったと思うけど、届かなかった。スタートからフィニッシュまでひたすら苦しみ抜く12分間。自分向きのコースではないし、現状これ以上のタイムは残せなかったと思う。来年またここに戻ってきて、リベンジを果たしたい」と語っている。Aイェーツは3月25日開幕のボルタ・ア・カタルーニャやイツリア・バスクカントリー、アルデンヌクラシックを連戦し、7月のツール・ド・フランスに出場する予定だ。

総合優勝を果たしたプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)総合優勝を果たしたプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ) photo:LaPresse - D'Alberto / Ferrari
ポイント賞を獲得したミルコ・マエストリ(イタリア、バルディアーニCSF)ポイント賞を獲得したミルコ・マエストリ(イタリア、バルディアーニCSF) photo:LaPresse - D'Alberto / Ferrari山岳賞を獲得したアレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ)山岳賞を獲得したアレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ) photo:LaPresse - D'Alberto / Ferrari
ヤングライダー賞を獲得したサム・オーメン(オランダ、サンウェブ)ヤングライダー賞を獲得したサム・オーメン(オランダ、サンウェブ) photo:LaPresse - D'Alberto / Ferrari総合敢闘賞を獲得したアレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ)総合敢闘賞を獲得したアレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ) photo:LaPresse - D'Alberto / Ferrari
チーム総合成績トップに輝いたEFエデュケーションファーストチーム総合成績トップに輝いたEFエデュケーションファースト photo:LaPresse - D'Alberto / Ferrari

ティレーノ〜アドリアティコ2019第7ステージ結果
1位ヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)0:11:23
2位アルベルト・ベッティオル(イタリア、EFエデュケーションファースト)0:00:03
3位ヨス・ファンエムデン(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)0:00:04
4位セバスティアン・ラングフェルド(オランダ、EFエデュケーションファースト)0:00:06
5位イヴ・ランパールト(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:00:07
6位マッズ・ペデルセン(デンマーク、トレック・セガフレード)0:00:08
7位トム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)0:00:08
8位ローハン・デニス(オーストラリア、バーレーン・メリダ)0:00:09
9位マイケル・ヘップバーン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)0:00:11
10位フィリッポ・ガンナ(イタリア、チームスカイ)0:00:12
11位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)0:00:13
21位ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)0:00:24
31位ルイ・コスタ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)0:00:30
37位ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)0:00:33
43位サイモン・クラーク(オーストラリア、EFエデュケーションファースト)0:00:36
48位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)0:00:39
53位ワウト・プールス(オランダ、チームスカイ)0:00:41
61位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:00:48
68位サム・オーメン(オランダ、サンウェブ)0:00:52
個人総合成績
1位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)25:28:00
2位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)0:00:01
3位ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)0:00:30
4位トム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)0:01:25
5位ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)0:02:32
6位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:02:34
7位ワウト・プールス(オランダ、チームスカイ)0:02:42
8位サイモン・クラーク(オーストラリア、EFエデュケーションファースト)0:03:01
9位サム・オーメン(オランダ、サンウェブ)0:03:12
10位ルイ・コスタ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)0:03:18
ポイント賞
1位ミルコ・マエストリ(イタリア、バルディアーニCSF)31pts
2位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)27pts
3位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)26pts
山岳賞
1位アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ)35pts
2位ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)34pts
3位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)25pts
ヤングライダー賞
1位サム・オーメン(オランダ、サンウェブ)25:31:12
2位ティシュ・ベノート (ベルギー、ロット・スーダル)0:00:25
3位マテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・メリダ)0:01:50
チーム総合成績
1位EFエデュケーションファースト75:51:29
2位トレック・セガフレード0:02:30
3位サンウェブ0:06:09
text:Kei Tsuji
photo:LaPresse - D'Alberto / Ferrari
Amazon.co.jp 
の画像 Anker PowerPort 4 (40W 4ポート USB急速充電器) 【急速充電 / iPhone&Android対応 / 折畳式プラグ搭載】(ホワイト)
カテゴリー: CE
メーカー: Anker
参考価格: ¥ 2,499
最安価格: ¥ 2,499
アマゾン価格: ¥ 2,499
の画像 Anker PowerPort 10 (60W 10ポート USB急速充電器) 【PSE認証済 / PowerIQ & VoltageBoost搭載】iPhone XS / XS Max / XR, Galaxy S9 / S9+ 等対応 (ホワイト)
カテゴリー: CE
メーカー: Anker
参考価格: ¥ 3,799
最安価格: ¥ 3,799
アマゾン価格: ¥ 3,799
の画像 Anker PowerPort Speed 5 (63W 5ポート USB急速充電器)【PSE認証済/PowerIQ搭載/QC 3.0対応】 iPhone、Android各種対応(ブラック)
カテゴリー: CE
メーカー: Anker
参考価格: ¥ 3,299
最安価格: ¥ 3,699
アマゾン価格: ¥ 3,699