タイ合宿中の落車事故で負傷した新城幸也(バーレーン・メリダ)の詳報が入ってきた。再検査での診断は左肘頭骨骨折と、左大転子部裂離骨折。新城は「怪我の状況は最悪を免れ、日に日に回復しているのを自分でも感じています」とコメントしている。


左:左大転子部裂離骨折(3年前に手術したスクリューの上部が剥離)、右:整復固定手術を行った左肘左:左大転子部裂離骨折(3年前に手術したスクリューの上部が剥離)、右:整復固定手術を行った左肘 リハビリを開始した新城。痛みにに顔がゆがむリハビリを開始した新城。痛みにに顔がゆがむ photo:Miwa IIJIMAチームユキヤ通信によると、タイ合宿最終日の3月13日に落車負傷した新城は、翌14日にチェンマイの大きな病院で再検査を受けた。結果は左肘頭骨骨折と左大転子部裂離骨折で、左肘は14日の夜に整復固定手術を行い、無事成功。危惧されていた左大転子(大腿骨)については手術不要という判断が下ったという。

飯島美和さんは「術後2日目には、リハビリを開始いたしまして、激しい痛みは伴うものの、術後の経過はとても良好です。歩行につきましても、体重の半分を左足に加重することが出来、松葉づえでの歩行が可能となっています」と新城の状態を説明する。今後2,3日中に退院し、来週中には日本に帰国した上で治療とリハビリを続けていくという。

新城はリリースの中で「また、皆さんに大きなご心配をおかけし、チームや関係者の方々には多大なご迷惑をおかけしてしまいましたこと、大変申し訳ございません。落車した時は、3年前より深刻な事態を疑いましたが、怪我の状況は最悪を免れ、日に日に回復しているのを自分でも感じています。こんな怪我の多い自分ですが、皆さんからいつもたくさんの励ましのメッセージを頂き、ありがとうございます。本当に励みになっています。復帰にはまだ時間がかかりますが、最善を尽くしてまいりますので、待っていてください」と綴っている。今後の見通しについては触れられていない。

新城は2016年のツアー・オブ・カタールで左大腿骨を骨折したが、手術と懸命なリハビリによって僅か77日で完治の診断を得ていた。今回も一刻も早い復帰を願わずにはいられない。

text:So.Isobe