勾配3%弱の上りストレートで繰り広げられた約50名の小集団スプリント。グレッグ・ファンアーフェルマート(ベルギー、CCCチーム)を下したソンニ・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ)がチームにシーズン初勝利を飾った。


岩山をえぐるように進む幹線道路岩山をえぐるように進む幹線道路 photo:A.S.O.

ツアー・オブ・オマーン2019第4ステージツアー・オブ・オマーン2019第4ステージ photo:A.S.O.ツアー・オブ・オマーン第4ステージはオマーン湾に面したビーチリゾートのアルシファをスタート。そこから首都マスカット近郊に広がる山岳地帯を走る。距離は131kmと短めだが獲得標高差は2,100m。後半にかけて3回通過する標高355mのKOMアルジャバル(全長3.2km/平均6.8%もしくは全長3.4km/平均8.8%)がスプリンターにとっての関所となる。残り900mの最終コーナーを曲がると、そこからフィニッシュラインまでは平均勾配2.7%の上り勾配だ。

アタック合戦の末にイアン・ボズウェル(アメリカ、カチューシャ・アルペシン)とネイサン・ファンフーイドンク(ベルギー、CCCチーム)、ダルウィン・アタプマ(コロンビア、コフィディス)の3名が先行開始。ここにダミアン・ゴダン(フランス、ディレクトエネルジー)とジェレミー・ルヴォー(フランス、デルコ・マルセイユプロヴァンス)が追いつき、メイン集団から4分前後のリードで幹線道路のアップダウンをこなした。

先頭ではボズウェルが積極的にKOMとスプリントポイントを獲得。一方、アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン)のリーダージャージを守りたいアスタナがメイン集団を牽引する。集団スプリントを狙うバーレーン・メリダやUAEチームエミレーツ、CCCチームも先頭ローテーションに人数を送り込んだ。

岩山を背に逃げる先頭5名岩山を背に逃げる先頭5名 photo:A.S.O.
チームカーから指示を受けるアレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ)チームカーから指示を受けるアレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ) photo:A.S.O.
前日の落車で左腕に怪我を負った新城幸也(バーレーン・メリダ)前日の落車で左腕に怪我を負った新城幸也(バーレーン・メリダ) photo:CorVos
連続するアップダウンで先頭はボズウェル、ファンフーイドンク、アタプマの3名に絞り込まれる。残り23km地点でタイム差は1分を下回ったが、そこから先頭3名は粘りを見せた。

残り5km地点でタイム差は28秒。スプリンターチームを振り切るため奮闘する先頭3名は、約10秒のリードで残り1kmサインを駆け抜ける。しかし最後まで先頭を引き続けたボズウェルの健闘も虚しく、スピードを上げるスプリンターチームによって逃げトリオは残り500m地点で吸収された。

UAEチームエミレーツとアージェードゥーゼールがリードアウトする形で始まった小集団によるスプリント。クレマン・ヴァントゥリーニ(フランス、アージェードゥーゼール)と同時にスプリントを開始したグレッグ・ファンアーフェルマート(ベルギー、CCCチーム)が先頭に立つも、その後ろからコルブレッリが伸びた。

ヴァントゥリーニに進路を塞がれたポイント賞ジャージのアレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)が出遅れる中、完全に飛び出す形となったコルブレッリとファンアーフェルマート。登り基調のストレートでもがき続けたコルブレッリが先着した。

赤いリーダージャージを着て走るアレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ)赤いリーダージャージを着て走るアレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ) photo:A.S.O.
メイン集団を牽引するCCCチームメイン集団を牽引するCCCチーム photo:A.S.O.
集団スプリントを制したソンニ・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ)集団スプリントを制したソンニ・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ) photo:A.S.O.
「願い続けたステージ優勝がようやくやってきた。1日中ずっと助けてくれたチームメイトにまず感謝したい。残り1kmからのコースレイアウトを知っていたので、正しいタイミングでスプリントを開始。完璧だった。進路を塞がず真っ直ぐスプリントしてくれたグレッグ・ファンアーフェルマートに感謝したい。本当にジェントルマンな走りだった」と、初勝利を飾ったコルブレッリは語る。集団牽引に力を使ったチームメイトの新城幸也(バーレーン・メリダ)はステージ52位でフィニッシュしている。

コルブレッリは2018年のオンループ・ヘットニュースブラッド8位、クールネ〜ブリュッセル〜クールネ3位、ミラノ〜サンレモ9位、ブラバンツペイル2位。春のクラシックシーズンに向けて「ここ数日間しばらく暑さに苦しんでいたものの、今日は調子が良かった。調子は毎日上がっているので、ベルギーのクラシックレースやミラノ〜サンレモに向けて自信を得たよ」と語っている。

チームメイトである新城幸也は「やっぱりチームの優勝はいつだって良いものです。今日はチームにとって2019シーズン初勝利だったのでその喜びは格別ですね。そして勝利に貢献できたことも嬉しいです。昨日は転んでしまい最悪な日でしたが、今日は最高な日になりました。もちろん、身体は一日中痛かったですが。明日はクイーンステージなので、ドメニコ(ポッツォヴィーヴォ)の総合優勝目指して、流れに乗って頑張ります。」とコメントしている。

バーレーン・メリダはこれが今シーズン初勝利。UCIワールドチームの中でアージェードゥーゼールとサンウェブの2チームがまだシーズン初勝利を手にしていない。

ツアー・オブ・オマーン2019第4ステージ結果
1位ソンニ・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ)3:17:09
2位グレッグ・ファンアーフェルマート(ベルギー、CCCチーム)
3位クレマン・ヴァントゥリーニ(フランス、アージェードゥーゼール)
4位ライアン・ギボンズ(南アフリカ、ディメンションデータ)
5位アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)
6位ベンジャミン・デクレルク(ベルギー、スポートフラーンデレン・バロワーズ)
7位ユーリ・フィロージ(イタリア、デルコ・マルセイユプロヴァンス)
8位バティスト・プランカールト(ベルギー、ワロニー・ブリュッセル)
9位ミラン・メンテン(ベルギー、スポートフラーンデレン・バロワーズ)
10位ヘスス・エラダ(スペイン、コフィディス)
52位新城幸也(日本、バーレーン・メリダ)0:00:22
個人総合成績
1位アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ)14:54:46
2位グレッグ・ファンアーフェルマート(ベルギー、CCCチーム)0:00:14
3位ヘスス・エラダ(スペイン、コフィディス)0:00:18
4位ルイ・コスタ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)0:00:24
5位ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、バーレーン・メリダ)0:00:27
6位エリオ・リエター(ベルギー、ワロニー・ブリュッセル)0:00:29
7位ライアン・ギボンズ(南アフリカ、ディメンションデータ)0:00:30
8位エリー・ジェスベール(フランス、アルケア・サムシック)0:00:34
9位カンタン・パシェ(フランス、ヴィタルコンセプト・B&Bホテルズ)
10位オリバー・ナーセン(ベルギー、アージェードゥーゼール)
ポイント賞
1位アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)33pts
2位アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ)30pts
3位グレッグ・ファンアーフェルマート(ベルギー、CCCチーム)21pts
ヤングライダー賞
1位ライアン・ギボンズ(南アフリカ、ディメンションデータ)14:55:16
2位エリー・ジェスベール(フランス、アルケア・サムシック)0:00:04
3位ステフ・クラス(ベルギー、カチューシャ・アルペシン)0:00:10
チーム総合成績
1位カチューシャ・アルペシン20:47:56
2位ディメンションデータ0:00:28
3位アージェードゥーゼール0:00:43
text:Kei Tsuji
photo:CorVos, A.S.O.
Amazon.co.jp 
の画像 Anker PowerCore II 20000 (20000mAh 超大容量 モバイルバッテリー)【PSE認証済 / PowerIQ 2.0搭載 / LED Wheel】iPhone&Android対応(ブラック)
カテゴリー: CE
メーカー: Anker
参考価格: ¥ 5,499
最安価格: ¥ 5,499
アマゾン価格: ¥ 5,499
の画像 エレコム モバイルバッテリー 大容量 10050mAh 2ポート 3.6A出力 [iPhone&iPad&andorid 対応] ブラック EC-M01BK
カテゴリー: CE
メーカー: エレコム
参考価格: ¥ 2,899
最安価格: ¥ 2,699
アマゾン価格: ¥ 2,699