4つのカテゴリー山岳を含む山岳コースで争われたツール・ド・ラ・プロヴァンス2日目。強豪クライマーばかりで形成された先頭集団内でエドゥアルド・プラデス(スペイン、モビスター)が先着し、3着に入ったゴルカ・イサギレ(スペイン、アスタナ)が総合首位に立った。



石灰岩の白い岩山を横目に走るツール・ド・ラ・プロヴァンス第2ステージ石灰岩の白い岩山を横目に走るツール・ド・ラ・プロヴァンス第2ステージ (c)Tour de La Provence
握手するセバスティアン・ラングフェルド(オランダ、EFエデュケーションファーストプロサイクリング)とフィリッポ・ガンナ(イタリア、チームスカイ)握手するセバスティアン・ラングフェルド(オランダ、EFエデュケーションファーストプロサイクリング)とフィリッポ・ガンナ(イタリア、チームスカイ) (c)Tour de La Provence4日間で争われるツール・ド・ラ・プロヴァンス(UCI2.1)は初日の個人タイムトライアルを終え、早速海沿いに張り出した山岳地帯へと割って入った。

マルセイユとエクサンプロヴァンスの街を囲うように走る192kmのコースは、中盤から3級、2級、1級と本格的なカテゴリー山岳が連続。最後の1級山岳は登坂距離3.1kmと短かいが、平均勾配は9.4%に達し、頂上からフィニッシュまでは僅か12.5kmと距離がない。この日は総合勢の山岳バトルを前に、アントニー・ドゥラプラス(フランス、アルケア・サムシック)ら8名が逃げを打った。

メイン集団はチームスカイのコントロールによって逃げグループとの距離を詰め、山岳勝負に向けて緊張感を高めながら1級山岳で全ての逃げメンバーをキャッチ。リーダーのフィリッポ・ガンナ(イタリア、チームスカイ)が早々に遅れる中、クライマーを揃えたグルパマFDJ勢がハイペースを刻んだ。

3分程度のタイム差で逃げ続ける8名3分程度のタイム差で逃げ続ける8名 (c)Tour de La Provence最後まで逃げたアントニー・ドゥラプラス(フランス、アルケア・サムシック)ら最後まで逃げたアントニー・ドゥラプラス(フランス、アルケア・サムシック)ら (c)Tour de La Provence


急速に人数が絞られてゆき、最終的にグルパマFDJ3名(ピノ、ゴデュ、モラール)やリリアン・カルメジャーヌ(フランス、ディレクトエネルジー)、ゴルカ・イサギレ(スペイン、アスタナ)、トニー・ガロパン(フランス、アージェードゥーゼル)、エドゥアルド・プラデス(スペイン、モビスター)、エディ・ダンバー(アイルランド、チームスカイ)、サイモン・クラーク(オーストラリア、EFエデュケーションファーストプロサイクリング)、マウロ・フィネット(イタリア、デルコ・マルセイユプロヴァンス)の10名が先行。1級山岳通過後のアップダウンでフィネットは遅れ、9名がリオン湾を目指して下る高速ダウンヒルに突入する。

ガードレールの無い危険なダウンヒルで攻撃に出たのはピノ。しかし決定打には繋がらず、続いたカルメジャーヌも引き離すには至らない。3名を揃えるグルパマFDJのコントロールでフィニッシュラインが引かれたラ・シオタ市街地に到達すると、真っ先にトニー・ガロパン(フランス、アージェードゥーゼル)が先行する。しかし今季モビスターに移籍したばかりのエドゥアルド・プラデス(スペイン、モビスター)のスプリント力が上回った。

モビスターに移籍して早々勝利を挙げたエドゥアルド・プラデス(スペイン、モビスター)モビスターに移籍して早々勝利を挙げたエドゥアルド・プラデス(スペイン、モビスター) (c)Tour de La Provence
プラデスは緩い最終コーナーでインを取った勢いそのままに、ゴール直前でガロパンを刺しきり先着。2014年にマトリックス・パワータグに所属し、その後カハルーラル(2015〜2017)、エウスカディ・ムリアス(2018)とプロコンチームを渡り歩いた末にワールドツアー入りを叶えた31歳が、移籍後早々に勝利を挙げた。

「夢みたいだ。チームを移籍し、ワールドツアーに辿り着いてすぐに勝利できるなんてまさにアメージング。自信になるし、次からはチームに対して尽くしていきたいという気持ちになっている。難しいスプリントでライバルのゴルカもいたけれど、スプリント力では自分が有利だと思っていた。可能な限り最後までタイミングを待ち、背後から仕掛けた。全て上手くいったよ」とプラデスはコメントする。

総合リーダーに浮上したゴルカ・イサギレ(スペイン、アスタナ)総合リーダーに浮上したゴルカ・イサギレ(スペイン、アスタナ) (c)Tour de La Provence
また、ガンナが遅れたことで総合リーダージャージは現スペイン王者であるイサギレの元へと移動した。「最後の山岳ではただひたすら集団先頭をキープすることに注意していた。終盤には独走に持ち込みたかったけれど潰され、3位。それでもボーナスタイムを得ることができたし結果にはハッピーだよ」と語るイサギレは、残る2日間で総合リードを守ることを視野に据えている。
ツール・ド・ラ・プロヴァンス2019第2ステージ結果
1位エドゥアルド・プラデス(スペイン、モビスター)4h50'15"
2位トニー・ガロパン(フランス、アージェードゥーゼル)
3位ゴルカ・イサギレ(スペイン、アスタナ)
4位サイモン・クラーク(オーストラリア、EFエデュケーションファーストプロサイクリング)
5位エディ・ダンバー(アイルランド、チームスカイ)
6位リリアン・カルメジャーヌ(フランス、ディレクトエネルジー)
7位ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)
8位ダヴィ・ゴデュ(フランス、グルパマFDJ)
9位ルディ・モラール(フランス、グルパマFDJ)
10位フィリップ・ジルベール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)+16"
個人総合成績
1位ゴルカ・イサギレ(スペイン、アスタナ)5h00'45"
2位ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)+02"
3位トニー・ガロパン(フランス、アージェードゥーゼル)+06"
4位ルディ・モラール(フランス、グルパマFDJ)+10"
5位サイモン・クラーク(オーストラリア、EFエデュケーションファーストプロサイクリング)+11"
6位ダヴィ・ゴデュ(フランス、グルパマFDJ)+15"
7位エディ・ダンバー(アイルランド、チームスカイ)
8位エドゥアルド・プラデス(スペイン、モビスター)+21"
9位セバスティアン・ライヒェンバッハ+26"
10位ジミー・ヤンセンス(ベルギー、コレンドン・サーカス)
山岳賞
1位リリアン・カルメジャーヌ(フランス、ディレクトエネルジー)10pts
2位クリース・デボント(ベルギー、コレンドン・サーカス)10pts
3位ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)6pts
ポイント賞
1位エドゥアルド・プラデス(スペイン、モビスター)15pts
2位トニー・ガロパン(フランス、アージェードゥーゼル)12pts
3位フィリッポ・ガンナ(イタリア、チームスカイ)10pts
ヤングライダー賞
1位ダヴィ・ゴデュ(フランス、グルパマFDJ)5h02'00"
2位エディ・ダンバー(アイルランド、チームスカイ)
3位フィリッポ・ガンナ(イタリア、チームスカイ)+47"
チーム総合成績
1位グルパマFDJ15h02'10"
2位モビスター+1'38"
3位ドゥクーニンク・クイックステップ+2'02"
text:So.Isobe
Amazon.co.jp 
の画像 Cannondale(キャノンデール) ナイロン スピード C ケージ BKW CP5158U13OS
カテゴリー: Sports
メーカー: Cannondale(キャノンデール)
参考価格: ¥ 1,620
最安価格: ¥ 9,999
の画像 Cannondale(キャノンデール) ナイロン スピード C ケージ GRB CP5158U31OS
カテゴリー: Sports
メーカー: Cannondale(キャノンデール)
参考価格: ¥ 1,620
の画像 Cannondale(キャノンデール) 15ファンクション マルチツール (チェーンカッター付) CU4124OS01 ブラック
カテゴリー: Sports
メーカー: Cannondale(キャノンデール)
参考価格: ¥ 3,780
最安価格: ¥ 3,780
アマゾン価格: ¥ 3,780