フェルトが2019シーズンも弱虫ペダルサイクリングチームに機材供給を行う。国内トップカテゴリーで大躍進を遂げた同チームは、今年からディスクロードであるFR Discをメインバイクに選択する。以下、プレスリリースより紹介しよう。


Felt 2019年も「弱虫ペダルサイクリングチーム」をサポート
ロードバイクに FR Disc を新たに提供、Jプロツアー参戦2年目の飛躍を目指す


フェルトが今年も弱虫ペダルサイクリングチームをサポートフェルトが今年も弱虫ペダルサイクリングチームをサポート (c)ライトウェイプロダクツジャパン
設計・素材・技巧で極める最先端のライディングを目指すスポーツバイクブランド「Felt Bicycles(以下、フェルト)」の日本での販売元を務めるライトウェイプロダクツジャパンは、2019年シーズンも「弱虫ペダルサイクリングチーム」をサポートすることを発表いたします。

2019年2月10日、国内シクロクロスのシリーズ戦「JCXシリーズ」最終戦「前橋シクロクロス」にて、2019年ロードレースチームの体制発表が行われました。冒頭で、同チームの監督を務める『弱虫ペダル』作者の渡辺航氏は次のように語りました。「『弱虫ペダルサイクリングチーム』は、若手中心で構成された育成チームです。ここから選手が成長して、日本のロードレースがさらに盛り上がることを、チームは目指します。」

監督を務める『弱虫ペダル』作者の渡辺航氏監督を務める『弱虫ペダル』作者の渡辺航氏 (c)ライトウェイプロダクツジャパンメインバイクはディスクブレーキモデルのFR DiscだメインバイクはディスクブレーキモデルのFR Discだ (c)ライトウェイプロダクツジャパン


2018年シーズン、弱虫ペダルサイクリングチームは国内トップカテゴリーのJプロツアーへの参戦を開始しました。序盤こそハイレベルなJプロツアーに苦戦しましたが、尻上がりに各選手が成長を見せ、最終的にはJプロツアーのTOP-Pと認定されるチーム総合9位でシーズンを終えました。さらに「織田 聖(おだ ひじり)」選手が、U23の個人総合優勝を飾り、ピュアホワイトジャージを獲得。女子のJフェミニンツアーで2年連続総合チャンピオンの「唐見 実世子」選手は、参戦16戦中15勝の圧倒的な力で、3年連続のシスターローズジャージを獲得しています。

2019年シーズンも引き続き、JプロツアーとJフェミニンツアーに参戦します。今シーズン、チームが使用するロードバイクは「FR Disc」、TTバイクには「DA」を使用します。昨年まではロードバイクにリムブレーキモデルを使用していましたが、国内レースでディスクブレーキが解禁されたことで、ディスクブレーキを選択しました。

佐藤成彦GMは次のように語ります。「ディスクブレーキはコントロール性に優れるため、ブレーキングのタイミングをギリギリまで遅らせることができ、レースにおいてアドバンテージがあります。悪天候時の制動性能の安定性も期待されるところです。」

弱虫ペダルサイクリングチーム 2019シーズンメンバー弱虫ペダルサイクリングチーム 2019シーズンメンバー (c)ライトウェイプロダクツジャパン
チーム各選手の詳細は次の通りです(写真左から)。

織田聖(おだひじり)
昨年はシーズン後半にJプロツアーでのシングルリザルトを連発。総合新人賞のピュアホワイトジャージを獲得しました。今年は、フランスのアマチュアチーム「EC14」(DN3カテゴリー)をメインに走ります。国内のレースでは弱虫ペダルサイクリングチームのジャージで走ります。ヨーロッパで、活動のメインに据えるシクロクロスでの走力アップを図ります。

江越海玖也(えごしみくや)
江越選手はチーム最年少の1999年生まれ。シクロクロス全日本選手権U23では2位となりました。江越選手の昨年以上の成長に期待です。

村田雄耶(むらたゆうや)
群馬グリフィンから新加入。1997年生まれの22歳で、2019シーズンはU23のラストイヤーです。Jプロツアーではピュアホワイトジャージ獲得、全日本選手権ではU23優勝を目指します。

岩崎 晶雲(いわさきしょううん)
2017年のJエリートツアー王者の岩崎選手は、今年でチーム2年目。非常に誠実で優しい人柄が印象的です。Jプロツアー参戦も2年目となり、さらなる活躍が期待されます。

渡辺航先生(監督)

前田公平(まえだこうへい)
ついにシクロクロス全日本チャンピオンとなった前田選手。東京オリンピックを見据えて、MTBをメインに活動します。ロードレースへの参戦は昨年より少なくなる予定です。

長塚寿生(ながつかとしき)
新しくロードレースチームのキャプテンとなったのが長塚選手です。所属3年目を迎え、安定した走りが強みです。この冬は、新城幸也選手のタイ合宿にも参加して、今シーズンの走りが期待されます。

唐見実世子(からみみよこ)
Jフェミニンツアー絶対王者の唐見選手も東京オリンピックのロードレース出場を目指し、ナショナルチームでの活動がメインとなります。日本の女子ロードレースのレジェンドでもある唐見選手は、今年で45歳。東京2020まで走り抜けます。

供給バイク FR Disc シリーズ
https://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/frdisc/