クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)やナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)ら豪華メンバー出場のツアー・コロンビア2.1が開幕。初日のチームタイムトライアルで地元のスター、リゴベルト・ウラン(EFエデュケーションファーストプロサイクリング)がリーダージャージに袖を通した。



チームプレゼンテーションでは4万人収容のスタジアムがファンによって埋め尽くされたチームプレゼンテーションでは4万人収容のスタジアムがファンによって埋め尽くされた (c)CorVos
大声援を受けて登場するリゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションファーストプロサイクリング)大声援を受けて登場するリゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションファーストプロサイクリング) (c)CorVos笑顔のリゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションファーストプロサイクリング)笑顔のリゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションファーストプロサイクリング) (c)CorVos


2月12日に開幕したツアー・コロンビア2.1は、コロンビアの首都ボゴタに続く第二の都市、メデジンを舞台に開催される6日間のステージレース。今年2回目の開催ながら、同国のロードレース人気を象徴するように6つのワールドツアーチームが参加し、トップクラスのコロンビア人選手を中心に多数の豪華メンバーが集結。開幕前夜に開催されたチームプレゼンテーションでは4万人収容のサッカースタジアムがファンで埋め尽くされた。

1週間前に閉幕したブエルタ・サンフアンから出場するチーム/選手も多く、オフシーズン明けのクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)や地元のスター、リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションファーストプロサイクリング)らがシーズンイン。ナイロ・キンタナ(モビスター)やエガン・ベルナル(チームスカイ)、アルバロホセ・ホッジ(ドゥクーニンク・クイックステップ)、フェルナンド・ガビリア(UAEチームエミレーツ)、サンフアンで総合優勝を挙げたウィネル・アナコナ(モビスター)、ミゲルアンヘル・ロペス(アスタナ)、セバスティアン・エナオ(チームスカイ)と従兄弟のセルジオ・エナオ(UAEチームエミレーツ)などコロンビアを代表する選手たちが参戦中だ。

クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)とエガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)とエガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ) (c)CorVosサンフアンからの連戦に挑むナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)サンフアンからの連戦に挑むナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター) (c)CorVos


他にもジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)やボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、ドゥクーニンク・クイックステップ)といったメンバーが揃い、中でもチームスカイはベルナル、フルーム、エナオ、ヨナタン・カストロビエホ(スペイン)、ジョナタン・ナルバエス(エクアドル)、イバン・ソーサ(コロンビア)とグランツールメンバーをラインアップ。また、NIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネからは好調の中根英登と伊藤雅和がエントリーしている。

中心地メデジンの標高は海抜1550m。高地でのレースが続き、クイーンステージの第6ステージには標高2435mの1級山岳に上り詰める。そんな6日間レースの開幕を告げる、14kmのチームタイムトライアルで首位発進したのはウラン率いるEFエデュケーションファーストプロサイクリングだった。

メデジンを舞台にした14kmのチームタイムトライアルメデジンを舞台にした14kmのチームタイムトライアル (c)CorVos
トップタイムで優勝したEFエデュケーションファーストプロサイクリングトップタイムで優勝したEFエデュケーションファーストプロサイクリング (c)CorVos8秒差2位、ドゥクーニンク・クイックステップ8秒差2位、ドゥクーニンク・クイックステップ (c)CorVos

10秒差の3位に入ったチームスカイ10秒差の3位に入ったチームスカイ (c)CorVos22秒差4位 アスタナ22秒差4位 アスタナ (c)CorVos


ギャラリーの大声援に押され、途中に400m/平均勾配3.5%の丘(4級山岳)が用意されたコースを平均スピード55.691km/hで走りきったEFエデュケーションファーストプロサイクリングは、ドゥクーニンク・クイックステップを8秒、チームスカイを10秒抑えて勝利。先頭でフィニッシュしたウランが総合リーダージャージを受け取った。

「もちろん勝利は嬉しいし、僕のホーム開催だからなおさらだ。これ以上はなにも望めないよ。コロンビアのサイクリングブームは物凄く大きくて、ファンたちの前でチームTTを勝てたことはこれからの大きなモチベーションになる」。コロンビアでウェアブランドとショップを手がけ、自身の名を冠したライドイベントに数千人を集めるウランはそう語っている。

ステージ表彰を受けるEFエデュケーションファーストプロサイクリングステージ表彰を受けるEFエデュケーションファーストプロサイクリング (c)CorVos
リーダージャージを受け取ったリゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションファーストプロサイクリング)リーダージャージを受け取ったリゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションファーストプロサイクリング) (c)CorVos
ツアー・コロンビア2.1 2019第1ステージ結果
1位EFエデュケーションファーストプロサイクリング15'05"55.691km/h
2位ドゥクーニンク・クイックステップ+08"55.203km/h
3位チームスカイ+10"55.082km/h
4位アスタナ+22"54.369km/h
5位UAEチームエミレーツ+35"53.617km/h
6位メデリン+40"53.333km/h
7位モビスター+44"53.109km/h
8位EPM+52"52.665km/h
9位コルデポルタス・ビチクレタ・ストロングマン+53"52.610km/h
10位マンサナポストボン+54"52.555km/h
11位NIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネ+1'01"52.174km/h
個人総合成績
1位リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションファーストプロサイクリング)15705"
2位ダニエル・マルティネス(コロンビア、EFエデュケーションファーストプロサイクリング)
3位ローソン・クラドック(アメリカ、EFエデュケーションファーストプロサイクリング)
4位テイラー・フィニー(アメリカ、EFエデュケーションファーストプロサイクリング)
5位ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、ドゥクーニンク・クイックステップ)+08"
6位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)
7位マキシミリアーノ・リケーゼ(アルゼンチン、ドゥクーニンク・クイックステップ)
8位アルバロホセ・ホッジ(コロンビア、ドゥクーニンク・クイックステップ)
9位ジョナタン・ナルバエス(エクアドル、チームスカイ)+09"
10位イバン・ソーサ(コロンビア、チームスカイ)
text:So.Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 [ニューバランス] ランニングシューズ HANZO R V2(現行モデル) メンズ
カテゴリー: Shoes
メーカー: New Balance Japan,Inc. =New Balance=
の画像 [ニューバランス] ランニングシューズ HANZO S V2(現行モデル) メンズ
カテゴリー: Shoes
メーカー: New Balance Japan,Inc. =New Balance=