5日間日程で開催されたスペインのステージレース、ボルタ・ア・ラ・コムニタ・バレンシアナ(UCI2.1)をダイジェストレポート。個人TTと山岳ステージで手堅く上位に入ったヨン・イサギレ(スペイン、アスタナ)が総合優勝を飾った。



シーズン初戦に望んだゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)シーズン初戦に望んだゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ) (c)CorVosディレクトエネルジーに移籍したニキ・テルプストラ(オランダ)ディレクトエネルジーに移籍したニキ・テルプストラ(オランダ) (c)CorVos

第1ステージ エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)がトップタイムで優勝第1ステージ エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)がトップタイムで優勝 (c)CorVos第1ステージ エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)がリーダージャージを獲得第1ステージ エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)がリーダージャージを獲得 (c)CorVos


2月6日から10日まで開催されたボルタ・ア・ラ・コムニタ・バレンシアナ(UCI2.1)は、チャレンジマヨルカに続きスペインで開催される5日間のステージレース。個人TTや平坦ステージ、山岳ステージがバランス良く組み込まれるため、11のワールドチームやNIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネ(初山翔出場)など多くのプロコンチネンタルチームが顔を揃えた。

ツール・ド・フランス覇者のゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)がシーズンインを迎えたほか、世界王者アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)も出場する今大会、最後に距離700m/平均勾配8.2%の登りが待ち受けるオープニングTTを制したのはエドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)だった。

第2ステージ マッテオ・トレンティン(イタリア、ミッチェルトン・スコット)が集団スプリントで先着第2ステージ マッテオ・トレンティン(イタリア、ミッチェルトン・スコット)が集団スプリントで先着 (c)CorVos
第3ステージ グレッグ・ファンアーフェルマート(ベルギー、CCCチーム)が登りスプリントを制す第3ステージ グレッグ・ファンアーフェルマート(ベルギー、CCCチーム)が登りスプリントを制す (c)CorVos
続く第2ステージの集団スプリントではゴール前のテクニカルコーナー区間で早掛けした欧州王者マッテオ・トレンティン(イタリア、ミッチェルトン・スコット)が先着し、翌日の登坂ゴールでは春のクラシックに照準を合わせるリオ五輪金メダリスト、グレッグ・ファンアーフェルマート(ベルギー、CCCチーム)が勝利。ここまでボアッソンハーゲンはタイム差ゼロの集団内フィニッシュとなり、総合首位のまま1級、2級、2級と3つの山岳が組み込まれたクイーンステージを迎えた。

このクイーンステージで主導権を握ったのはモビスターとアスタナ。フィニッシュに向かう最終山岳ではモビスターが組織的なペースアップを行い、上りの序盤でアタックしたメルハウィ・クドゥス(エリトリア、アスタナ)をキャッチ。アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)らのペースアップによってボアッソンハーゲンが脱落し、総合優勝争いはより一層活性化した。

第4ステージ 最終山岳で積極的にペースアップを行うアダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)第4ステージ 最終山岳で積極的にペースアップを行うアダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット) (c)CorVos
第4ステージ アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)がクイーンステージで勝利第4ステージ アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)がクイーンステージで勝利 (c)CorVos
最終盤に入るとイェーツが先行し、追い上げるバルベルデを引き離して先着。苦しみながらも2秒差のステージ4位に入ったヨン・イサギレ(スペイン、アスタナ)が総合リーダージャージを獲得することとなった。

そして迎えた最終ステージでは2勝目を狙うトレンティンとアレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)との三つ巴勝負でディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)がわずかに先着。危なげなく走りきったイサギレが、バーレーン・メリダからアスタナへ移籍して早々、2016年のツール・ド・フランス第20ステージ以来久々の勝利を収めた。

第5ステージ 接近戦のスプリントでディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)が勝利第5ステージ 接近戦のスプリントでディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)が勝利 (c)CorVos
個人総合優勝を達成したヨン・イサギレ(スペイン、アスタナ)。総合トップスリーをスペイン勢が独占した個人総合優勝を達成したヨン・イサギレ(スペイン、アスタナ)。総合トップスリーをスペイン勢が独占した (c)CorVos
「信じられないくらい嬉しいけれど、僕だけじゃなくチーム一丸となっての成功だ。レースを通して上手く連携が取れたし、重要な局面で大きなサポートを得ることができた。3位には(ペリョ)ビルバオが入ったことも含めて言うことがない。今年は勝利を目指していたけれど、この時期にもう獲得してしまった。アスタナジャージで表彰台に立てたことが誇らしいよ」とイサギレは語っている。

2月6日(火)第1ステージ オリウエラ〜オリウエラ 10.3km
1位エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)12'55"
2位ヨン・イサギーレ(スペイン、アスタナ)+05"
3位トニ・マルティン(ドイツ、ユンボ・ヴィズマ)+07"
4位ディラン・トゥーンス(ベルギー、バーレーン・メリダ)+08"
5位ヨス・ファンエムデン(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)+10"
2月7日(水)第2ステージ アリカンテ〜アリカンテ 166km
1位マッテオ・トレンティン(イタリア、ミッチェルトン・スコット)4h10'12"
2位ナセル・ブアニ(フランス、コフィディス・ソルシオンクレディ)
3位ベン・スウィフト(イギリス、チームスカイ)
4位ソンニ・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ)
5位アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)
2月8日(木)第3ステージ クアルト・デ・ポブレット〜チェラ 191km
1位グレッグ・ファンアーフェルマート(ベルギー、CCCチーム)5h00'16"
2位マッテオ・トレンティン(イタリア、ミッチェルトン・スコット)
3位ルイスレオン・サンチェス(スペイン、アスタナ)
4位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)
5位マイク・テウニッセン(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)
2月9日(金)第4ステージ ヴィラ・レアル〜アルカラ・アルコセブレ 188km
1位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)4h54'57"
2位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)
3位ペリョ・ビルバオ(スペイン、アスタナ)+02"
4位ヨン・イサギーレ(スペイン、アスタナ)
5位ダン・マーティン(アイルランド、UAEチームエミレーツ)+04"
2月10日(土)第5ステージ パテルナ〜ヴァレンシア 88.5km
1位ディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)1h50'17"
2位アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)
3位マッテオ・トレンティン(イタリア、ミッチェルトン・スコット)
4位ルカ・メズゲッツ(スロベニア、ミッチェルトン・スコット)
5位ナセル・ブアニ(フランス。コフィディス・ソルシオンクレディ)
個人総合成績
1位ヨン・イサギーレ(スペイン、アスタナ)16h08'44"
2位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)+07"
3位ペリョ・ビルバオ(スペイン、アスタナ)
4位ダン・マーティン(アイルランド、UAEチームエミレーツ)+16"
5位ディラン・トゥーンス(ベルギー、バーレーン・メリダ)+18"
text:So.Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 My World
カテゴリー: Book
著者: Peter Sagan
出版社: Yellow Jersey
参考価格: ¥ 3,076
最安価格: ¥ 2,182
アマゾン価格: ¥ 2,574