ジロ・デ・イタリアの主催者RCSスポルトが2019年大会のワイルドカード枠(招待枠)獲得チームを発表した。日本人選手を擁するNIPPOヴィーニファンティーニの他、アンドローニジョカトリ・シデルメク、バルディアーニCSF、イスラエルサイクリングアカデミーの出場が決まった。


NIPPOヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニNIPPOヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ photo:Makoto AYANO
ジロに出場するのは、18あるUCIワールドチームに加えて、主催者が選出した4つのUCIプロコンチネンタルチーム。イタリアのNIPPOヴィーニファンティーニとアンドローニジョカトリ・シデルメク、バルディアーニCSFに加えて、イスラエルのイスラエルサイクリングアカデミーが出場権を射止めた。その一方で2011年から毎年ジロに出場していたネーリソットリ・セッレイタリア(前ウィリエール・トリエスティーナ)はジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア)やダイエル・キンタナ(コロンビア)の補強も実らず、出場権を逃している。

なお、2020年以降はUCIルール改訂によりグランツールのワイルドカードの選出方法に変更が加えられるため、主催者が独自の判断でワイルドカードを選出するのは2019年が最後となる。2020年以降、主催者は前年度のUCIワールドランキングにおけるUCIプロコンチネンタルチーム(名称はUCIプロチームに変更)上位2チームを招待しなければならず、残る2枠を主催者独自の選出とする。仮に上位2チームが拒否した場合は主催者による選出枠が増える仕組みだ。

NIPPOヴィーニファンティーニは2015年と2016年に続く3年ぶり3度目のジロ出場。過去2回の出場の際には、石橋学と山本元喜がそれぞれメンバー入りしている。また、同チームは3月9日のストラーデビアンケにも出場することが決まったが、ティレーノ〜アドリアティコとミラノ〜サンレモの出場権は逃している。

アンドローニジョカトリ・シデルメクアンドローニジョカトリ・シデルメク photo:Kei TsujiバルディアーニCSFバルディアーニCSF photo:Kei Tsuji
出走サイン台で声援を受けるイスラエルサイクリングアカデミー出走サイン台で声援を受けるイスラエルサイクリングアカデミー photo:Kei Tsuji

text:Kei Tsuji
Amazon.co.jp 
の画像 僕のジロ・デ・イタリア
カテゴリー: Book
メーカー: 東京書籍
参考価格: ¥1,760
最安価格: ¥1,760
アマゾン価格: ¥1,760
の画像 パンターニ 海賊と呼ばれたサイクリスト(字幕版)
カテゴリー: Movie
最安価格: ¥ 432
アマゾン価格: ¥ 432
の画像 ツール・ド・フランス2018 スペシャルBOX(Blu-ray2枚組)
カテゴリー: DVD
メーカー: 東宝
参考価格: ¥ 9,900
最安価格: ¥ 7,645
アマゾン価格: ¥ 7,645