Jプロツアー第20戦「まえばしクリテリウム」が9月29日(土)群馬県前橋市で開催され、窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング )が優勝。事実上2018シーズンの総合優勝を決めた。また、9月30日(日)に予定されていた「群馬CSCオータムロードレース・高木秀彰メモリアル」は、台風接近のためEクラスタのみの開催となった。



群馬県庁前に咲き誇るサルビアの花群馬県庁前に咲き誇るサルビアの花 photo:Satoru KatoスタートするE1 後ろに見えるのは群馬県庁舎スタートするE1 後ろに見えるのは群馬県庁舎 photo:Satoru Kato

今年3回目の開催となるまえばしクリテリウムは、群馬県庁や前橋市役所などが立ち並ぶ前橋市中心部の公道に1周3.5kmの周回コースを設定して行われるレース。クランク状のコース両端をヘアピンの折り返しで往復するコースレイアウトで、高低差はない代わりにコース中間付近は道幅が狭くカーブが連続するテクニカルなセクションが含まれる。

ホセ・ビセンテ・トリビオと並走するフランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)ホセ・ビセンテ・トリビオと並走するフランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ) photo:Satoru Kato
このレースには、マトリックスパワータグからフランシスコ・マンセボが急遽スポット参戦。2005年のツール・ド・フランスで総合4位のスペイン人選手の出場は、サプライズ好きの安原監督の計いで当日までチームメンバーにも知らされていなかったと言う。今回と南魚沼での最終戦をトライアルとして走り、来年以降については未定とのことだが、国内レースの盛り上げ役を期待したいところだ。

朝方まで降っていた雨は一時止み、路面は乾いた状態になっていた。しかしJプロツアーがスタートする午後を前に再び雨が降り始め、水しぶきが立つほどの中でのレースとなった。

波乱のレースを窪木一茂が制して総合優勝を決める

スタートラインに揃った地元チームの群馬グリフィンスタートラインに揃った地元チームの群馬グリフィン photo:Satoru Katoレース序盤、優勝候補の3人が逃げるレース序盤、優勝候補の3人が逃げる photo:Satoru Kato

マトリックスパワータグからスポット参戦のフランシスコ・マンセボが集団を牽引マトリックスパワータグからスポット参戦のフランシスコ・マンセボが集団を牽引 photo:Satoru Kato
台風の接近による悪天候を考慮し、当初14周49kmの予定だったレースは、12周42kmに変更してスタートした。

1周目、入部正太朗(シマノレーシング)のアタックに窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)と小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)が反応し、3人の逃げ集団が形成される。優勝候補3人の逃げに対し、メイン集団はマトリックスパワータグがコントロール。25秒前後の差を維持して周回を重ねていく。

6周目、窪木と小野寺が集団に戻り、入部がそのまま逃げ続け、集団との差は15秒前後まで詰まる。

集団から15秒ほどの差を維持して逃げ続ける入部正太朗(シマノレーシング)集団から15秒ほどの差を維持して逃げ続ける入部正太朗(シマノレーシング) photo:Satoru Kato7周目に発生した落車によりレースが中断7周目に発生した落車によりレースが中断 photo:Satoru Kato


先頭が7周目を終えて8周目に入ったところで、集団後方で起きた落車のためレースが中断。その後、それまでのレースをキャンセルとし、改めて5周17.5kmのレースとしてスタートすることが決定された。

再スタート後、入部正太朗と木村圭佑(シマノレーシング)が逃げる再スタート後、入部正太朗と木村圭佑(シマノレーシング)が逃げる photo:Satoru Katoレース終盤、宇都宮ブリッツェンが集団コントロールを開始レース終盤、宇都宮ブリッツェンが集団コントロールを開始 photo:Satoru Kato

本来であれば一斉スタートとなるが、選手間の計らいにより中断前に逃げていた入部が先行してスタート。それを追って木村圭佑(シマノレーシング)が単独追走して入部に合流する。シマノレーシング2人の逃げは、集団に10秒前後の差をつけて最終周回まで続く。メイン集団ではマトリックスパワータグに代わって宇都宮ブリッツェンがコントロールを開始。残り1km付近で逃げる2人を吸収する。

一瞬の隙をついた窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)が優勝一瞬の隙をついた窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)が優勝 photo:Satoru Kato
今季5勝目を挙げた窪木一茂とチームブリヂストンサイクリングのメンバー・スタッフ今季5勝目を挙げた窪木一茂とチームブリヂストンサイクリングのメンバー・スタッフ photo:Satoru Katoフランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)は18位フランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)は18位 photo:Satoru Kato

集団でのスプリント勝負になるかと思われたが、最終コーナーを窪木が単独で立ち上がってくる。少し遅れて集団が現れるが、残り100mで窪木を追いきれない差がついていた。今年のツール・ド・フランス第7ステージで優勝したディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)を彷彿とさせるウィニングポーズでフィニッシュした窪木は、チームメイトやスタッフと共に今季5勝目を喜んだ。大久保陣が3位に入り、チームブリヂストンサイクリングは1-3フィニッシュを達成した。

「落車で掘(孝明)がリタイアしてしまって、病院に運ばれてしまったのは予想外でした。明日のレースが中止ということもあったので、尚のこと優勝せねばという気持ちでした。スプリントのために最終コーナー前に自分のペースで前に出たら後ろが離れていたので、これはオイシイと思いました。後ろで(小野寺)玲とマトリックスがやり合ってもみくちゃになっていたみたいなので、先に出ていて良かったです。」と、レースを振り返る窪木。

ルビーレッドジャージは窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング )、ピュアホワイトジャージは織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)ルビーレッドジャージは窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング )、ピュアホワイトジャージは織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム) photo:Satoru Kato最終戦の南魚沼はオムニアムの全日本選手権に出場するため欠場するが、この優勝で年間総合優勝を事実上決めた。「チームとしてはルビーレッドジャージを獲るよりも勝ち星を挙げることにこだわっていました。結果としてジャージを獲れて、スポンサーにもアピール出来たし、勝負に勝つことにこだわることが出来るようになってきたという自信がつきました。久々に1年を通してJプロツアーに参戦しましたが、外国人選手が増えてレベルも上がっているし、運営も良くなってきているのを感じます」と、語った。
JBCFまえばしクリテリウム 結果(17.5km)
1位窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング 22分51秒
2位小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)+1秒
3位大久保陣(チームブリヂストンサイクリング )
4位アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)
5位横山航太(シマノレーシング)
6位織田 聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)
スプリント賞
窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング )
入部正太朗(シマノレーシング)
木村圭佑(シマノレーシング)



第21戦群馬CSCオータムロードレースは中止

まえばしクリテリウムの翌日に群馬CSCで行われる予定だった「群馬CSCオータムロードレース」は、午前中に予定されていたE1、E2、E3のみ開催。午後から行われる予定だった女子のFクラスタとJプロツアーのレースは中止となった。Jプロツアーは昨年10月に急逝したフォトジャーナリストの故・高木秀彰氏のメモリアルレースとして開催される予定だったが、以降のレースで改めてメモリアルレースが開催される予定だ。

まえばしクリテリウムE1 武井 裕(アーティファクトレーシングチーム)が優勝まえばしクリテリウムE1 武井 裕(アーティファクトレーシングチーム)が優勝 photo:Satoru Kato群馬CSCオータムロードレースE1 紺野元汰(SBC Vertex Racing Team)が優勝群馬CSCオータムロードレースE1 紺野元汰(SBC Vertex Racing Team)が優勝 photo:Satoru Kato

E2優勝 井狩聖貴(BMレーシングZUNOW)E2優勝 井狩聖貴(BMレーシングZUNOW) photo:Satoru KatoE3優勝 ジョン・タイサム(MIVRO)E3優勝 ジョン・タイサム(MIVRO) photo:Satoru Kato
まえばしクリテリウム E1(17.5km)
1位武井 裕(アーティファクトレーシングチーム)24分6秒
2位藤田涼平(サイタマサイクルプロジェクト)+0秒
3位石橋利晃(湾岸サイクリングユナイテッド)
4位雑賀大輔(湾岸サイクリングユナイテッド)
5位畠山和也(ハヤサカサイクルレーシングチーム)
6位八幡光哉(FORCE)
群馬CSCオータムロードレース E1(60km)
1位紺野元汰(SBC Vertex Racing Team)1時間32分6秒
2位中里 仁(Rapha Cycling Club)+0秒
3位中川由人(SBC Vertex Racing Team)
4位日野竜嘉(ボンシャンス)
5位天春雄也(MAX SPEED 97)
6位山田壮太郎(Team SHIDO)
群馬オータムロードレース E2(42km)
1位井狩聖貴(BMレーシングZUNOW)1時間6分31秒
2位奥秋 篤(コムリン)+0秒
3位河村敦人(大福屋)
4位大谷航也(HAMMER!!BROS)
5位高橋史郎(サイタマサイクルプロジェクト)
6位飯島康友(Honda栃木 JET)
群馬オータムロードレース E3 (30km)
1位ジョン・タイサム(MIVRO)48分28秒
2位石下翔太(ブラウ・ブリッツェン)+0秒
3位栗原佑弥(グランディヴェルレーシングチーム)
4位町田龍士(パナソニックレーシング)
5位物井 邑(夏草サイクリングチーム)
6位大城 奨(フィッツ)
text&photo:Satoru Kato
Amazon.co.jp 
の画像 群馬 カフェ日和 すてきなCAFEさんぽ
カテゴリー: eBooks
メーカー: メイツ出版
の画像 あこがれの焼きまんじゅう~群馬、前橋にて
カテゴリー: Digital Music Track
メーカー: Scharaka Music
最安価格: ¥ 200
アマゾン価格: ¥ 200
の画像 上州名物 焼きまんじゅう3本入り×2パック
カテゴリー: Grocery
メーカー: 手作り田舎まんじゅう羽前屋
最安価格: ¥ 1,140
アマゾン価格: ¥ 1,140