ロンドン市内を駆けるツアー・オブ・ブリテン最終日にカレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)が待望の勝利。ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)は危なげなく総合首位を守りきった。



ロンドン中心部で開催された最終ステージ。各賞受賞選手が最前列に並ぶロンドン中心部で開催された最終ステージ。各賞受賞選手が最前列に並ぶ photo:www.tourofbritain.co.uk
8日間に渡り開催されたツアー・オブ・ブリテン(UCI2.HC)もいよいよフィナーレ。ロンドン市内を駆け抜ける1周5.5kmの特設サーキットコースを14周回、合計77kmの短距離平坦ステージでスプリンターが火花を散らした。

ビッグ・ベンやトラファルガー広場、王立博物館、サマセット・ハウスといったロンドンを象徴する観光地前を駆け巡るコースでは、イギリス王者のコナー・スウィフト(マディソン・ジェネシス)や、シルヴァン・シャヴァネル(フランス、ディレクトエネルジー)らお馴染みのアタッカーに加え、クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)も逃げにトライ。しかし短距離ステージとあって集団の追撃も止まらず、45kmを残して抜け出したヴァシル・キリエンカ(ベラルーシ、チームスカイ)がようやくこの日最初の逃げらしい逃げを決めた。

スタート直後からアタック合戦が頻発。イギリス王者のコナー・スウィフト(マディソン・ジェネシス)が先頭に立つスタート直後からアタック合戦が頻発。イギリス王者のコナー・スウィフト(マディソン・ジェネシス)が先頭に立つ photo:www.tourofbritain.co.uk集団を牽引するクイックステップフロアーズ集団を牽引するクイックステップフロアーズ photo:www.tourofbritain.co.uk

沿道には無数のファンが集まった沿道には無数のファンが集まった photo:www.tourofbritain.co.uk
TT巧者らしい一定ペースで逃げたキリエンカだったが、中間スプリントポイント賞を掛けたアレックス・ペイトン(イギリス、キャニオン・アイスベルグ)とマシュー・ホルムズ(イギリス、マディソン・ジェネシス)が集団を活性化させたことで吸収される。この時点で残りフィニッシュラインは残すところ10kmまで迫っており、抜け出しが生まれることなく集団一丸となってスプリントフィニッシュになだれ込んでいった。

クイックステップフロアーズやミッチェルトン・スコット、そしてボーナスタイム10秒を得て総合3位浮上を狙うパトリック・ベヴィン(ニュージーランド、BMCレーシング)らが先頭を固めて残り1.5km。先頭牽きから飛び出す形となったボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、クイックステップフロアーズ)は吸収され、ベヴィンの発射台を務めるジャンピエール・ドリュケール(ルクセンブルク、BMCレーシング)先頭で最終コーナーをクリアした。

チームスカイ先頭でロンドンの目抜き通りを駆け抜けるチームスカイ先頭でロンドンの目抜き通りを駆け抜ける photo:www.tourofbritain.co.uk
待望のスプリント勝利を挙げたカレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)待望のスプリント勝利を挙げたカレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット) photo:www.tourofbritain.co.uk
しかしドリュケールの後ろにベヴィンはおらず、理想的なラインを突っ切ったカレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)がスプリントを開始。フェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)とアンドレ・グライペル(ベルギー、ロット・スーダル)は距離を空け、追撃したものの届かない。ここまで2位を重ねてきた”ポケットロケット”が待望の勝利を飾った。

フィニッシュライン上で顔を覆い、喜びを爆発させたユアンは「今季は正直上手くいかず、どうしても勝ちが欲しかった。モチベーションは高かったし、長い距離をもがききるだけの脚が今日の僕にはあった。混戦の中最高のポジションに導いてくれたチームには感謝しなければいけない。終盤はリードアウト役の選手も少なく、ドリュケールの番手について最高のラインを選ぶことができた。今回の勝利の意味は大きく、今後の僕の自信になってくれるはずだよ」と語っている。

キャリア2度目のステージレース総合優勝を飾ったジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)キャリア2度目のステージレース総合優勝を飾ったジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ) photo:www.tourofbritain.co.uk
各賞受賞選手やチームがステージ上に勢揃い各賞受賞選手やチームがステージ上に勢揃い photo:www.tourofbritain.co.uk
また、危なげなく走りきったジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)は総合優勝を達成。ステージレースにおけるアラフィリップの総合奪取は2016年のツアー・オブ・カリフォルニア以来キャリア2度目の出来事だ。

「レースに勝つのはいつだって最高。特に総合優勝はなおさらだ。今季は素晴らしいシーズンを過ごせていて、さらに今回勝てたのは最高に嬉しいよ。ツールの後はサンセバスティアンとクリテリウム数戦しか走っていないのに身体のパフォーマンスが良くて自分でも驚いているよ。この後のツール・ド・スロバキアと世界選手権、そしてロンバルディアに向けて良い自信になる」とアラフィリップは語っている。

ステージ結果
1位カレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)1h38'33"
2位フェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)
3位アンドレ・グライペル(ベルギー、ロット・スーダル)
4位アンドレア・パスクァロン(イタリア、ワンティ・グループゴベール)
5位エイサン・ハイター(イギリス、イギリスナショナルチーム)
6位ディオン・スミス(ニュージーランド、ワンティ・グループゴベール)
7位ジャンピエール・ドリュケール(ルクセンブルク、BMCレーシング)
8位ニルス・エークホフ(オランダ、サンウェブ)
9位パオロ・シモン(イタリア、バルディアーニCSF)
10位パトリック・ベヴィン(ニュージーランド、BMCレーシング)
個人総合成績
1位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)26h25'58"
2位ワウト・プールス(オランダ、チームスカイ)+17"
3位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)+33"
4位パトリック・ベヴィン(ニュージーランド、BMC レーシング)+42"
5位ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、クイックステップフロアーズ)+51"
6位ヤシャ・ズッタリン(ドイツ、モビスター)+58"
7位ニールソン・ポーレス(アメリカ、ロットNLユンボ)+1'10"
8位ドミトリ・ストラコフ(ロシア、カチューシャ・アルペシン)+1'21"
9位クリス・ハミルトン(オーストラリア、サンウェブ)+1'28"
10位パスカル・エーンクホーン(オランダ、ロットNLユンボ)+1'34"
ポイント賞
1位パトリック・ベヴィン(ニュージーランド、BMC レーシング)67pts
2位エイサン・ハイター(イギリス、イギリスナショナルチーム)46pts
3位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)44pts
山岳賞
1位ニコラス・ドラミニ(南アフリカ、ディメンションデータ)49pts
2位マシュー・ホームズ(イギリス、マディソン・ジェネシス)43pts
3位コナー・スイフト(イギリス、マディソン・ジェネシス)39pts
チーム総合成績
1位ロットNLユンボ78h42'01"
2位モビスター+05"
3位クイックステップフロアーズ+4'10"
text:So.Isobe
photo:www.tourofbritain.co.uk
Amazon.co.jp 
の画像 おしゃれ ユニオンジャック デザイン バスタオル 国旗 コットン タオル 140×70cm
カテゴリー: Home
メーカー: neustadt
最安価格: ¥ 3,132
の画像 ロンドンでしたい100のこと 大好きな街を暮らすように楽しむ旅
カテゴリー: Book
著者: あぶそる~とロンドン, 江國まゆ, ネモ・ロバーツ
出版社: 自由国民社
最安価格: ¥ 1,944
アマゾン価格: ¥ 1,944
の画像 A03 地球の歩き方 ロンドン 2018~2019
カテゴリー: Book
出版社: ダイヤモンド・ビッグ社
最安価格: ¥ 1,728
アマゾン価格: ¥ 1,728