断続的なアップダウンが組み込まれた大会最長207.8kmコースで行われたブエルタ・ア・エスパーニャ第11ステージ。強力な逃げグループの中から抜け出したアレッサンドロ・デマルキ(イタリア、BMCレーシング)が独走で自身通算ステージ3勝目を飾った。


天候が安定しないガリシア州に向かう天候が安定しないガリシア州に向かう photo:CorVos
ブエルタ・ア・エスパーニャ2018第11ステージブエルタ・ア・エスパーニャ2018第11ステージ photo:Unipublicブエルタ・ア・エスパーニャ2018第11ステージブエルタ・ア・エスパーニャ2018第11ステージ photo:Unipublic

ジロ・デ・イタリアとツール・ド・フランスと比べると、ステージ全長が平均的に短いのが特徴のブエルタ・ア・エスパーニャ。207.8kmで行われる第11ステージが2018年大会の最長ステージ。登りと下りしかないようなレイアウトで、カスティーリャ・イ・レオン州からガリシア州に向かう行程には2級山岳トリベス峠(全長10.5km/平均4.6%)を含む合計4つのカテゴリー山岳が設定されている。

シル川に沿った急峻な渓谷『リベイラサクラ』を走るステージ終盤は2016年大会第6ステージと共通。ワインの産地として知られる崖に沿ったコースはアップダウンの連続で、断続的にワインディングが続く。「今大会最も厳しいステージかもしれない」と選手が声を揃える獲得標高差3,700mのアップダウンコースは高速な展開で幕開けた。

すでに総合で大きく遅れているヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)や『逃げ屋』トーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)らが逃げに挑んでは引き戻され、再びアタック。バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)やラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)、リチャル・カラパス(エクアドル、モビスター)、さらにはミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)までもが逃げに乗ろうとメイン集団を飛び出したが、断続的なアタックはいずれも失敗に終わる。

最初の2時間の平均スピードが48km/hを超えるハイペースによって、前半からメイン集団から脱落する選手が続出した。中切れによって一時的に遅れたミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)は長時間の追走の末にメイン集団に戻ったが、ステージ優勝者ナセル・ブアニ(フランス、コフィディス)やアレクシ・グジャール(フランス、アージェードゥーゼール)、ゲオルク・プライドラー(オーストリア、グルパマFDJ)がレースを去っている。

ようやく逃げグループが形成されたのはレース開始から100km以上走ってから。総合16位/2分33秒遅れのティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)やティシュ・ベノート(ベルギー、ロット・スーダル)、ニコラス・ロッシュ(アイルランド、BMCレーシング)、ピエール・ロラン(フランス、EFエデュケーションファースト・ドラパック)といった強力な面子を含む16チーム19名の選手たちが徐々にメイン集団を引き離し始めた。

レオ・ヴァンサン(フランス、グルパマFDJ)の献身的な引きによって逃げグループのリードが4分台に乗ったため、暫定的なマイヨロホはピノに移行する。メイン集団の牽引を担ったのはマイヨロホ擁するミッチェルトン・スコットではなくモビスター。ウィネル・アナコナ(コロンビア、モビスター)を逃げに乗せながらも、スペインチームが少しずつ逃げグループとの間合いを詰めた。

レース序盤にアタックするヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)レース序盤にアタックするヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ) photo:CorVos
メイン集団のコントロールを担ったモビスターメイン集団のコントロールを担ったモビスター photo:CorVos
集団内で走るポイント賞ジャージのペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)集団内で走るポイント賞ジャージのペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ) photo:CorVos
逃げグループ内で積極的に動くバウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)逃げグループ内で積極的に動くバウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード) photo:CorVos
139km地点の2級山岳トリベス峠をモレマ先頭で通過した逃げグループからは、総合成績を視野に少しでも先行したいピノがアタックし、ディラン・トゥーンス(ベルギー、BMCレーシング)がこの動きに反応する。ピノが引き戻されると今度はモレマがカウンター。しばらく独走したモレマにはピノやマイカら11名が追いついた。

逃げグループに常時3名のメンバー(トゥーンス、ロッシュ、デマルキ)を残したBMCレーシングはその後も数の利を生かしたレースを展開した。最後の3級山岳ミラドル・デ・カベソアスでアタックしたヨナタン・レストレポ(コロンビア、カチューシャ・アルペシン)にロッシュが反応し、後方のカウンターアタックに乗じたアレッサンドロ・デマルキ(イタリア、BMCレーシング)が単独で先頭レストレポ&ロッシュにジョイン。登りでハイペースを刻んだデマルキが独走に持ち込んだ。

下り区間でレストレポが追いついたため先頭は2人。追走グループに1分、モビスターが牽引するメイン集団に3分のリードを保ったまま残り10kmを駆け抜ける。降り始めた強い雨に打たれながら、残り5kmから始まった高低差80mほどの登りでデマルキが再びレストレポをふるい落とした。

雨に濡れたテクニカルなコーナーを抜け、デマルキがジャージのジッパーを閉める余裕を持って独走フィニッシュ。28秒遅れでレストレポが入り、最終的に11名がメイン集団から逃げ切ることに成功している。

メイン集団では、デマルキがレストレポを引き離した最後の登りでEFエデュケーションファースト・ドラパックがペースアップ。マイケル・ウッズ(カナダ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)がアタックを仕掛けたものの決定的なリードは奪えず、ファビオ・アル(イタリア、UAEチームエミレーツ)を除く総合上位陣が競り合いながらフィニッシュへ。メイン集団はデマルキから2分02秒遅れでフィニッシュした。

アタックするティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)とディラン・トゥーンス(ベルギー、BMCレーシング)アタックするティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)とディラン・トゥーンス(ベルギー、BMCレーシング) photo:CorVos
終盤の登りでメイン集団のペースを上げるEFエデュケーションファースト・ドラパック終盤の登りでメイン集団のペースを上げるEFエデュケーションファースト・ドラパック photo:CorVos
独走で逃げ切ったアレッサンドロ・デマルキ(イタリア、BMCレーシング)独走で逃げ切ったアレッサンドロ・デマルキ(イタリア、BMCレーシング) photo:CorVos
メイン集団の先頭でフィニッシュするアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)メイン集団の先頭でフィニッシュするアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター) photo:CorVos
「今日は序盤からずっとアタックの応酬で、決定的に見える動きばかりだった。1秒も気が抜けないような展開。でもその度に先頭は一つに戻って、諦めずに自分も勝負しようと決めたんだ。逃げグループの中にディラン(トゥーンス)とニコ(ロッシュ)の2人が入っていたことも大きかった。自分が先行している時も彼らが後ろでチェックしてくれていると自信を持っていた」。今シーズン限りでチーム名が消えるBMCレーシングに今大会2勝目をもたらしたデマルキは語る。デマルキにとってこれがキャリア4勝目。そのうち3勝がブエルタのステージ優勝だ(2014年、2015年、2018年)。

「もし(レストレポとの)スプリント勝負に持ち込まれていれば間違いなく2位だった。だから最後の登りを全開で走って彼を千切るしか方法はなかった。正直言うと絶好調とは言えない状態だけど、頭を使って勝ったんだ。5時間におよぶファイト。運が味方したことも大きいけど、とにかく今まで手にした勝利の中で最もハードなものだった」とデマルキはタフな1日を振り返る。レストレポを引き離した際、デマルキは3分30秒にわたって平均400Wを出力している(体重65kg)。ステージ全体(4時間52分)の平均出力は285W。平均心拍は146bpm、最大心拍は176bpmだった。

結果的にピノはメイン集団のライバルたちから13秒(タイム差12秒+ボーナスタイム1秒)しか稼ぐことができず、総合順位は16位のまま変動はなし。ライバルたちから8秒を失って総合4位から6位に順位を落としたエマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)を除いて総合トップ10の情勢に変動は起こらず、サイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)がアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)から1秒差でマイヨロホを守っている。

ステージ通算3勝目を飾ったアレッサンドロ・デマルキ(イタリア、BMCレーシング)ステージ通算3勝目を飾ったアレッサンドロ・デマルキ(イタリア、BMCレーシング) photo:CorVos

ブエルタ・ア・エスパーニャ2018第11ステージ
1位アレッサンドロ・デマルキ(イタリア、BMCレーシング)4:52:38
2位ヨナタン・レストレポ(コロンビア、カチューシャ・アルペシン)0:00:28
3位フランコ・ペリツォッティ(イタリア、バーレーン・メリダ)0:00:59
4位ナンズ・ピーターズ(フランス、アージェードゥーゼール)0:01:24
5位ディラン・トゥーンス(ベルギー、BMCレーシング)0:01:45
6位ティシュ・ベノート(ベルギー、ロット・スーダル)0:01:46
7位ラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)
8位ニコラス・ロッシュ(アイルランド、BMCレーシング)0:01:48
9位セルジオルイス・エナオ(コロンビア、チームスカイ)0:01:50
10位ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)
12位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)0:02:02
13位ステフェン・クライスヴァイク(オランダ、ロットNLユンボ)
14位ヨン・イサギレ(スペイン、バーレーン・メリダ)
15位ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、サンウェブ)
16位サイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)
17位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)
18位リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)
20位ジョージ・ベネット(ニュージーランド、ロットNLユンボ)
22位ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)
23位トニー・ガロパン(フランス、アージェードゥーゼール)
28位エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)0:02:10
敢闘賞バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)
個人総合成績
1位サイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)45:57:40
2位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)0:00:01
3位ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)0:00:14
4位ヨン・イサギレ(スペイン、バーレーン・メリダ)0:00:17
5位トニー・ガロパン(フランス、アージェードゥーゼール)0:00:24
6位エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)
7位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)0:00:27
8位リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)0:00:32
9位ステフェン・クライスヴァイク(オランダ、ロットNLユンボ)0:00:43
10位ジョージ・ベネット(ニュージーランド、ロットNLユンボ)0:00:47
ポイント賞
1位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)85pts
2位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)83pts
3位エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ)66pts
山岳賞
1位ルイス・マテマルドネス(スペイン、コフィディス)60pts
2位ベンジャミン・キング(アメリカ、ディメンションデータ)33pts
3位バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)30pts
複合賞
1位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)10pts
2位ベンジャミン・キング(アメリカ、ディメンションデータ)24pts
3位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)35pts
チーム総合成績
1位ロットNLユンボ137:53:57
2位モビスター0:00:55
3位バーレーン・メリダ0:06:14
text:Kei Tsuji
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 【Amazon.co.jp 限定】 キリン アルカリイオンの水 PET (2L×9本)
カテゴリー: Grocery
メーカー: キリンビバレッジ
最安価格: ¥ 200
アマゾン価格: ¥ 1,080
の画像 [Amazonブランド]Happy Belly天然水 岐阜・美濃 (2L)×9本
カテゴリー: Grocery
メーカー: 株式会社友桝飲料(PB)
最安価格: ¥ 1,035
アマゾン価格: ¥ 1,035
の画像 伊藤園 磨かれて、澄みきった日本の水 島根 2L×8本
カテゴリー: Grocery
メーカー: 伊藤園
参考価格: ¥ 1,987
最安価格: ¥ 878
アマゾン価格: ¥ 878