ツール・ド・フランス出場バイク特集第4弾は、ロマン・バルデ(フランス)率いたアージェードゥーゼルのマシン。セラミックスピード製品でチューニングされたファクターのO2、ONE、そしてSLiCKをフィーチャーします。



シルバーメタリックに輝くロマン・バルデ(フランス)のO2シルバーメタリックに輝くロマン・バルデ(フランス)のO2 photo:Makoto.AYANO
バルデのモットー「TAKE THE RISK OR LOSE THE CHANCE(リスクをとるか、チャンスを逃すか)」バルデのモットー「TAKE THE RISK OR LOSE THE CHANCE(リスクをとるか、チャンスを逃すか)」 photo:Makoto.AYANOツール・ド・フランス出場メンバーだけに供給されたメタリックブルーの「Champs-Élysées」エディションツール・ド・フランス出場メンバーだけに供給されたメタリックブルーの「Champs-Élysées」エディション photo:Makoto.AYANO

CHPT3(チャプター3)がデザインした「ONEMORELAP」エディション。パリ〜ルーベをモチーフとしたカラーで、第9ステージで使用されたCHPT3(チャプター3)がデザインした「ONEMORELAP」エディション。パリ〜ルーベをモチーフとしたカラーで、第9ステージで使用された photo:Makoto.AYANO第9ステージにおいて数人の選手は通常カラーのO2を使用した第9ステージにおいて数人の選手は通常カラーのO2を使用した photo:Makoto.AYANO

ロマン・バルデ(フランス)のONE 。O2と異なりONEは通常のチームカラーを使用したロマン・バルデ(フランス)のONE 。O2と異なりONEは通常のチームカラーを使用した photo:Makoto.AYANO
ピエール・ラトゥール(フランス)がマイヨブランを獲得し、バルデが総合6位に食い込んだアージェードゥーゼル。フランスの老舗チームが昨年から使用するのがイギリス生まれの振興ブランド、ファクターだ。山岳を意識した軽量バイクのO2をメインに、TTバイクのようなヒンジ型フォークや、双胴ダウンチューブなどユニークな機構を多数採用したエアロロードのONE、そしてONEをベースに開発されたTTバイクSLiCKというファクターの全ラインアップを使用した。

また、O2は全選手にツール・ド・フランスのみで使用するブルーメタリックの「Champs-Élysées」エディションが投入されたほか、パヴェが登場した第9ステージでは、パリ〜ルーベをイメージしてデヴィッド・ミラー(イギリス)のアパレルブランドCHPT3(チャプター3)がデザインした「ONEMORELAP」を、更にエースを担ったバルデはメタリックシルバーにブラックの差し色が入る特別なバイクを、またフランスTT王者のラトゥールはトリコロールをあしらったSLiCKを使用。なおO2にはディスクブレーキモデルもラインアップされているが、今ツールでは全てリムブレーキモデルで統一されていた。

バルデモデルのトップチューブにはバルデのモットー「TAKE THE RISK OR LOSE THE CHANCE(リスクをとるか、チャンスを逃すか)」やイニシャルの「RB」が入るほか、ヘッドチューブの横には騎士のイラストが、ダウンチューブ下部にはバルデの出身地から近い超級山岳「ピュイ・ド・ドーム」のイラストが書き込まれている。

フランスTT王者、ピエール・ラトゥールが乗るトリコロールをあしらったSLiCKフランスTT王者、ピエール・ラトゥールが乗るトリコロールをあしらったSLiCK photo:Makoto.AYANO
チームタイムトライアルを前に、チームテントに並べられたSLiCKチームタイムトライアルを前に、チームテントに並べられたSLiCK photo:Makoto.AYANOTTハンドルはアメリカのトライアスロンブランド、51 SPEEDSHOPの製品を使うTTハンドルはアメリカのトライアスロンブランド、51 SPEEDSHOPの製品を使う photo:Makoto.AYANO

ONEと同じ双胴ダウンチューブを採用したSLiCKONEと同じ双胴ダウンチューブを採用したSLiCK photo:Makoto.AYANO滑り止めシートを貼り付けたバイクも存在した滑り止めシートを貼り付けたバイクも存在した photo:Makoto.AYANO


アージェードゥーゼルのバイクの注目点は、ファクターと同じ傘下にあるセラミックスピード社の製品で回転系をフルチューンしていることだろう。全てのバイクにオーバーサイズプーリーケージが取り付けられ、バルデのバイクにのみ3Dプリンタ製のチタンプーリーがセットアップされていた。その他ボトムブラケットやヘッドセットもセラミックベアリングでカスタマイズされていた他、特にTTバイクの場合UFOチェーンが使用される割合が高かった。なお、プーリーのカラーはバルデのONEがブルー、ラトゥールはレッド、その他選手はブラック。

また、ホイールは基本的にマヴィックの最高峰モデルCOSMIC CARBON ULTIMATEで、バルデのみリムにツールに関する様々なイラストを落とし込んだツールエディション。フラットステージでは64mmハイトのCOMETE PRO CARBON SLを使う場合も多く、強い衝撃が加わるパヴェステージではCOSMIC CARBON SLを全面トレッドパターン付きのパリ〜ルーベ用タイヤと組み合わせた上で使用していた。TTの場合フロントは5スポークのIO(イオ)、リアのディスクホイールはCOMETE ROADだ。

全てのバイクにセラミックスピードのオーバーサイズプーリーが取り付けられる全てのバイクにセラミックスピードのオーバーサイズプーリーが取り付けられる photo:Makoto.AYANOボトムブラケットもセラミックスピード製でチューンアップボトムブラケットもセラミックスピード製でチューンアップ photo:Makoto.AYANO

バルデのバイクにのみ3Dプリンタ製のチタンプーリーがセットアップされていたバルデのバイクにのみ3Dプリンタ製のチタンプーリーがセットアップされていた photo:Makoto.AYANO
TTではセラミックスピードのUFOチェーンを使用。ロードバイクにもUFOワックスが塗布されていたTTではセラミックスピードのUFOチェーンを使用。ロードバイクにもUFOワックスが塗布されていた photo:Makoto.AYANOアージェードゥーゼルはSRMのカーボンクランクを使用。FC-9000に合わせたデザインだが、一部バイクには新型デュラエースのチェーンリングが取り付けられていたアージェードゥーゼルはSRMのカーボンクランクを使用。FC-9000に合わせたデザインだが、一部バイクには新型デュラエースのチェーンリングが取り付けられていた photo:Makoto.AYANO

バルデのCOSMIC CARBON ULTIMATEはツールに関するグラフィックをあしらった特別エディションバルデのCOSMIC CARBON ULTIMATEはツールに関するグラフィックをあしらった特別エディション photo:Makoto.AYANO石畳ステージではCOSMIC CARBON SLを使用。コンチネンタルのパリ〜ルーベ用タイヤを組み合わせた石畳ステージではCOSMIC CARBON SLを使用。コンチネンタルのパリ〜ルーベ用タイヤを組み合わせた photo:Makoto.AYANO

フラットステージでは64mmハイトのCOMETE PRO CARBON SLフラットステージでは64mmハイトのCOMETE PRO CARBON SL photo:Makoto.AYANOTTバイクの前輪は5本バトンホイールのIO (イオ)、後輪はCOMETE ROADTTバイクの前輪は5本バトンホイールのIO (イオ)、後輪はCOMETE ROAD photo:Makoto.AYANO


ハンドルやステム、シートポスト類はセラミックスピードと同じくファクターと同傘下にあるブラックインクだが、TTバイク用エアロハンドル一式はアメリカ、コロラドにあるトライアスロンブランド&フィッティング集団「51 SPEEDSHOP」の製品だ。なお第20ステージの個人タイムトライアルにおいて、バルデは使用したのはSLiCKではなくONE。ハンドルをTT用に組み替え、ホイールを交換した上で使用した。

photo:Makoto.AYANO
text:So.Isobe
Amazon.co.jp 
の画像 bolle(ボレー) 6th Sense AG2R Shiny Blue/Brown Blue Violet 11911
カテゴリー: Sports
メーカー: bolle(ボレー)
参考価格: ¥ 25,380
最安価格: ¥ 17,799
アマゾン価格: ¥ 22,122
の画像 ELITE(エリート) FLY チームボトル 2018 550ml AG2R
カテゴリー: Sports
メーカー: ELITE(エリート)
参考価格: ¥ 788
最安価格: ¥ 615
アマゾン価格: ¥ 670
の画像 Tour de France 2018 (PlayStation PS4)
カテゴリー: Book
出版社: Koch Media GmbH
参考価格: ¥ 6,185
最安価格: ¥ 6,161
アマゾン価格: ¥ 6,161