平坦なスプリンター向きの195kmで行われたツール・ド・フランス第4ステージ。相次ぐ落車を切り抜けたスプリンターたちによる接戦は、ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)を写真判定で下したフェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)の2勝目で締めくくられた。


ブルターニュの田舎町を通過するマイヨジョーヌブルターニュの田舎町を通過するマイヨジョーヌ photo:Kei Tsuji
ワールドカップの対戦について聞かれるフィリップ・ジルベール(ベルギー、クイックステップフロアーズ)とジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)ワールドカップの対戦について聞かれるフィリップ・ジルベール(ベルギー、クイックステップフロアーズ)とジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ) photo:Kei Tsujiグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング)のためにBMCレーシングが用意したスペシャルバイクグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング)のためにBMCレーシングが用意したスペシャルバイク photo:Kei Tsuji
ツール・ド・フランス2018第4ステージツール・ド・フランス2018第4ステージ photo:A.S.O.ツール・ド・フランス2018第4ステージツール・ド・フランス2018第4ステージ photo:A.S.O.

開幕から3日間を過ごしたペイ・ド・ラ・ロワール地域圏を離れ、ツール・ド・フランスはお隣のブルターニュ地域圏へ。フランスを代表するビーチがある保養地ラ・ボールから、現職のダヴィ・ラパルティアンUCI会長が市長を務めるサルゾーに向かう195kmコースは概ね平坦。ブルターニュらしい緩やかなアップダウンを含むため獲得標高差は1,300mほどあるが、ピュアスプリンターが苦しむような大きな山岳は登場しない。

当日夜に開催されるFIFAワールドカップ準決勝フランスvsベルギーの話題で持ちきりのスタート地点を離れるとすぐ、フランス2人とベルギー2人による逃げが決まる。レースに残っている174名の選手のうち、全体の31%(フランス人35名、ベルギー人19名)を占める二大国出身選手による逃げ。前日のチームタイムトライアルで最下位という不名誉な結果を残したコフィディスは2人を逃げに乗せた。

ギヨーム・ヴァンケイルスブルク(ベルギー、ワンティ・グループゴベール)、ジェローム・クザン(フランス、ディレクトエネルジー)、ディミトリ・クレイス(ベルギー、コフィディス)、アントニー・ペレス(フランス、コフィディス)という総合争いに関係しない4名の逃げは最大7分のリードを獲得。総合で4分54秒遅れのヴァンケイルスブルクに暫定マイヨジョーヌの座は渡ったが、BMCレーシングが落ち着いてタイム差をコントロールし始めた。

海沿いの街ラ・ボールをスタートしていく海沿いの街ラ・ボールをスタートしていく photo:Luca Bettini
ステージ前半は雲ひとつない快晴ステージ前半は雲ひとつない快晴 photo:Kei Tsuji
逃げるジェローム・クザン(フランス、ディレクトエネルジー)ら4名逃げるジェローム・クザン(フランス、ディレクトエネルジー)ら4名 photo:Kei Tsuji
平均スピード43km/h前後のペースでブルターニュの田園風景の中を走る先頭4名を追いかけたのは、クイックステップフロアーズ、グルパマFDJ、ロット・スーダル。ちょうどレース中間地点のスプリントポイント(97.5km地点)に3分25秒遅れで差し掛かったメイン集団では本格的なスプリントが繰り広げられ、フェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)が集団先頭通過で11ポイントを獲得した。

タイム差2分前後のまま迎えたこの日唯一の4級山岳を先頭通過したのはペレス。これにより同ポイントで3名が山岳賞ランキング首位に並んだが、その中で総合成績が最も良いディオン・スミス(ニュージーランド、ワンティ・グループゴベール)がマイヨアポワをキープしている。

フィニッシュまで50kmを残してタイム差は1分15秒。そのままスプリンターチームが逃げを捕まえてしまうのかと思われたが、ブルターニュ特有の曲がりくねった狭路で落車が発生したためメイン集団はスローダウンを余儀なくされる。落車に巻き込まれたダニエル・マーティン(アイルランド、UAEチームエミレーツ)やミケル・ランダ(スペイン、モビスター)、ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)、バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)といった総合有力候補は問題なく集団復帰した。

落車の影響で、ボーナスポイント(156.5km地点)通過時点でタイム差は3分まで拡大する。クイックステップフロアーズやロット・スーダルが急いでメイン集団のペースを戻して追撃したが、先頭4名とのタイム差は思うように縮まらない。残り15km地点でタイム差は1分35秒。スプリンターチームが集団先頭に入り乱れながらハイペースで進むメイン集団では、残り5km地点で再び大落車が発生した。

ブルターニュ地方特有の立派な教会を横目に進むブルターニュ地方特有の立派な教会を横目に進む photo:Kei Tsuji
クイックステップフロアーズが長時間メイン集団を牽引するクイックステップフロアーズが長時間メイン集団を牽引する photo:Luca Bettini
集団前方に位置するクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)集団前方に位置するクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:Luca Bettini集団前方に位置するマイヨジョーヌのグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング)集団前方に位置するマイヨジョーヌのグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング) photo:Luca Bettini

リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)やイルヌール・ザカリン(ロシア、カチューシャ・アルペシン)、ギヨーム・マルタン(フランス、ワンティ・グループゴベール)、マーティンを含む落車によって集団は割れる。ウランとマーティンは集団に復帰したが、ザカリンは59秒、マルタンは1分24秒のタイムを失う結果に。

残り4km地点からフィニッシュラインまでの直線路を平均56km/hという猛烈なスピードで駆け抜けた集団は残り1km地点で逃げグループをキャッチする。そこからフィニッシュラインまでは勾配2%ほどの緩斜面。先頭に立った最終発射台役のマキシミリアーノ・リケーゼ(アルゼンチン、クイックステップフロアーズ)にスピードで敵う者はおらず、残り150mでガビリアが腰を上げて加速した。

後方からガビリアと同時に加速したアンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・スーダル)が一旦は先頭に立つも、ガビリアがスピードを乗せて先頭を奪い返す。後方から勢いよく加速したペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)がグライペルに並び、最後はガビリア、グライペル、サガンがフィニッシュラインにハンドルを投げ込んだ。

登り緩斜面のストレートを突き進むフェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)ら登り緩斜面のストレートを突き進むフェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)ら photo:Kei Tsuji
先頭でスプリントするアンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・スーダル)とフェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)先頭でスプリントするアンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・スーダル)とフェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ) photo:Kei Tsuji
ハンドルを投げ込むペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)、アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・スーダル)、フェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)ハンドルを投げ込むペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)、アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・スーダル)、フェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ) photo:Kei Tsuji
ステージ2勝目を飾ったフェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)ステージ2勝目を飾ったフェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ) photo:Luca Bettini
小さく右手の拳を握ってガッツポーズしたガビリアの勝利が写真判定によって確定。初出場のツールでガビリアが第1ステージに続くスプリント2勝目を飾った。グランツールではステージ通算6勝目で、これはナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)のステージ通算5勝目を上回るコロンビア人として歴代3番目の数字。ルイス・エレーラとサンティアゴ・ボテーロがもつステージ通算8勝目の記録に近づいている。

「他のチームの協力を得られず、逃げを吸収するためにクイックステップフロアーズは力を使ってしまった。それでも最後はリードアウトまで持ち込んでくれたんだ。本当に勝利に値する走りだったと思う。大会4日目にして2勝という結果は素晴らしく、この先のステージでも多くの可能性が残されている」。クイックステップフロアーズにシーズン49勝目をもたらしたガビリアの勢いは止まらない。クイックステップフロアーズは直近の5つのグランツールでステージ通算23勝。ボーラ・ハンスグローエとサンウェブのステージ通算7勝を大きく上回っている。

ステージ2位のサガンがマイヨヴェールを守ったものの、ガビリアがポイント賞ランキングで4ポイント差の2位に浮上。「マイヨヴェール争いでサガンに対抗するのは難しいかもしれないけど、できる限りポイントを稼いで行きたい」と、最終的なポイント賞獲得に向けてガビリアは息込んだ。

遅れてフィニッシュしたデクレルクと喜ぶフェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)遅れてフィニッシュしたデクレルクと喜ぶフェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ) photo:Kei Tsuji
リプレイ映像に見入るペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)リプレイ映像に見入るペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ) photo:Kei Tsuji落車で顔面から流血した状態でフィニッシュするティシュ・ベノート(ベルギー、ロット・スーダル)落車で顔面から流血した状態でフィニッシュするティシュ・ベノート(ベルギー、ロット・スーダル) photo:Kei Tsuji
ステージ2勝目を飾ったフェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)ステージ2勝目を飾ったフェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ) photo:Kei Tsuji

ツール・ド・フランス2018第4ステージ結果
1位フェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)4:25:01
2位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)
3位アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・スーダル)
4位ディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)
5位マルセル・キッテル(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)
6位アンドレア・パスクアロン(イタリア、ワンティ・グループゴベール)
7位アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)
8位ジョン・デゲンコルプ(ドイツ、トレック・セガフレード)
9位ディオン・スミス(ニュージーランド、ワンティ・グループゴベール)
10位ティモシー・デュポン(ベルギー、ワンティ・グループゴベール)
DNFアクセル・ドモン(フランス、アージェードゥーゼール)
マイヨジョーヌ(個人総合成績)
1位グレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング)13:33:56
2位ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシング)
3位ゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)0:00:03
4位フィリップ・ジルベール(ベルギー、クイックステップフロアーズ)0:00:05
5位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)0:00:07
6位ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、クイックステップフロアーズ)
7位トム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)0:00:11
8位ソーレンクラーク・アンデルセン(デンマーク、サンウェブ))
9位マイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)
10位リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)0:00:35
マイヨヴェール(ポイント賞)
1位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)143pts
2位フェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)139pts
3位アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)72pts
マイヨアポワ(山岳賞)
1位ディオン・スミス(ニュージーランド、ワンティ・グループゴベール)1pt
2位アントニー・ペレス(フランス、コフィディス)1pt
3位ケヴィン・ルダノワ(フランス、フォルトゥネオ・サムシック)1pt
マイヨブラン(ヤングライダー賞)
1位ソーレンクラーク・アンデルセン(デンマーク、サンウェブ))13:34:07
2位エガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)0:01:08
3位マグナス・コルトニールセン(デンマーク、アスタナ)0:01:22
チーム総合成績
1位クイックステップフロアーズ41:21:02
2位サンウェブ0:00:16
3位BMCレーシング0:00:23
text&photo:Kei Tsuji in Sarzeau, France
Amazon.co.jp 
の画像 フェルナンダ フレグランスボディミスト マリアリゲル
カテゴリー: Beauty
メーカー: フェルナンダ
参考価格: ¥ 1,512
最安価格: ¥ 970
アマゾン価格: ¥ 1,360
の画像 GABI / ガビ-国境の愛- [DVD]
カテゴリー: DVD
メーカー: ポニーキャニオン
参考価格: ¥ 5,076
の画像 海辺のリア [DVD]
カテゴリー: DVD
著者:
出版社: ポニーキャニオン
参考価格: ¥ 4,104
最安価格: ¥ 3,354
アマゾン価格: ¥ 3,354