ジロ・ローザ3日目は2日連続の集団スプリントに持ち込まれ、ジョリーン・ドール(ベルギー、ミッチェルトン・スコット)が優勝。終盤の落車で優勝候補のメーガン・グアルニエール(アメリカ、ブールスドルマンス)や與那嶺恵理(ウィグル・ハイファイブ)が巻き込まれた。



ハイファイブでスタートに向かう與那嶺恵理(ウィグル・ハイファイブ)ハイファイブでスタートに向かう與那嶺恵理(ウィグル・ハイファイブ) (c)CorVos出走サインに登場した世界王者のシャンタル・ブラーク(オランダ、ブールス・ドルマンス)出走サインに登場した世界王者のシャンタル・ブラーク(オランダ、ブールス・ドルマンス) (c)CorVos


ピエモンテ州のオヴァーダに舞台を移して開催されたジロ・ローザ第3ステージ。16kmほどの周回コースを8周回するフラットステージで、與那嶺恵理(ウィグル・ハイファイブ)曰く「石畳に細い道。そして直角コーナーな多数。苦手がてんこ盛りでした」なスプリンター向きコースが用意された。

レースは落車が続くナーバスな状況から3名が逃げ、クリスティン・ウィルド(オランダ)の2連勝を狙うウィグル・ハイファイブなどがタイム差をコントロールする状態で進んだ。

ピンク色に飾られた街中を通過する逃げグループピンク色に飾られた街中を通過する逃げグループ (c)CorVos
マリアローザを着て走るルシンダ・ブラント(オランダ、サンウェブ)マリアローザを着て走るルシンダ・ブラント(オランダ、サンウェブ) (c)CorVos終盤に入ってスプリンターチームのがペースアップを行う終盤に入ってスプリンターチームのがペースアップを行う (c)CorVos


中盤を過ぎて集団の追走が本格化すると、與那嶺自身もペースアップに参加。スプリントに向けてナーバスになった集団中盤では大きな落車が発生し、総合優勝候補のメーガン・グアルニエール(アメリカ、ブールスドルマンス)や與那嶺恵理(ウィグル・ハイファイブ)が巻き込まれる事態に。グアルニエールは再び乗車したものの、メイン集団から1分のビハインドでゴールしている。幸い與那嶺にも怪我はなかったという。

そんな状態を尻目に突き進む集団先頭では、マリアローザのルシンダ・ブラント(オランダ、サンウェブ)自ら猛烈なペースアップを敢行。元ベルギー王者のジョリーン・ドール(ベルギー、ミッチェルトン・スコット)がスプリントを始めると、ウィルドやアレクシス・ライアン(アメリカ、キャニオン・スラム)らは太刀打ちできなかった。

スプリントを制したジョリーン・ドール(ベルギー、ミッチェルトン・スコット)スプリントを制したジョリーン・ドール(ベルギー、ミッチェルトン・スコット) (c)CorVos
マリアローザを受け取ったリア・キルヒマン(カナダ、サンウェブ)マリアローザを受け取ったリア・キルヒマン(カナダ、サンウェブ) (c)CorVos
マリアローザはこの日もサンウェブのチーム内で動き、スプリントで4位に入ったリア・キルヒマン(カナダ、サンウェブ)の元へと移った。以下は與那嶺本人によるレースレポートを紹介。



ジロローザ3日目。今日は16kmのループを8周。コースは石畳に細い道。そして直角コーナーな多数。苦手がてんこ盛りでした。

スタート前にくつろぐ與那嶺恵理とクリスティン・ウィルド(オランダ)らスタート前にくつろぐ與那嶺恵理とクリスティン・ウィルド(オランダ)ら (c)CorVos
チームの作戦は変わらずエリサのフォローとクリスティンのステージ優勝。スタート後から出入り激しく、アタックが続きます。プロトンは伸びたり縮んだり。そのたびにガッシャーンとの落車の音が。自分のコンディションはワールドツアーに順応し始めて良い感じです。

今日も逃げが出来、プロトンは微妙な空気で追ったり追わなかったり。終盤は追走もハイペースになり、コーナーごと、パヴェごとに選手が減っていきます。私はパワーの出入りを少なく、まぁまぁ脚を温存していました。

私も最終回に仕事を依頼されました。先頭にも普通に上がれるコンディション。逃げているチームが強烈にブロックをしてきて、組織立っての追走が難しく、タイム差を詰めながら吸収手前でお仕事終わり。


集団内で距離を消化する與那嶺恵理(ウィグル・ハイファイブ)集団内で距離を消化する與那嶺恵理(ウィグル・ハイファイブ) (c)Vélofocus/Wiggle High5
かなりプロトンはナーバスに。そして怖いなーと思っていたら、目の前で落車!残り7kmぐらいでしょうか。プロトンのほぼ真ん中で落車でした。

私は突っ込みましたがかろうじて、落車は回避。今回の優勝後方の一人、ボーエルのメーガンも巻き込まれました。位置取り含めて、やはりヨーロッパレースは厳しいとまた実感です。30名ほどの集団でゴールをしました。無念ですがしょうがない。そのまま自分の脚を使ってでも先頭で追走の仕事をしたほうが良かったかな...。クリスティンはほぼアシストがない中、単騎で粘り2位を獲得!本当に勝負強いと感じます。

明日は少し短めの110kmのステージですが、中盤に少し登りが出てきます。集団が割れることが予想されるので、出来る限り上手く前方で展開をします。

今日は転ばずに良かったです。怖かった...。明日も日々丁寧に、無事これ名馬でゴールを目指します。
ステージ結果
1位ジョリーン・ドール(ベルギー、ミッチェルトン・スコット)3h15'47"
2位クリスティン・ウィルド(オランダ、ウィグル・ハイファイブ)
3位アレクシス・ライアン(アメリカ、キャニオン・スラム)
4位リア・キルヒマン(カナダ、サンウェブ)
5位ジョルジア・ブロンジーニ(イタリア、サイランスプロサイクリング)
6位マリアンヌ・フォス(オランダ、ワオディールス)
7位バーバラ・グアリシ(イタリア、ヴィルトゥサイクリング)
8位アミー・ピータース(オランダ、ブールス・ドルマンス)
9位キアラ・コンソンニ(イタリアン、ヴァルカーPBM)
10位ロッタ・レピスト(フィンランド、サーヴェロ・ビグラ)
102位與那嶺恵理(ウィグル・ハイファイブ) +1'00"
個人総合成績
1位リア・キルヒマン(カナダ、サンウェブ)5h56'07"
2位ルシンダ・ブラント(オランダ、サンウェブ)+05"
3位エレン・ファンダイク(オランダ、サンウェブ)+09"
4位ルス・ウィンダー(アメリカ、サンウェブ)
5位アマンダ・スプラット(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット) +10"
6位アネミエク・ファンフルーテン(オランダ、ミッチェルトン・スコット)
7位グレイシー・エルヴィン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)
8位アミー・ピータース(オランダ、ブールス・ドルマンス)+17"
9位シャンタル・ブラーク(オランダ、ブールス・ドルマンス)+21"
10位クリスティン・ウィルド(オランダ、ウィグル・ハイファイブ)+25"
ポイント賞
1位クリスティン・ウィルド(オランダ、ウィグル・ハイファイブ)27pts
2位ジョルジア・ブロンジーニ(イタリア、サイランスプロサイクリング)18pts
3位ジョリーン・ドール(ベルギー、ミッチェルトン・スコット)15pts
山岳賞
1位シェイラ・グティエレス(スペイン、サイランスプロサイクリング)5pts
2位エリザ・ロンゴボルギーニ(イタリア、ウィグル・ハイファイブ)4pts
3位アマンダ・スプラット(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)3pts
ヤングライダー賞
1位ジュリエット・ラボウ(フランスサンウェブ)6h56'37"
2位リアヌ・リッパート(ドイツ、サンウェブ)
3位キアラ・コンソンニ(イタリアン、ヴァルカーPBM)+54"
チーム総合成績
1位サンウェブ10h24'25"
2位ミッチェルトン・スコット+01"
3位ブールス・ドルマンス+12"
text:So.Isobe
photo:CorVos,Vélofocus/Wiggle High5
Amazon.co.jp 
の画像 Corsa Rosa: A history of the Giro d’Italia
カテゴリー: eBooks
メーカー: Bloomsbury Sport
の画像 The Cyclist's Training Bible: The World's Most Comprehensive Training Guide
カテゴリー: eBooks
メーカー: VeloPress
の画像 The Ronde: Inside the World's Toughest Bike Race (English Edition)
カテゴリー: eBooks
メーカー: Simon & Schuster UK