残り10kmの2級山岳を20秒差でクリアしたクリストファー・ユールイェンセン(デンマーク、ミッチェルトン・スコット)がスプリンターたちを振り切っての独走勝利。アシストとして活躍する28歳が3年ぶりとなる勝利を飾った。


降りしきる雨の中、BMCレーシングがメイン集団をコントロール降りしきる雨の中、BMCレーシングがメイン集団をコントロール photo:CorVos

ツール・ド・スイス2018第4ステージツール・ド・スイス2018第4ステージ photo:Tour de Suisse前日のフィニッシュ地点ガンジンゲンからレースは西に向かい、山岳リゾート地として知られるグシュタードの飛行場にフィニッシュする今大会最長189.2kmコースで行われたツール・ド・スイス第4ステージ。獲得標高差は2,000mで、残り10km地点に登場する2級山岳ザーネンメサー(全長6.6km/平均4.8%)が最大の難所だ。

気温11〜20度ほど、後半にかけて雨脚が強まっていく悪天候の中、ナンズ・ピーターズ(フランス、アージェードゥーゼール)、シルヴァン・ディリエ(スイス、アージェードゥーゼール)、クリストファー・ユールイェンセン(デンマーク、ミッチェルトン・スコット)、マーク・クリスティアン(イギリス、アクアブルースポート)、ネイサン・ブラウン(アメリカ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)、ポール・オウスラン(フランス、ディレクトエネルジー)の6名が逃げグループを形成。この動きに乗った初山翔(NIPPOヴィーニファンティーニ)はその後脱落してメイン集団に戻っている。

最大5分まで広がったタイム差を縮めたのはBMCレーシングで、後半にかけてクイックステップフロアーズとボーラ・ハンスグローエもここに助太刀する。残り50kmを切ると、タイム差はほぼ「10km/1分」の法則に従って正確に縮まっていく。先頭5名はリードを失いながらも水しぶきを巻き上げながら逃げ続けた。

やがて2級山岳ザーネンメサー(全長6.6km/平均4.8%)の登りが始まり、フィニッシュまで残り15kmを切るとブラウンのアタックをきっかけに逃げグループがばらけた。アタック合戦の末に抜け出したのはピーターズとユールイェンセンで、1分後方に迫るメイン集団はサンウェブがペーシング。平均4.8%の登りを平均31.2km/h(VAM1,516)で駆け上がったメイン集団からはアルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)やアレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)らが脱落し、人数は70名弱に絞られた。

集団前方で固まって走るBMCレーシング集団前方で固まって走るBMCレーシング photo:CorVos
2級山岳ザーネンメサーでアタックするネイサン・ブラウン(アメリカ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)2級山岳ザーネンメサーでアタックするネイサン・ブラウン(アメリカ、EFエデュケーションファースト・ドラパック) photo:CorVos
2級山岳ザーネンメサーでサンウェブとボーラ・ハンスグローエがメイン集団のペースを上げる2級山岳ザーネンメサーでサンウェブとボーラ・ハンスグローエがメイン集団のペースを上げる photo:CorVos
ユールイェンセンを千切って2級山岳ザーネンメサーを独走でクリアしたピーターズから遅れること20秒で、バーレーン・メリダ率いるメイン集団が頂上に到着した。そこからフィニッシュまでは7km下り&3km平地。逃げ吸収は時間の問題と思われたが、雨に濡れた完全ウェットな下り区間を攻めた先頭ピーターズと2番手ユールイェンセンが15〜20秒のリードを保ったまま逃げ続ける。

下りを快調にこなしたユールイェンセンがピーターズをパスし、独走状態を築いて残り3kmアーチを駆け抜ける。真っ平らなグシュタード飛行場の滑走路に入った時点で依然としてタイム差は20秒。追走体制を築けないスプリンターチームを尻目に、ユールイェンセンは前を見て逃げ続けた。

すでに190km近くを逃げ続けたユールイェンセンのペースは最後まで落ちなかった。残り1.9kmを平均460Wで踏み続け、平均46.7km/hで駆け抜けたユールイェンセンがメイン集団を8秒差で振り切っての独走勝利。ステージ優勝に届かないことを知ったペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)はスプリント中に踏み止め、マイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)を先頭に集団はフィニッシュしている。

逃げるクリストファー・ユールイェンセン(デンマーク、ミッチェルトン・スコット)とナンズ・ピーターズ(フランス、アージェードゥーゼール)逃げるクリストファー・ユールイェンセン(デンマーク、ミッチェルトン・スコット)とナンズ・ピーターズ(フランス、アージェードゥーゼール) photo:CorVos
8秒差で逃げ切ったクリストファー・ユールイェンセン(デンマーク、ミッチェルトン・スコット)8秒差で逃げ切ったクリストファー・ユールイェンセン(デンマーク、ミッチェルトン・スコット) photo:CorVos
8秒遅れの集団先頭はマイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)8秒遅れの集団先頭はマイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ) photo:CorVos
「正直言って逃げ切れるとは思っていなかった。でも最後の2級山岳を登り始めた段階でまだタイム差が2分あったので、徐々に逃げ切りの可能性が出てきたんだ。単独で逃げ切れて天にも昇る思いだ」と、2016年ジャパンカップ2位の28歳ユールイェンセンは語る。ジロ・デ・イタリアでサイモン・イェーツ(イギリス)を手厚くサポートしたように、普段はアシストとして活躍するユールイェンセンがティンコフ時代に掴んだ2015年ツアー・オブ・デンマーク総合優勝以来3年ぶりの勝利を掴んだ。

「ジロを好調な状態で終えていたので、ピーターズがアタックした時も落ち着いて差を詰めていった。彼は下りコーナーが比較的ゆっくりだったので、手遅れになる前に彼に追いついて追い抜いた。飛行場に入ってからの3kmは無限のように長く感じたけど、スイスの王様(アルバジーニ)がいるチームで勝つのはファンタスティックな気持ちだ」。

逃げを捉えきれず、ステージ2位に甘んじたマシューズは「今日は悪い天候のおかげで少し特別な一日だった。チームはとても良いパフォーマンスを見せたと思う。ソーレン(アンデルセン)とサイモン(ゲシュケ)の走りも素晴らしかったし、明日以降のステージで再びチャンスが巡ってくると思う」とコメント。チームメイトのサム・オーメン(オランダ、サンウェブ)はヤングライダー賞ジャージを守っている。

シュテファン・キュング(スイス、BMCレーシング)はイエロージャージを守り、黒いポイント賞ジャージは連日上位フィニッシュしているペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)の手に。翌日は1級山岳ロイカーバード(全長14km/平均4.5%)の山頂フィニッシュが設定された今大会有数の難易度を誇る山岳ステージ。いよいよ本格的な総合争いが始まる。

ステージ優勝を飾ったクリストファー・ユールイェンセン(デンマーク、ミッチェルトン・スコット)ステージ優勝を飾ったクリストファー・ユールイェンセン(デンマーク、ミッチェルトン・スコット) photo:CorVos
ポイント賞トップに立ったペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)ポイント賞トップに立ったペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ) photo:CorVos
ツール・ド・スイス2018第4ステージ結果
1位クリストファー・ユールイェンセン(デンマーク、ミッチェルトン・スコット)4:35:56
2位マイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)0:00:08
3位イヴ・ランパールト(ベルギー、クイックステップフロアーズ)
4位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)
5位ソニー・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ)
6位マグナス・コルトニールセン(デンマーク、アスタナ)
7位エンリコ・バッタリーン(イタリア、ロットNLユンボ)
8位ミヒャエル・アルバジーニ(スイス、ミッチェルトン・スコット)
9位ビョルグ・ランブレヒト(ベルギー、ロット・スーダル)
10位ジョセ・ゴンサルベス(ポルトガル、カチューシャ・アルペシン)
個人総合成績
1位シュテファン・キュング(スイス、BMCレーシング)13:26:19
2位グレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング)0:00:03
3位リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)
4位ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシング)
5位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)0:00:16
6位マイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)0:00:17
7位ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、サンウェブ)0:00:23
8位サム・オーメン(オランダ、サンウェブ)
9位グレゴール・ミュールベルガー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)0:00:30
10位エンリク・マス(スペイン、クイックステップフロアーズ)
ポイント賞
1位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)22pts
2位カルヴィン・ワトソン(オーストラリア、アクアブルースポート)19pts
3位フェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)16pts
山岳賞
1位フィリッポ・ザッカンティ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ)17pts
2位ファビアン・グルリエ(フランス、ディレクトエネルジー)12pts
3位ナンズ・ピーターズ(フランス、アージェードゥーゼール)8pts
ヤングライダー賞
1位サム・オーメン(オランダ、サンウェブ)13:26:42
2位グレゴール・ミュールベルガー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)0:00:07
3位エンリク・マス(スペイン、クイックステップフロアーズ)
チーム総合成績
1位BMCレーシング39:38:30
2位サンウェブ0:00:20
3位クイックステップフロアーズ0:00:27
text:Kei Tsuji
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 小豆島手延素麺 島の光 (3kg(50g×60束) 約30食分)
カテゴリー: Grocery
メーカー: 小豆島手延素麺協同組合
最安価格: ¥ 3,336
アマゾン価格: ¥ 3,360
の画像 バリラ No.5 スパゲッティー 5kg [並行輸入品]
カテゴリー: Grocery
メーカー: バリラ
最安価格: ¥ 1,596
アマゾン価格: ¥ 2,086