ツアー・オブ・ジャパンの第3ステージとなるいなべステージが行われ、リーダージャージを着るグレガ・ボーレ(スロベニア、バーレーン・メリダ)が優勝。個人総合首位を守り、ポイント賞も獲得した。山岳賞は小石祐馬(チーム右京)に移った。



スタートラインに揃った4賞ジャージスタートラインに揃った4賞ジャージ photo:Satoru Kato
バーレーン・メリダのメンバーが揃って記念撮影バーレーン・メリダのメンバーが揃って記念撮影 photo:Satoru Kato日沖靖いなべ市長を先頭にパレードがスタート日沖靖いなべ市長を先頭にパレードがスタート photo:Satoru Kato

ツアー・オブ・ジャパン3日目の舞台は三重県いなべ市。阿下喜駅前をスタートしてパレードしたのち、劇坂「いなベルグ」をはじめとしたアップダウンのある14.8kmの周回コースを8周する。

前日のレース終盤に落車した増田成幸(宇都宮ブリッツェン)はスタートせず。その日のうちに宇都宮に戻ったという。これから重要なレースが続く時期だけに心配だ。

パレードスタートののち、周回コースに入ってリアルスタートが切られた直後、集団で落車が発生。新城幸也(バーレーン・メリダ)、石橋学(チームブリヂストンサイクリング)らが巻き込まれた。全員が再スタートして集団に復帰したものの、新城は重傷を負ったままレースを続行する。

3周目 新城幸也を先頭にバーレーン・メリダがコントロールする集団3周目 新城幸也を先頭にバーレーン・メリダがコントロールする集団 photo:Satoru Kato
スタート直後から逃げる小石祐馬(チーム右京・左)と、ダミアン・モニエ(フランス、愛三工業レーシングチーム)スタート直後から逃げる小石祐馬(チーム右京・左)と、ダミアン・モニエ(フランス、愛三工業レーシングチーム) photo:Satoru Kato4周目 草場啓吾(日本ナショナルチーム)が山岳賞ポイントを3番手通過4周目 草場啓吾(日本ナショナルチーム)が山岳賞ポイントを3番手通過 photo:Satoru Kato

レースは1周目に飛び出した小石祐馬(チーム右京)とダミアン・モニエ(フランス、愛三工業レーシングチーム)が逃げ続ける。メイン集団は、リーダージャージを擁するバーレーン・メリダがコントロールして1分前後の差を維持。落車から復帰した新城が長い時間先頭を引き続ける。

2周目と5周目に設定された山岳賞は、2回とも小石が先頭通過。山岳賞ジャージを着る草場啓吾(日本ナショナルチーム)は5周目のみ3位通過するが、1ポイント差で小石が山岳賞ジャージを獲得する。

田植えが済んだ田園地帯で長く伸びる集団田植えが済んだ田園地帯で長く伸びる集団 photo:Satoru Kato
残り2周、グレガ・ボーレを従えてバーレーン・メリダがペースアップ残り2周、グレガ・ボーレを従えてバーレーン・メリダがペースアップ photo:Satoru Katoレース後半の6周目、逃げ続ける2人とメイン集団との差が30秒、20秒と縮まり始める。そして残り2周となる7周目を目前に逃げは吸収される。

バーレーン・メリダのペースアップにより集団は中切れを起こしてバラバラに。先頭集団は40人ほどまで絞られて最終周回に突入していく。逃げ切りを狙ったアタックがかかるが決定打となる逃げは生まれず、勝負は集団でのスプリントへ。

グレガ・ボーレ(スロベニア、バーレーン・メリダ)がいなべステージ優勝グレガ・ボーレ(スロベニア、バーレーン・メリダ)がいなべステージ優勝 photo:Satoru Kato
残り50m、フィニッシュラインに向けてゆるやかな右カーブに、マルコ・カノラ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ)とリーダージャージのボーレが並んで姿を現す。イン側でカノラが粘るが、アウト側からかぶせるようにボーレが前に出て先着。昨年のいなべステージの覇者を下した。

いなべステージ優勝 グレガ・ボーレ(スロベニア、バーレーン・メリダ)いなべステージ優勝 グレガ・ボーレ(スロベニア、バーレーン・メリダ) photo:Satoru Kato山岳賞は小石祐馬(チーム右京)山岳賞は小石祐馬(チーム右京) photo:Satoru Kato

ボーレは、「チームがハードワークをして最後は私に勝たせてくれた。ユキヤには本当に感謝したい。落車しながらも素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。感謝の言葉が見つからないよ」と、新城の働きを讃えた。

日本人選手では、窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)が4位に入った。「ラスト1km前で石橋選手が引き上げて前に送り出してくれたのに申し訳ない」と、結果を悔やんだ。

山岳賞を獲得した小石は、「チームとしてステージ優勝を狙うために少しでも楽にレースを進められればと思い、ダミアン選手と2人で逃げました。山岳賞は意識していませんでしたが、監督から山岳賞を2回先頭通過すれば山岳賞ジャージを獲れると聞いてトライしました。結果としてジャージを獲れたので良かったです。明日以降チャンスがあれば狙っていきたい」と語った。



チームメイトと共にフィニッシュする新城幸也(バーレーン・メリダ)チームメイトと共にフィニッシュする新城幸也(バーレーン・メリダ) photo:Satoru Kato落車した新城はチームメイトと共にグルペットでフィニッシュ。左目から流血し、あちこちに擦過傷を負った満身創痍でレースを走りきった。レース終了後に病院に搬送されたが、左の肩甲骨にわずかなヒビが確認されたと飯島美和さんがツイッターで報告。明日の出走については改めて報告するとしている。
ツアー・オブ・ジャパン2018 いなべステージ(127km) 結果
1位クレガ・ボーレ(スロベニア、バーレーン・メリダ)3時間11分57秒
2位マルコ・カノラ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ)+0秒
3位イアン・ビビー(イギリス、JLTコンドール)
4位窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)
5位サム・クローム(オーストラリア、ベネロング・スイスウェルネス)
6位トマ・ルバ(フランス、キナンサイクリングチーム)+3秒
7位マルコス・ガルシア(スペイン、キナンサイクリングチーム)
8位ミッヘル・ライム(エストニア、イスラエルサイクリングアカデミー)
9位中根英登(NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ)
10位ベンジャミ・プラデス(スペイン、チーム右京)
個人総合時間順位(いなべステージ終了時)
1位グレガ・ボーレ(スロベニア、バーレーン・メリダ)6時間4分24秒
2位マルコ・カノラ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ)+5秒
3位イアン・ビビー(イギリス、JLTコンドール)+9秒
4位サム・クローム(オーストラリア、ベネロング・スイスウェルネス)+17秒
5位岡 篤志(宇都宮ブリッツェン)
6位ミッヘル・ライム(エストニア、イスラエルサイクリングアカデミー)+18秒
ポイント賞(いなべステージ終了時)
1位グレガ・ボーレ(スロベニア、バーレーン・メリダ)49p
2位マルコ・カノラ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ)45p
3位イアン・ビビー(イギリス、JLTコンドール)27p
山岳賞(いなべステージ終了時)
1位小石祐馬(チーム右京)10p
2位草場啓吾(日本ナショナルチーム)9p
3位木村圭佑(シマノレーシング)9p
チーム総合時間賞(いなべステージ終了時)
1位チーム右京18時間14分25秒
2位NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ+1秒
3位キナンサイクリングチーム+5秒
text&photo:Satoru Kato
Amazon.co.jp 
の画像 【精米】三重県 白米 コシヒカリ 10kg 平成30年産
カテゴリー: Grocery
メーカー: 幸南食糧
最安価格: ¥ 4,580
アマゾン価格: ¥ 4,580
の画像 HASEPRO (ハセ・プロ)【都道府県サーキットステッカー】三重 TDFK-24
カテゴリー: Automotive Parts and Accessories
メーカー: ハセ・プロ(HASEPRO)
最安価格: ¥ 600
アマゾン価格: ¥ 689
の画像 【都道府県カッティングステッカー/三重県 ミニサイズ 3枚組】 カラー:黒(ブラック)円の直径10.5cm
カテゴリー: Sports
メーカー: D.デミアン
最安価格: ¥ 2,500
アマゾン価格: ¥ 2,500