絶妙なハンドル投げを披露したフェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)が、カリフォルニア最終日にハットトリック達成。エガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)が自身初のワールドツアー総合優勝を達成した。



総合リーダージャージを着用して最終日に臨んだエガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)総合リーダージャージを着用して最終日に臨んだエガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ) (c)Amgen Tour of California/Getty imagesエガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)とダニエル・マルティネス(コロンビア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)エガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)とダニエル・マルティネス(コロンビア、EFエデュケーションファースト・ドラパック) (c)Amgen Tour of California/Getty images

カリフォルニア州庁舎前をスタートしていく選手たちカリフォルニア州庁舎前をスタートしていく選手たち (c)Amgen Tour of California/Getty images
過酷な山岳決戦を終え、ツアー・オブ・カリフォルニア(UCIワールドツアー)最終日となる第7ステージはスプリンターのためのコースレイアウト。オールフラットの143kmコースに向け、開幕時から5名減らした一団が眩しい太陽の下駆け出していった。

ほぼ100%集団スプリントが見込まれているが、この日もアメリカのプロコンチネンタル勢が積極的に逃げにトライ。U23個人TT世界王者のミッケル・ビョーグ(デンマーク、ハーゲンスベルマン・アクセオン)、アダム・デヴォス(カナダ、ラリーサイクリング)、ジョナサン・クラーク(オーストラリア、ユナイテッドヘルスケア)が加速し、ここにニールソン・ポーレス(アメリカ、ロットNLユンボ)が合流して逃げが決まった。

総合成績が99%確定しているため、この日は総合リーダーのエガン・ベルナル(コロンビア)率いるチームスカイではなく、3勝目を狙うフェルナンド・ガビリア(コロンビア)のクイックステップフロアーズ、マルセル・キッテル(ドイツ)を勝たせたいカチューシャ・アルペシン、2度ステージ3位に入っているカレブ・ユアン(オーストラリア)のミッチェルトン・スコットなどスプリンターチームがメイン集団のコントロールを担った。

サクラメントのサーキットコースを走る選手たちサクラメントのサーキットコースを走る選手たち (c)Amgen Tour of California/Getty images
集団前方で走るエガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)集団前方で走るエガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ) (c)Amgen Tour of California/Getty images積極的に集団を率いたカチューシャ・アルペシン積極的に集団を率いたカチューシャ・アルペシン (c)Amgen Tour of California/Getty images


ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)が並走するテキサスロングホーンにサムアップしつつ、平穏に距離を消化していく選手たち。ステージ距離が短いことで逃げグループとのタイム差が広がらないまま、合計3周回するサクラメント市街地の周回コースに突入する。

スプリントに向けて準備を整えるメイン集団は、タイミングを調整して残り3.5kmの最終周回前に逃げをキャッチ。一気にボルテージが上がった集団前方ではカチューシャ・アルペシンが主導権を握ったが、残り1kmでクイックステップフロアーズが猛烈な勢いでパス。ケイセ、ホッジ、リケーゼ、ガビリアという最強列車がマックスペースに引き上げた。

その後ろではキッテルの前にいたリック・ツァベル(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)が切れたことで間隔が空き、勢いを削がれたキッテルとマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ディメンションデータ)が脱落。後方発進を迫られたカレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)を迎撃する形でガビリアが加速した。

絶妙なハンドル投げで先着したフェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)絶妙なハンドル投げで先着したフェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ) (c)Amgen Tour of California/Getty images
ロングスプリントで争う2人に割って入ったのが、ゴール直前に追い上げたマキシミリアン・ヴァルシャイド(ドイツ、サンウェブ)だった。身長199cmから繰り出すダイナミックな加速で先行ガビリアを追い抜いたが、絶妙なタイミングでハンドルを投げたガビリアがリム差で逆転先着。トラック競技経験を活かした技ありスプリントで今大会の平坦ステージ全勝となる3勝目、そしてポイント賞ジャージまでもを手に入れてみせた。スプリントに絡んだサガンは4位に終わり、2011年から続いた連続ステージ優勝記録がここで途切れた。

総合上位陣は同タイムの集団内でフィニッシュし、チームメイトに守られたベルナルが総合優勝を達成。ボルタ・ア・カタルーニャでの鎖骨・肩甲骨骨折から1か月でツール・ド・ロマンディ総合2位、そこから2週間後のカリフォルニアで自身初のワールドツアー総合優勝と、チームスカイ加入1年目にしてその活躍ぶりは目を見張るものがある。

男女の各賞受賞選手が表彰台に上がる男女の各賞受賞選手が表彰台に上がる (c)Amgen Tour of California/Getty images
優勝賞品のレクサスの座り心地を確かめるエガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)優勝賞品のレクサスの座り心地を確かめるエガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ) (c)Amgen Tour of California/Getty imagesチームスカイはダントツでチーム総合成績優勝チームスカイはダントツでチーム総合成績優勝 (c)Amgen Tour of California/Getty images

昨年大会のリベンジを果たしたケイティ・ホール(アメリカ、ユナイテッドヘルスケア)昨年大会のリベンジを果たしたケイティ・ホール(アメリカ、ユナイテッドヘルスケア) (c)Amgen Tour of California/Getty images
個人TTで遅れを最小限に留め、得意の山岳でティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシング)からリーダージャージを奪い返す冷静なレース運びで、オールラウンダーとしての名声を一気に高めた21歳のベルナル。今後はしばらくの休養期間を経て、フランスで開催される4日間のステージレース、ラ・ルート・ド・オクシタニー(UCI2.1)に出場予定だ、

チームスカイにとってはクリストファー・フルーム(イギリス)のゾンコラン勝利に続く同一日のビッグウィンであり、2018年大会のツアー・オブ・カリフォルニアは全7ステージ中じつに5ステージでコロンビア人選手が勝利(第1、5、7ステージ:ガビリア/第2、6ステージ:ベルナル)を飾ることとなった。

また、最終日となった女子レースも集団スプリントで決着し、アーレニス・シエラ(キューバ、アスタナ)が勝利。総合リーダーのケイティ・ホール(アメリカ、ユナイテッドヘルスケア)は危なげなく同タイムフィニッシュし、昨年大会で1秒差の逆転負けリベンジを果たしている。

ステージ結果
1位フェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)3h07’39”
2位マキシミリアン・ヴァルシャイド(ドイツ、サンウェブ)
3位カレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)
4位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)
5位ミゲル・ブライオン(アメリカ、ホロウェスコ・シタデル)
6位アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)
7位マイケル・ライス(アメリカ、ハーゲンスベルマン・アクセオン)
8位タイ・マグナー(アメリカ、ラリーサイクリング)
9位ダニエル・マクレー(イギリス、EFエデュケーションファースト・ドラパック)
10位キール・レイネン(アメリカ、トレック・セガフレード)
個人総合成績
1位エガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)25h34’19”
2位ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシング)+1’25”
3位ダニエル・マルティネス(コロンビア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)+2’14”
4位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)+2’16”
5位タオ・ゲオゲガンハート(イギリス、チームスカイ)+2’28”
6位ラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)+3’01”
7位ブランドン・マクマルティ(アメリカ、ラリーサイクリング)+3’28”
8位ローレンス・デプルス(ベルギー、クイックステップフロアーズ)+3’50”
9位クリスティアン・デュラセク(クロアチア、UAEチームエミレーツ)+3’59”
10位マティアス・フランク(スイス、アージェードゥーゼル)+4’01”
ポイント賞
1位フェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)45pts
2位カレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)42pts
3位エガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)36pts
山岳賞
1位トームス・スクインシュ(ラトビア、トレック・セガフレード)34pts
2位エヴァン・ハフマン(アメリカ、ラリーサイクリング)33pts
3位エガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)26pts
ヤングライダー賞
1位エガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)25h34’19”
2位ダニエル・マルティネス(コロンビア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)+2’14’
3位タオ・ゲオゲガンハート(イギリス、チームスカイ)+2’28”
チーム総合成績
1位チームスカイ76h55’41”
2位トレック・セガフレード+8’18”
3位BMCレーシング+9’26”
女子レース第3ステージ結果
1位アーレニス・シエラ(キューバ、アスタナ)1h37’32”
2位アレクシス・ライアン(キャニオン・スラム)
3位エマ・ホワイト(アメリカ、ラリーサイクリング)
4位コリン・リヴェラ(アメリカ、サンウェブ)
5位アネット・エドモンソン(オーストラリア、ウィグル・ハイファイブ)
6位スカイラー・シュナイダー(アメリカ、アメリカナショナルチーム)
7位ジェニファー・ヴァレンテ(アメリカ、ショーエアー2020)
8位メイシー・スチュワート(オーストラリア、ウィグル・ハイファイブ)
9位サラ・ベルゲン(カナダ、ラリーサイクリング)
10位ラウレッタ・ハンソン(オーストラリア、ユナイテッドヘルスケア)
50位樫木祥子(チームイルミネイト)
女子レース個人総合成績
1位ケイティ・ホール(アメリカ、ユナイテッドヘルスケア)7h51’11”
2位タイラー・ウィレス(アメリカ、トレック・ドロップス)+29”
3位カタジナ・ニエウィアドーマ(ポーランド、キャニオン・スラム)+1’07”
4位エリカ・マグナルディ(イタリア、ビーピンク)+1’12”
5位ブロディ・チャップマン(オーストラリア、ティブコSVB)+1’16”
6位カロリーナ・ロドリゲス(メキシコ、アスタナ)+1’20”
7位サラ・ポワドゥヴァン(カナダ、ラリーサイクリング)+1’43”
8位レア・トーマス(アメリカ、ユナイテッドヘルスケア)+2’24”
9位ジュリエット・ラボウ(フランス、サンウェブ)+2’28”
10位マルセラ・プリエト(メキシコ、スワピット・アゴリコ)+2’31”
text:So.Isobe
photo:CorVos,Amgen Tour of California
Amazon.co.jp 
の画像 Inside Team Sky
カテゴリー: Book
著者: David Walsh
出版社: Simon & Schuster Ltd
参考価格: ¥ 1,415
最安価格: ¥ 1,000
アマゾン価格: ¥ 1,000
の画像 The Team Sky Way
カテゴリー: Book
著者: Team Sky
出版社: HarperSport
参考価格: ¥ 3,935
の画像 The Pain and the Glory: The Official Team Sky Diary of the Giro Campaign and Tour Victory (Team Sky Giro & Tour Diary)
カテゴリー: Book
著者: Team Sky, Sir Dave Brailsford, Chris Froome
出版社: HarperSport
参考価格: ¥ 3,148
最安価格: ¥ 7,184