ジロ・デ・イタリア第14ステージの激坂モンテゾンコランでマリアローザを振り切ったクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)が起死回生の勝利。フルームと6秒差の2位に入ったサイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)が総合リードを広げている。


サンヴィート・アル・タリアメントをスタートしていく選手たちサンヴィート・アル・タリアメントをスタートしていく選手たち photo:Kei Tsuji
5月19日(土)第14ステージ サンヴィート・アル・タリアメント〜モンテ・ゾンコラン 186km ☆☆☆☆☆5月19日(土)第14ステージ サンヴィート・アル・タリアメント〜モンテ・ゾンコラン 186km ☆☆☆☆☆ photo:RCS Sport5月19日(土)第14ステージ サンヴィート・アル・タリアメント〜モンテ・ゾンコラン 186km ☆☆☆☆☆5月19日(土)第14ステージ サンヴィート・アル・タリアメント〜モンテ・ゾンコラン 186km ☆☆☆☆☆ photo:RCS Sport

難易度5つ星の山岳ステージの終着地は悪名高きモンテゾンコラン。ヨーロッパ有数の難関峠として知られる1級山岳がジロに登場するのは2003年(シモーニ)、2007年(シモーニ)、2010年(バッソ)、2011年(アントン)、2014年(ロジャース)に続く6回目。3級、3級、2級、3級の山岳を越えて1級山岳モンテゾンコラン(全長10.1km/標高差1,203m/平均勾配11.9%/最大勾配22%)にアタックする。

獲得標高差が4,300mに達する難関山岳ステージは、例に漏れず、平坦路での高速アタック合戦でスタートした。ロンド・ファン・フラーンデレン2位のマッズ・ペデルセン(デンマーク、トレック・セガフレード)とヴァレリオ・コンティ(イタリア、UAEチームエミレーツ)が抜け出すことに成功し、3級山岳モンテラゴーニャで5名が追いついて先頭は7名。徐々にリードを広げる逃げを、マリアローザ擁するミッチェルトン・スコットが追いかける展開となる。

第14ステージ逃げメンバー
ヴァレリオ・コンティ(イタリア、UAEチームエミレーツ)総合24位/13分07秒差
マッテーオ・モンタグーティ(イタリア、アージェードゥーゼール)総合36位/33分44秒差
フランチェスコ・ガヴァッツィ(イタリア、アンドローニジョカトリ)総合58位/55分01秒差
ローラン・ディディエ(ルクセンブルク、トレック・セガフレード)総合91位/1時間34分19秒差
エンリーコ・バルビン(イタリア、バルディアーニCSF)総合121位/1時間58分49秒差
ジャコポ・モスカ(イタリア、ウィリエール・トリエスティーナ)総合127位/2時間1分26秒差
マッズ・ペデルセン(デンマーク、トレック・セガフレード)総合163位/2時間28分41秒差

快調にローテーションを回しながら逃げた先頭7名。レース中盤の補給ポイントを通過し、続く2級山岳デュロン峠(全長4.4km/平均勾配9.6%)に向かう渓谷路に入るとタイム差は6分を超えた。

逃げグループを形成する7名逃げグループを形成する7名 photo:LaPresse
フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州の山岳地帯を走るフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州の山岳地帯を走る photo:CorVos
ミッチェルトン・スコット率いるメイン集団ミッチェルトン・スコット率いるメイン集団 photo:LaPresse
アスタナがメイン集団のペースを上げるアスタナがメイン集団のペースを上げる photo:LaPresse
2級山岳デュロン峠で逃げグループからペデルセンとモスカが脱落。先頭5名の4分後方に位置するメイン集団の牽引役はミッチェルトン・スコットからアスタナとサンウェブにスイッチする。続く3級山岳セッラヴァルカーダで他の逃げメンバーを置き去りにしたコンティとバルビンの2人が、メイン集団から1分のリードを保ったまま最後の1級山岳モンテゾンコランに突入した。

断続的に15%前後の勾配が続く激坂でコンティが独走に持ち込んだ一方で、メイン集団からは2011年のゾンコラン覇者イゴール・アントン(スペイン、ディメンションデータ)がアタック。アントンは残り7km地点で先頭コンティに追いついたものの、しばらくしてメイン集団に引き戻される。

続いて飛び出した総合16位/3分43秒差のマイケル・ウッズ(カナダ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)もしばらくして吸収。ワウト・プールス(オランダ、チームスカイ)のペースメイクによって、急勾配区間をハイテンポで進むメイン集団からファビオ・アル(イタリア、UAEチームエミレーツ)やローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング)、リチャル・カラパス(エクアドル、モビスター)、ジョージ・ベネット(ニュージーランド、ロットNLユンボ)らが相次いで脱落した。

モンテゾンコランの序盤にアタックしたイゴール・アントン(スペイン、ディメンションデータ)モンテゾンコランの序盤にアタックしたイゴール・アントン(スペイン、ディメンションデータ) photo:CorVos
プールスに導かれるクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)とサイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)プールスに導かれるクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)とサイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット) photo:CorVos
並走する恐竜にパンチをお見舞いするクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)並走する恐竜にパンチをお見舞いするクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:CorVos
残り4.3km地点でアタックしたクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)残り4.3km地点でアタックしたクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:CorVos

1級山岳モンテゾンコラン(全長10.1km/標高差1,203m/平均勾配11.9%/最大勾配22%)1級山岳モンテゾンコラン(全長10.1km/標高差1,203m/平均勾配11.9%/最大勾配22%) photo:RCS Sport残り5kmを切り、プールスが率いるメイン集団に残ったのはクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)、サイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)、ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、バーレーン・メリダ)、ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)、トム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)、セバスティアン・ライヒェンバッハ(スイス、グルパマFDJ)、ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)のみ。この精鋭グループから、勾配が20%に達した残り4.3km地点でフルームが加速した。

「試走の段階で、残り4km地点がアタックポイントだと思っていた」というフルームが独走に持ち込み、イェーツとポッツォヴィーヴォ、ロペスの3名が追走し、その後方にデュムランとピノの2名が続く展開。マリアローザのイェーツが単独追走を仕掛けたものの、先頭フルームとのタイム差10秒が縮まらない。ポッツォヴィーヴォとロペスのパックと、デュムランとピノのパックは、粘りながらも徐々にタイムを失っていった。

残り1kmを切ってからの急勾配区間でもシッティングでハイケイデンスを維持したフルームはペースを落とすことなく走り続けた。ダンシングで10m後方にまで迫ったマリアローザに合流を許さず、フルームがモンテゾンコランを単独登頂。大きく両手を広げてフィニッシュしたフルームから6秒遅れでイェーツが入り、イギリス人によるワンツー勝利という結果に。ポッツォヴィーヴォが23秒遅れ、ロペスが25秒遅れ、そして37秒遅れでデュムランがフィニッシュした。

フルームを追うマリアローザのサイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)フルームを追うマリアローザのサイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット) photo:LaPresse
フルームを追いかけるサイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)フルームを追いかけるサイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット) photo:CorVos
3番手で登るドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、バーレーン・メリダ)とミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)3番手で登るドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、バーレーン・メリダ)とミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ) photo:Kei Tsuji
コーナーの先を見つめるトム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)とティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)コーナーの先を見つめるトム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)とティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ) photo:Kei Tsuji
モンテゾンコランを制したクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)モンテゾンコランを制したクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:CorVos
「ジロを代表する登りであるゾンコランで優勝するのは本当にスペシャルだ。特にここまで苦しい戦いを強いられていただけに、この勝利の意味は大きい。すぐ後ろに迫るサイモン・イェーツを振り切っての勝利。安堵の気持ちに包まれているよ」。開幕前の落車でコンディションを落とし、ジロ前半の山岳ステージでタイムを失い続けていたフルームが復活の勝利。ジロでのステージ初優勝を飾ったフルームは総合12位から総合5位まで一気に順位を上げ、総合争いに舞い戻った。

一時はチームからリタイアも提案されたが、フルームは落車からのリカバリーを願いながらレースを継続することを選択。具体的な総合争いについての明言は避けたが「最終日ローマまで全力で戦い抜く」と宣言している。

「正直言うと今日はステージ優勝を狙っていた」と語るのは、フルーム以外の総合ライバルたちからリードを奪うことに成功したイェーツ。デュムランに31秒差をつけてフィニッシュし、ボーナスタイム6秒を獲得したイェーツは総合リードを1分24秒まで広げている。「クリス・フルームに追いつくために全力を尽くしたけど、少し力が足りなかった。でもマリアローザのリードを広げることができたのでステージ2位という結果には満足している」。

マリアビアンカはステージ13位のカラパスからステージ4位のロペスに移動。図らずもイェーツはポイント賞3位に浮上するとともに山岳賞のリードを広げており、翌日からも引き続き山岳賞2位のエステバン・チャベス(コロンビア、ミッチェルトン・スコット)がマリアアッズーラを着用する。

観客が詰めかけたモンテゾンコランにマリアローザが到着観客が詰めかけたモンテゾンコランにマリアローザが到着 photo:CorVos
ステージ初優勝を飾ったクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)ステージ初優勝を飾ったクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:Kei Tsuji
総合首位を走るサイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)総合首位を走るサイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット) photo:Kei Tsuji

ジロ・デ・イタリア2018第14ステージ結果
1位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)5:02:31
2位サイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)0:00:06
3位ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、バーレーン・メリダ)0:00:23
4位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)0:00:25
5位トム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)0:00:37
6位ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)0:00:42
7位ワウト・プールス(オランダ、チームスカイ)0:01:07
8位セバスティアン・ライヒェンバッハ(スイス、グルパマFDJ)0:01:19
9位ペリョ・ビルバオ(スペイン、アスタナ)0:01:35
10位マイケル・ウッズ(カナダ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)0:01:43
11位パトリック・コンラッド(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)0:01:48
12位ジョージ・ベネット(ニュージーランド、ロットNLユンボ)0:01:55
13位リチャル・カラパス(エクアドル、モビスター)0:02:00
17位ファビオ・アル(イタリア、UAEチームエミレーツ)0:02:23
19位ローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング)0:02:35
マリアローザ 個人総合成績
1位サイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)61:19:51
2位トム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)0:01:24
3位ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、バーレーン・メリダ)0:01:37
4位ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)0:01:46
5位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)0:03:10
6位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)0:03:42
7位リチャル・カラパス(エクアドル、モビスター)0:03:56
8位ジョージ・ベネット(ニュージーランド、ロットNLユンボ)0:04:04
9位ペリョ・ビルバオ(スペイン、アスタナ)0:04:29
10位パトリック・コンラッド(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)0:04:43
マリアチクラミーノ ポイント賞
1位エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ)237pts
2位サム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ)197pts
3位サイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)98pts
マリアアッズーラ 山岳賞
1位サイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)76pts
2位エステバン・チャベス(コロンビア、ミッチェルトン・スコット)47pts
3位ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)40pts
マリアビアンカ ヤングライダー賞
1位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)61:23:33
2位リチャル・カラパス(エクアドル、モビスター)0:00:14
3位ベン・オコーナー(オーストラリア、ディメンションデータ)0:02:00
チーム総合成績
1位チームスカイ184:15:54
2位アスタナ0:02:46
3位ミッチェルトン・スコット0:06:51
text&photo:Kei Tsuji in Monte Zoncolan, Italy
Amazon.co.jp 
の画像 The Climb
カテゴリー: Book
著者: Chris Froome
出版社: Viking
参考価格: ¥ 1,476
最安価格: ¥ 1,092
アマゾン価格: ¥ 1,455
の画像 The Pain and the Glory: The Official Team Sky Diary of the Giro Campaign and Tour Victory (Team Sky Giro & Tour Diary)
カテゴリー: Book
著者: Team Sky, Sir Dave Brailsford, Chris Froome
出版社: HarperSport
参考価格: ¥ 2,967
最安価格: ¥ 7,293
の画像 Chris Froome: Keniaanse jungle boy
カテゴリー: Book
著者: Léon de Kort
出版社: B for Books distriBution
参考価格: ¥ 610