雨に見舞われた2級山岳モンテヴェルジネ・ディ・メルコリアーノで集団から飛び出したマリアビアンカのリカルド・カラパス(エクアドル、モビスター)がステージ初勝利。クリストファー・フルームは終盤に落車したが、タイムを失うことなくフィニッシュしている。


切り立った崖にへばりつく道を走る切り立った崖にへばりつく道を走る photo:Kei Tsuji
レース序盤は海沿いのアップダウンが続くレース序盤は海沿いのアップダウンが続く photo:LaPresse
5月12日(土)第8ステージ プライア・ア・マーレ〜モンテヴェルジネ・ディ・メルコリアーノ 209km ☆☆☆5月12日(土)第8ステージ プライア・ア・マーレ〜モンテヴェルジネ・ディ・メルコリアーノ 209km ☆☆☆ photo:RCS Sport5月12日(土)第8ステージ プライア・ア・マーレ〜モンテヴェルジネ・ディ・メルコリアーノ 209km ☆☆☆5月12日(土)第8ステージ プライア・ア・マーレ〜モンテヴェルジネ・ディ・メルコリアーノ 209km ☆☆☆ photo:RCS Sport

前日と同じ、ティレニア海に沿って北上するレイアウトで行われたジロ・デ・イタリア第8ステージ。この日は前半からアップダウンが組み込まれており、コース全長も209kmと長い。そして締めくくりは2級山岳モンテヴェルジネ・ディ・メルコリアーノ(全長17.1km/標高差856m/平均5%/最大10%)の山頂フィニッシュだ。

標高1,260mの聖地に向かう登りがジロに登場するのは6回目。過去にディルーカやクネゴ、デクレルクが制しているモンテヴェルジネ・ディ・メルコリアーノの特徴は、5%ほどの緩い一定勾配と合計18ヶ所のスイッチバックにある。開幕から続いていた好天はこの第8ステージでストップし、選手たちは雨のモンテヴェルジネに挑むことになった。

マリアローザ争いが激化するような難易度のステージではないため、逃げ切りを狙う選手たちによる激しいアタックの応酬がスタート後しばらく続いた。23km地点でトッシュ・ヴァンデルサンド(ベルギー、ロット・フィックスオール)が飛び出すと、ここにダヴィデ・ヴィレッラ(イタリア、アスタナ)やマテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・メリダ)、クーン・ボウマン(オランダ、ロットNLユンボ)、マッテーオ・モンタグーティ(イタリア、アージェードゥーゼール)、ロドルフォ・トレス(コロンビア、アンドローニジョカトリ・シデルメク)が合流。

さらにヤン・ポランツェ(スロベニア、UAEチームエミレーツ)とマッズ・ペデルセン(デンマーク、トレック・セガフレード)も先頭に追いついて状況が落ち着くと思われたが、どうしても逃げに選手を送り込みたいカチューシャ・アルペシンが集団を牽引して追撃したたためタイム差は広がらず、さらにカウンターアタックを誘発する。ペデルセンが脱落して先頭は7名。ロット・フィックスオールのアダム・ハンセン(オーストラリア)とティム・ウェレンス(ベルギー)の追走は届かず、レース開始から1時間半が経ってようやく集団はスピードを落とした。

逃げグループをリードするクーン・ボウマン(オランダ、ロットNLユンボ)逃げグループをリードするクーン・ボウマン(オランダ、ロットNLユンボ) photo:Kei Tsuji
カンパニア州に入ったプロトンカンパニア州に入ったプロトン photo:LaPresse
ミッチェルトン・スコットを先頭に進むメイン集団ミッチェルトン・スコットを先頭に進むメイン集団 photo:LaPresse
ミッチェルトン・スコットが牽引するメイン集団ミッチェルトン・スコットが牽引するメイン集団 photo:LaPresse
実績ある選手たち7名による逃げは最大で7分半のリードを稼ぎ出す。逃げの中で総合成績が最も良いのは過去にステージ2勝しているポランツェで、サイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)から8分16秒遅れの総合37位。ミッチェルトン・スコットが落ち着いて集団をコントロールしたため、暫定でマリアローザがポランツェに移ることはなかった。

ステージ後半に入り、ナポリの近くをかすめて内陸部に向かうとともに天候は悪化する。残り20kmを切ると雨は本降りとなり、逃げグループとメイン集団のタイム差が1分40秒まで縮まった状態で2級山岳モンテヴェルジネ・ディ・メルコリアーノの登坂が始まる。

逃げグループの中で最初に動いたのはモホリッチ。2013年のU23世界チャンピオンによるアタックによって残り13km地点でヴィレッラとトレス、ヴァンデルサンドが脱落する。ポランツェ、モホリッチ、ボウマン、モンタグーティが雨に包まれたモンテヴェルジネ・ディ・メルコリアーノを駆け上がったが、その後方にはミッチェルトン・スコット率いるメイン集団が迫った。

チームスカイを先頭に2級山岳モンテヴェルジネ・ディ・メルコリアーノを登るチームスカイを先頭に2級山岳モンテヴェルジネ・ディ・メルコリアーノを登る photo:Kei Tsuji
合計18ヶ所のスイッチバックをこなす合計18ヶ所のスイッチバックをこなす photo:Kei Tsuji
先頭で2級山岳モンテヴェルジネ・ディ・メルコリアーノを登るクーン・ボウマン(オランダ、ロットNLユンボ)先頭で2級山岳モンテヴェルジネ・ディ・メルコリアーノを登るクーン・ボウマン(オランダ、ロットNLユンボ) photo:Kei Tsuji
フィニッシュまで残り5kmを切ると、クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)はスリッピーなヘアピンコーナーで白線に後輪を滑らせて落車。フルームはすぐさまチームメイトたちの力を借りて集団に復帰するとともに、そこからチームスカイが集団のペースメイクを担った。

すでに200km近くを逃げているボウマンが独走に持ち込んだものの、約30名の大きな集団がハイスピードで迫りくる。残り2kmを切るとメイン集団からミカエル・シュレル(フランス、アージェードゥーゼール)がアタック。逃げ続けたボウマンは吸収された。

シュレルのアタックに反応したのがマリアビアンカを着るカラパス。残り1kmアーチを前にシュレルとボウマンを置き去りにしたカラパスが独走に持ち込み、追いすがる集団を振り切って逃げ切った。総合上位陣を含む28名のメイン集団は残り500mで仕掛けたティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)とダヴィデ・フォルモロ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ)らを先頭にフィニッシュしている。

独走でフィニッシュするリカルド・カラパス(エクアドル、モビスター)独走でフィニッシュするリカルド・カラパス(エクアドル、モビスター) photo:LaPresse
終盤に仕掛けたティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)がステージ3位終盤に仕掛けたティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)がステージ3位 photo:LaPresse
ステージ優勝を飾ったリカルド・カラパス(エクアドル、モビスター)ステージ優勝を飾ったリカルド・カラパス(エクアドル、モビスター) photo:LaPresse
エクアドル人として初めてグランツールに出場し、エトナ山でエクアドル人として初めて特別賞ジャージを手にし、そしてモンテヴェルジネでエクアドル人として初めてステージ優勝を飾ったカラパス。「グランツールでのステージ初勝利を飾って、とても幸せでエモーショナルだ。スプリントでは勝ち目がないとわかっていたので早めにスパートを仕掛けた。残り2kmというタイミングはばっちりだったと思う。まだローマまで長い道のりで、自分がどこまで走れるのか分からないけど、これから先の成績が気にならないような美しい勝利を手にすることができたよ。この勝利がエクアドルの自転車競技の発展につながればと思う」と語るプロ2年目の24歳が、大金星を手にするとともにマリアビアンカのリードを広げ、総合順位を11位から8位まで上げた。

落車したフルームを含め、総合上位陣は同タイムの集団でフィニッシュしている。ステージ5位でフィニッシュし、マリアローザを守ったイェーツは「ヘアピンコーナーが滑りやすく、雨が強く降っていたのでとにかく集団の前で走ることを心がけた。比較的イージーなペースだったと思う。もちろんボーナスタイムを狙いたかったけど、塞がれてスプリントできなかった」とコメント。イェーツはトム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)から16秒のリードを得た状態で、前半戦のクライマックスである1級山岳グランサッソ・ディタリアの山頂フィニッシュに挑む。

マリアローザを守ったサイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)マリアローザを守ったサイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット) photo:LaPresse
マリアアッズーラはエステバン・チャベス(コロンビア、ミッチェルトン・スコット)がキープマリアアッズーラはエステバン・チャベス(コロンビア、ミッチェルトン・スコット)がキープ photo:LaPresseマリアビアンカのリードを広げたリカルド・カラパス(エクアドル、モビスター)マリアビアンカのリードを広げたリカルド・カラパス(エクアドル、モビスター) photo:LaPresse
ジロ・デ・イタリア2018第8ステージ結果
1位リチャル・カラパス(エクアドル、モビスター)5:11:35
2位ダヴィデ・フォルモロ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ)0:00:07
3位ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)
4位エンリコ・バッタリーン(イタリア、ロットNLユンボ)
5位サイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)
6位ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、バーレーン・メリダ)
7位エステバン・チャベス(コロンビア、ミッチェルトン・スコット)
8位パトリック・コンラッド(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)
9位マイケル・ウッズ(カナダ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)
10位ペリョ・ビルバオ(スペイン、アスタナ)
マリアローザ 個人総合成績
1位サイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)31:43:12
2位トム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)0:00:16
3位エステバン・チャベス(コロンビア、ミッチェルトン・スコット)0:00:26
4位ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)0:00:41
5位ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、バーレーン・メリダ)0:00:43
6位ローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング)0:00:53
7位ペリョ・ビルバオ(スペイン、アスタナ)0:01:03
8位リチャル・カラパス(エクアドル、モビスター)0:01:08
9位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)0:01:10
10位ジョージ・ベネット(ニュージーランド、ロットNLユンボ)0:01:11
マリアチクラミーノ ポイント賞
1位エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ)178pts
2位サム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ)100pts
3位サーシャ・モードロ(イタリア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)73pts
マリアアッズーラ 山岳賞
1位エステバン・チャベス(コロンビア、ミッチェルトン・スコット)35pts
2位サイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)20pts
3位ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)18pts
マリアビアンカ ヤングライダー賞
1位リチャル・カラパス(エクアドル、モビスター)31:44:18
2位ベン・オコーナー(オーストラリア、ディメンションデータ)0:00:36
3位サム・オーメン(オランダ、サンウェブ)0:00:54
チーム総合成績
1位ミッチェルトン・スコット95:12:00
2位チームスカイ0:02:06
3位モビスター0:02:11
text:Kei.Tsuji
Amazon.co.jp 
の画像 エクアドルを知るための60章 【第2版】 (エリア・スタディーズ57)
カテゴリー: Book
著者: 新木 秀和
出版社: 明石書店
最安価格: ¥ 2,160
アマゾン価格: ¥ 2,160
の画像 エクアドル 国旗 ステッカー 2S ( スーツケース ・ 車 にも貼れる 屋外 対候 ・ 防水 シール )
カテゴリー: Toy
メーカー: テブラヤガレージ
最安価格: ¥ 180
アマゾン価格: ¥ 180