ドイツで最も歴史のあるレース、エシュボルン・フランクフルトで新城幸也(バーレーン・メリダ)がロングエスケープ。25名程度に絞り込まれた集団スプリントで、アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)が大会4連覇を飾った。


初山翔や小林海、マルコ・カノラ(イタリア)が出場したNIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ初山翔や小林海、マルコ・カノラ(イタリア)が出場したNIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ (c)CorVos別府史之とトレック・セガフレードのメンバー別府史之とトレック・セガフレードのメンバー (c)CorVos

エシュボルン・フランクフルト2018 コースプロフィールエシュボルン・フランクフルト2018 コースプロフィール (cv)www.eschborn-frankfurt.de
エシュボルン・フランクフルトは、その名の通りエシュボルンからドイツ第5の都市フランクフルトに至るワンデーレース。長年HC(超級)レースとして開催されてきたが、8月に開催されるユーロアイズ・サイクラシックス(元サイクラシックス・ハンブルグ)に続くドイツ第2のUCIワールドツアーへとランクアップした。なお、初開催は1962年とサイクラシックス(1996年初開催)よりも歴史は古く、今年で57回目の開催を迎えた。

登坂区間を生き残ったスプリンターによる勝負に持ち込まれることが通例の本レース。大会中止となった2015年を飛ばし、2014年、2016年、2017年と3連覇中のアレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)を始め、フェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)、マイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)、直前のロマンディ最終日に勝利したパスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)などピュアスプリンターが勢揃い。新城幸也(バーレーン・メリダ)と別府史之(トレック・セガフレード)、NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニの初山翔と小林海という4名の日本人選手たちも顔を揃えた。

逃げを作った新城幸也(バーレーン・メリダ)逃げを作った新城幸也(バーレーン・メリダ) (c)CorVos
昨年よりも登りを増やし、獲得標高3500mに達する212.5kmコースに向けて逃げを決めたのは新城幸也だった。アレクセイ・サラモティンス(ラトビア、ボーラ・ハンスグローエ)やダニエル・テクレハイマノ(エリトリア、コフィディス・ソルシオンクレディ)ら同調した6名とエスケープする。

サンウェブとUAEチームエミレーツの連合軍が集団をコントロールし、中盤の登坂区間でマルセル・キッテル(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)は脱落。時を同じくしてグレゴール・ミュールベルガー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)、ビョルグ・ランブレヒト(ベルギー、ロット・スーダル)、ミヒャエル・ゴグル(オーストリア、トレック・セガフレード)が集団からジャンプ。1分弱に迫っていた新城グループに合流して先を急いだ。

菜の花を横目に新城幸也(バーレーン・メリダ)たちが逃げる菜の花を横目に新城幸也(バーレーン・メリダ)たちが逃げる (c)CorVosグレゴール・ミュールベルガー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)らが先頭にジャンプグレゴール・ミュールベルガー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)らが先頭にジャンプ (c)CorVos

サンウェブとUAEチームエミレーツがメイン集団をコントロールサンウェブとUAEチームエミレーツがメイン集団をコントロール (c)CorVos中盤の登りで遅れたマルセル・キッテル(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)中盤の登りで遅れたマルセル・キッテル(ドイツ、カチューシャ・アルペシン) (c)CorVos


断続的にアタックが掛かる状況を嫌ったサンウェブがペースを落とそうとするものの、スプリンターのキッテルとリック・ツァベル(ドイツ)が遅れたカチューシャ・アルペシンが積極的に展開する。

最後から2番目の登坂区間マンモルスハインで、ニルス・ポリッツ(ドイツ)とシモン・スピラク(スロベニア)がアタックし、エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)、ジュリアン・ベルナール(フランス、トレック・セガフレード)、ローレンス・デプルス(ベルギー、クイックステップフロアーズ)、そしてグレガ・ボーレ(スロベニア、バーレーン・メリダ)も同調。最初から逃げていたメンバーの中で最後まで粘った新城がここに合流し、ボーレのアシストをこなしつつ先頭グループに追いつくのを見届け離脱した。

最後のマンモルスハインではマイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)自ら抜け出し、マルコ・カノラ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ)やメルハウィ・クドス(エリトリア、ディメンションデータ)らと共に暫く前を追ったものの、ハイスピードで逃げる先頭8名に追いつくことは叶わない。逆に20kmを残してメイン集団に吸収され目論みは失敗に終わった。

フランクフルト市街地の周回コースを駆け抜けるフランクフルト市街地の周回コースを駆け抜ける (c)CorVos
先頭8名は1分のリードを削りつつ、最終盤に用意されたフランクフルト市街地の周回コースに突入。アタックやコースミスも重なってブッフマン、ボーレ、ベルナール、スピラックだけが生き残って逃げを続行したが、ガビリアを従えたイヴ・ランパールト(ベルギー、クイックステップフロアーズ)が残り3kmでキャッチ。わずか25名程度に絞り込まれた集団にはクリストフやマシューズ、エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)らも生き残っていた。

ランパールト一人で散発的なアタックを封じ込め、残り1kmを切って加速したショーン・ドゥビー(ベルギー、ヴェランダスヴィレムス・クレラン)にはガビリア自ら反応する。アシスト不在のガビリアは残り400mからロングスプリントを開始したが、至近距離を先行するモーターバイクの退避につられてミスコースしてしまう。

マイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)を退けたアレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)が大会4連覇マイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)を退けたアレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)が大会4連覇 (c)CorVos
ハンドルを叩いて悔しがるガビリアを追い抜き、サム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ)を先頭に最終ストレートでのスプリント合戦が勃発。オリヴァー・ナーセン(ベルギー、アージェードゥーゼル)が先頭に上がったが、番手から加速したクリストフの勢いは群を抜いていた。遠距離から追い込んだマシューズも届かず、クリストフが史上初となる大会4連覇を成し遂げた。

2月の中東レースで2勝しつつも、パリ〜ニースやミラノ〜サンレモでは勝利に届かなかったクリストフが今季3勝目。「今年は例年よりも獲得標高が増して、中盤の登りでは遅れかけたんだ。でもチームメイトの力を借りて何とか食い下がった。終盤の市街地コースに入ると調子が上がってきて、勝利を確信し始めたんだ。チームも終始よく働いてくれたし、クイックステップが逃げを潰してくれたのも大きかった。彼らはガビリアがミスコースするまで主導権を握っていたけれど、それで助かった部分も多い。勝利から離れていたものの好相性のレースで4連覇を記録できたので素晴らしい気分だ」とヨーロッパ王者は喜びを語る。

クロンバッハのノンアルコールビールで乾杯するトップスリークロンバッハのノンアルコールビールで乾杯するトップスリー (c)CorVos
中盤までレースを作った新城は1分43秒遅れの59位でフィニッシュし、別府と初山、小林は途中でレースを離脱。別府は「ロマンディで体調がおかしくなってから昨日のレースでは上手くリカバリー出来たけど、あと一歩が足りなかった。ここ最近の連戦では力み過ぎてうまくパフォーマンスが出せていない、またトレーニングを積み重ねてリフレッシュしてカムバックしたい!」と自身のTwitterでコメントしている。
結果
1位アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)5h13’24”
2位マイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)
3位オリヴァー・ナーセン(ベルギー、アージェードゥーゼル)
4位アンドレア・パスカロン(イタリア、ワンティ・グループゴベール)
5位ショーン・ドゥビー(ベルギー、ヴェランダスヴィレムス・クレラン)
6位グレガ・ボーレ(スロベニア、バーレーン・メリダ)
7位サム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ)
8位エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)
9位ヤン・トラトニク(スロベニア、CCCスプランディ・ポルコウィチェ)
10位フアンホセ・ロバト(スペイン、NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ)
59位新城幸也(バーレーン・メリダ)+1’43”
DNF別府史之(トレック・セガフレード)
DNF初山翔(NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ)
DNF小林海(NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ)
text:So.Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 A15 地球の歩き方 南ドイツ フランクフルト ミュンヘン ロマンティック街道 古城街道 2017~2018
カテゴリー: Book
出版社: ダイヤモンド・ビッグ社
最安価格: ¥ 1,728
アマゾン価格: ¥ 1,728
の画像 特大国産串付フランクフルトソーセージ、国産肉に、味にも安価供給にもこだわる業務用串付特大90g、20本
カテゴリー: Grocery
メーカー: サンエイオンラインショップ
最安価格: ¥ 2,160
アマゾン価格: ¥ 2,160
の画像 フランクフルトマン
カテゴリー: Toy
メーカー: ジグ
参考価格: ¥ 4,644
最安価格: ¥ 3,451
アマゾン価格: ¥ 3,780