8日間に渡るアジア最大のステージレース、ツール・ド・ランカウイがマレーシアで開幕。過去同大会で勝利を量産しているアンドレア・グアルディーニ(イタリア、バルディアーニCSF)が初日の集団スプリントを制した。また日本からはキナンサイクリングチームが初出場、トマ・ルバが最上位の48位でゴールしている。



ツール・ド・ランカウイに出走したキナンサイクリングチームの6名のメンバーツール・ド・ランカウイに出走したキナンサイクリングチームの6名のメンバー Photo: KINAN Cycling Team
マレーシア全土を舞台に北から南に向かって8つのステージレースを駆けるツール・ド・ランカウイ(UCI2.HC)。アスタナとディメンションデータの2つのワールドチームと6つのプロコンチネンタルチームを含む22チームが出場。日本からはキナンサイクリングチームが参戦している。

大会初日はタイとの国境にもほど近いカンガーからクリムまで南下する147.9kmのコース。途中に3.5%の登りを1箇所含むのみの超平坦レイアウトが引かれた。16km地点に設定された最初のスプリントポイントをフアンセバスティアン・モラノ(コロンビア、マンサナポストボン)が1位で通過すると、その後ワン・ボ(中国、ヘンシャンサイクリングチーム)、ムハンマド・アブドゥッラフマーン(インドネシア、KFCサイクリング)、ニクモハド・アズワン・ズルキフリ(マレーシア、フォルカ・アムスキンズ)の3名が逃げを形成。

沿道からレースを応援する地元の人たち沿道からレースを応援する地元の人たち Photo: KINAN Cycling Teamレース前のリラックスした様子のキナンサイクリングチームレース前のリラックスした様子のキナンサイクリングチーム Photo: KINAN Cycling Team

その後3名は3分以上のリードを奪って第2スプリントポイントを通過、さらに6分半までタイム差を拡げ70km地点の第3スプリントポイントを通過した。その後はゴールスプリント狙いの各チームが集団を牽引し逃げとのタイムギャップを詰めていく。先頭3名で争われた大会最初のKOMポイントではワンが先着し山岳ジャージを決めた後ところで今日の逃げは終了。3名は足を緩めプロトンに吸収される選択を取った。

チームカーからボトルを受け取る椿大志チームカーからボトルを受け取る椿大志 Photo: KINAN Cycling Teamその後残りの30kmはスプリンターチームがポジションを争いながらゴールまでの距離を消化していく。ラスト2kmで複数選手が絡む落車が起き、集団がやや分裂。プロトンからややドロップしてしまったアンドレア・グアルディーニ(イタリア、バルディアーニCSF)がチームメイトの力を借りて復帰すると、そのまま20名弱によるスプリントを制し第1ステージ優勝を飾った。

UAEチームエミレーツ所属の昨年は同大会に出場しなかったグアルディーニだが、その前のアスタナ所属時代に勝利を量産しており、今回の勝利でなんと大会通算23勝目。「昨年勝利がなかっただけに、今回の結果も決してたやすいものではなかったが、ここまで諦めず努力し続けてきたんだ。とてもハッピーだし、サポートしてくれたチームメイトに感謝したい」とコメントしている。

スプリントを制し今大会通算23勝目を飾ったアンドレア・グアルディーニ(イタリア、バルディアーニCSF)スプリントを制し今大会通算23勝目を飾ったアンドレア・グアルディーニ(イタリア、バルディアーニCSF) (c)CorVos
ツール・ド・ランカウイ第1ステージ 表彰式ツール・ド・ランカウイ第1ステージ 表彰式 (c)CorVosゴール地点では散水車によって水が撒かれ火照った体を冷やすゴール地点では散水車によって水が撒かれ火照った体を冷やす (c)CorVos

ボーナスタイムを6秒獲得したグアルディーニがリーダージャージを着用するとともに、第1スプリントポイント2位通過の4ptと、ゴールスプリントポイント15ptを合わせた19ptで、ポイント賞でもトップを走る。

キナン勢は安全を考慮してゴールスプリントには加わらず、トマ・ルバの48位が最上位。山本元喜が57位、マルコス・ガルシアが62位、中西健児が75位と続いている。また椿大志は日中40度近い気温も影響したためか不調を訴えレースを降りている。明日からは椿を欠いた5名でレースを走る。
ツール・ド・ランカウイ2018第1ステージ結果
1位アンドレア・グアルディーニ(イタリア、バルディアーニCSF)3:29:04
2位ソー・ジョンヨン(韓国、KSPOビアンキアジアプロサイクリング)
3位メクセブ・ドゥバサイ(エリトリア、ディメンションデータ)
4位マヌエル・ベレッティ(イタリア、アンドローニジョカトリ・シデルメク)
5位リカルド・ミナーリ(イタリア、アスタナ)
6位ルカ・パチオーニ(イタリア、ウィリエール・トリエスティーナ)
7位ケイデン・グローヴス(オーストラリア、セントジョージ・コンチネンタル・サイクリングチーム)
8位スコット・サンダーランド(オーストラリア、ベネロング・スイスウェルネス)
9位アラン・バナセク(ポーランド、CCCスプランディ・ポルコウィチェ)
10位アブドゥル・ガニ(インドネシア、KFCサイクリングチーム)
個人総合成績
1位アンドレア・グアルディーニ(イタリア、バルディアーニCSF)3:28:52
2位ソー・ジュンヨン(韓国、KSPOビアンキアジアプロサイクリング)0:06
3位ワン・ボ(中国、ヘンシャンサイクリングチーム)
4位メクセブ・ドゥバサイ(エリトリア、ディメンションデータ)0:08
5位ニクモハド・アズワン・ズルキフリ(マレーシア、フォルカ・アムスキンズ)
6位フアンセバスティアン・モラノ(コロンビア、マンサナポストボン)0:09
7位ムハンマド・アブドゥッラフマーン(インドネシア、KFCサイクリング)0:10
8位ディラン・ページ(スイス、サプラサイクリング)0:11
9位マヌエル・ベレッティ(イタリア、アンドローニジョカトリ・シデルメク)0:12
10位リカルド・ミナーリ(イタリア、アスタナ)
ポイント賞
1位アンドレア・グアルディーニ(イタリア、バルディアーニCSF)19pt
2位ソー・ジュンヨン(韓国、KSPOビアンキアジアプロサイクリング)12pt
3位ワン・ボ(中国、ヘンシャンサイクリングチーム)10pt
山岳賞
1位ワン・ボ(中国、ヘンシャンサイクリングチーム)4pt
2位ニクモハド・アズワン・ズルキフリ(マレーシア、フォルカ・アムスキンズ)2pt
3位ムハンマド・アブドゥッラフマーン(インドネシア、KFCサイクリング)1pt
text:Yuto.Murata
photo:CorVos,KINAN Cycling Team
Amazon.co.jp 
の画像 資生堂薬品 イハダアレルスクリーンN スプレータイプ イオンの透明マスク 頭・髪用 花粉・PM2.5をブロック 50g
カテゴリー: Health and Beauty
メーカー: 資生堂薬品
参考価格: ¥ 972
最安価格: ¥ 774
アマゾン価格: ¥ 972
の画像 (PM2.5対応) 快適ガードさわやかマスク レギュラーサイズ 60枚入
カテゴリー: Health and Beauty
メーカー: 白元アース
参考価格: ¥ 1,058
最安価格: ¥ 560
アマゾン価格: ¥ 680
の画像 サージカルマスク ゴムタイプ 耳かけ-ゴム紐タイプ 50枚入
カテゴリー: Health and Beauty
メーカー: 白十字
参考価格: ¥ 1,512
最安価格: ¥ 493
アマゾン価格: ¥ 1,099