自転車保険のau損保が宮城県と「自転車安全利用促進事業連携協定」を締結した。自転車事故における加害者及び被害者の経済的負担軽減を目標に自転車保険の加入促進に努める。au損保と各自治体による自転車安全利用に関する提携は全国10例目となる。以下、プレスリリースより紹介する。 



宮城県と「自転車安全利用促進事業連携協定」を締結
~自転車事故から県民の生命と財産を護る~


au損保が宮城県と「自転車安全利用促進事業連携協定」を締結したau損保が宮城県と「自転車安全利用促進事業連携協定」を締結した (c)au損保
au損害保険株式会社は、2018年3月16日(金)に、宮城県と「自転車保険安全利用促進事業連携協定」を締結いたしました。本協定を踏まえ、au損保は県と連携・協力して、自転車の安全で適正な利用を促進するための啓発活動や自転車利用者への交通安全教育に取り組むと同時に、被害者救済と加害者の経済的負担軽減を目的とした自転車向け保険の加入促進に努め、自転車事故から県民の生命・財産を護ることに寄与してまいります。

また、au損保は本協定に基づき、「自転車向け保険」の販売に応じた収益の一部を交通安全の確保に対する活動のため宮城県へ寄付することといたしました。対象契約は4月以降、宮城県民の方が「au損保の自転車向け保険」にご加入いただいた契約となる予定です。協定締結式は、宮城県行政庁舎庁議室において村井 嘉浩 県知事、遠藤 隆興au損保社長の両氏の出席のもと執り行われました。

au損保と自治体との自転車安全利用等に関する協定の締結は、都道府県単位では7番目となり、市単位を含めると全国で10箇所の自治体と締結したことになります。au損保は、今後も各地の自治体との緊密な関係強化、事業協定締結等を通じて自転車の安全で適正な利用に貢献してまいります。