ティレーノ〜アドリアティコを締めくくる10km個人タイムトライアルでローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング)が2年連続優勝。ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)が自身初のUCIワールドツアーステージレース総合優勝に輝いた。


10kmコースを53.348km/hで駆け抜けたローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング)10kmコースを53.348km/hで駆け抜けたローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング) photo:LaPresse - D'Alberto / Ferrari

ティレーノ〜アドリアティコ2018第7ステージティレーノ〜アドリアティコ2018第7ステージ photo:RCS Sportティレーノ〜アドリアティコ最終日は恒例のサンベネデット・デル・トロントを舞台にした真っ平らな10km個人タイムトライアル。第6ステージを終えた時点で総合1位ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)と総合2位ダミアーノ・カルーゾ(イタリア、BMCレーシング)のタイム差は3秒。さらに総合表彰台争いも僅差で、総合3位ミケル・ランダ(スペイン、モビスター)と総合4位ゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)のタイム差は6秒。レース時間が12分に満たないこの短距離高速決戦で総合優勝と総合表彰台が決まる。

なお、全く同じコースで行われた2017年の最終個人TTでは、もちろんコンディションやモチベーションに差こそあれ、クウィアトコウスキーはステージ優勝者(デニス)と38秒差、カルーゾは32秒差、ランダは49秒差、トーマスは16秒差。つまり1年目と同じタイムで走れば総合1位と総合2位、そして総合3位と総合4位が逆転する計算だ。

2年連続でステージ優勝に輝いたのはオーストラリアTTチャンピオンジャージを着て走ったローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング)だった。第3ステージで優勝したプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)が中間計測(4.4km地点)でトップタイムをマークしたものの、後半にかけてペースを上げたデニスが11分14秒でステージ優勝。2年連続でヨス・ファンエムデン(オランダ、ロットNLユンボ)がステージ2位に入った。

10kmコースを平均53.348km/hで駆け抜け、前年の11分18秒を上回るタイムをマークしたデニスは「1年前よりも速いタイムを出したいと思っていた。(1年前より4秒速い)今日のタイムは良いサインだ。この2ヶ月半にかけてハードなレースをこなしてきたので、これから休息期間をとってツール・ド・ロマンディでジロ・デ・イタリアに向けて再始動する。ジロではもちろん総合成績を狙うよ」と語る。デニスは今シーズンこれが個人TTで3勝目だ。

2年連続トップタイムで優勝したローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング)2年連続トップタイムで優勝したローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング) photo:LaPresse - D'Alberto / Ferrariステージ2位/3秒差 ヨス・ファンエムデン(オランダ、ロットNLユンボ)ステージ2位/3秒差 ヨス・ファンエムデン(オランダ、ロットNLユンボ) photo:CorVos
ステージ3位/7秒差 ヨナタン・カストロビエホ(スペイン、チームスカイ)ステージ3位/7秒差 ヨナタン・カストロビエホ(スペイン、チームスカイ) photo:CorVosステージ9位/17秒差 プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)ステージ9位/17秒差 プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ) photo:CorVos
ステージ13位/22秒差 ゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)ステージ13位/22秒差 ゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ) photo:CorVosヤングライダー賞トップのティシュ・ベノート(ベルギー、ロット・スーダル)はステージ46位/46秒差ヤングライダー賞トップのティシュ・ベノート(ベルギー、ロット・スーダル)はステージ46位/46秒差 photo:CorVos

そして総合優勝の栄冠はミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)の手に。青いリーダージャージを着て走ったクウィアトコウスキーは中間計測(4.4km地点)で3番手タイムを出し、後半に順位を落としながらもステージ12位のタイムを残した。自身が公開しているSTRAVAログによると、クウィアトコウスキーは往路を56km/h前後で、復路を53km/h前後で巡航。極めて一定のケイデンスで一定ペースを刻んでいる。Velon公開データによれば最初の1kmの平均出力は454Wで最後の1kmの平均出力は446Wだった。

これまでロード世界選手権(2014年)やアムステルゴールドレース(2015年)、レコードバンク・E3ハーレルベーケ(2016年)、ストラーデビアンケ(2014年と2017年)、ミラノ〜サンレモ(2017年)、クラシカ・サンセバスティアン(2017年)と数々のビッグレースで勝利している27歳が初のUCIワールドツアーステージレース総合優勝。山岳ステージでフルームとトーマスのアシストとして走りながら上位に入り、突然舞い込んだ総合チャンスを掴み取った。

「ウォーミングアップの時点で雨が降っていたので、どこかで間違いを犯すんじゃないかととても神経質になった。でも脚の状態はとても良くて、終わってみれば良い結果に。このティレーノはキャリアの中で最高のステージレース総合優勝。チームスカイにとって不運続きの1週間だったけど、最後まで諦めずに走り続け、目標を達成した。チームスカイとして土曜日のミラノ〜サンレモに向けて自信を得たよ」と、クウィアトコウスキーは連覇のかかった週末のビッグタイトルに目を向ける。

最終走者ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)はステージ12位/19秒差最終走者ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)はステージ12位/19秒差 photo:LaPresse - D'Alberto / Ferrari
総合優勝を決めて喜ぶミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)総合優勝を決めて喜ぶミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ) photo:LaPresse - D'Alberto / Ferrari

ステージ37位に終わったカルーゾは逆転を逃しながらも総合2位を堅守。ランダがステージ88位に沈んだため、ステージ13位のトーマスが総合表彰台を射止めた。クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)がステージ11位に入り、チームスカイがステージトップ15に6名を送り込む結果に。

ポーランド人選手によるティレーノ総合優勝は初。ステージ優勝を飾っていない選手による総合優勝は2013年のヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)以来5年ぶりとなる。トーマスの総合表彰台はイギリス人選手として2013年のフルーム以来5年ぶり。また、カルーゾの総合表彰台もイタリア人選手として2013年のニーバリ以来5年ぶりだ。

前半ステージで連日逃げたジャコポ・モスカ(イタリア、ウィリエール・トリエスティーナ)とニコラ・バジョーリ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ)がそれぞれポイント賞と山岳賞を獲得。ストラーデビアンケ覇者のティシュ・ベノート(ベルギー、ロット・スーダル)は最終的に総合4位まで順位を上げ、ヤングライダー賞を獲得している。

2年連続ステージ優勝を飾ったローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング)2年連続ステージ優勝を飾ったローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング) photo:LaPresse - D'Alberto / Ferrari
総合2位ダミアーノ・カルーゾ(イタリア、BMCレーシング)、総合優勝ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)、総合3位ゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)総合2位ダミアーノ・カルーゾ(イタリア、BMCレーシング)、総合優勝ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)、総合3位ゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ) photo:LaPresse - D'Alberto / Ferrari
総合優勝に輝いたミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)総合優勝に輝いたミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ) photo:LaPresse - D'Alberto / Ferrariポイント賞を獲得したジャコポ・モスカ(イタリア、ウィリエール・トリエスティーナ)ポイント賞を獲得したジャコポ・モスカ(イタリア、ウィリエール・トリエスティーナ) photo:LaPresse - D'Alberto / Ferrari
山岳賞を獲得したニコラ・バジョーリ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ)山岳賞を獲得したニコラ・バジョーリ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ) photo:LaPresse - D'Alberto / Ferrariヤングライダー賞を獲得したティシュ・ベノート(ベルギー、ロット・スーダル)ヤングライダー賞を獲得したティシュ・ベノート(ベルギー、ロット・スーダル) photo:LaPresse - D'Alberto / Ferrari

ティレーノ〜アドリアティコ2018第7ステージ結果
1位ローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング)0:11:14
2位ヨス・ファンエムデン(オランダ、ロットNLユンボ)0:00:04
3位ヨナタン・カストロビエホ(スペイン、チームスカイ)0:00:08
4位マッズ・ペデルセン(デンマーク、トレック・セガフレード)
5位ジャンニ・モスコン(イタリア、チームスカイ)0:00:12
6位マイケル・ヘップバーン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)0:00:13
7位ジャック・バウアー(ニュージーランド、ミッチェルトン・スコット)
8位ルーク・ダーブリッジ(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)0:00:17
9位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)0:00:18
10位ヴァシル・キリエンカ(ベラルーシ、チームスカイ)
11位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)0:00:20
12位ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)
13位ゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)0:00:23
37位ダミアーノ・カルーゾ(イタリア、BMCレーシング)0:00:41
46位ティシュ・ベノート(ベルギー、ロット・スーダル)0:00:47
88位ミケル・ランダ(スペイン、モビスター)0:01:10
121位初山翔(日本、NIPPOヴィーニファンティーニ)0:01:44
個人総合成績
1位ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)25:32:56
2位ダミアーノ・カルーゾ(イタリア、BMCレーシング)0:00:24
3位ゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)0:00:32
4位ティシュ・ベノート(ベルギー、ロット・スーダル)0:01:06
5位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)0:01:10
6位ミケル・ランダ(スペイン、モビスター)0:01:13
7位ダヴィデ・フォルモロ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ)0:01:15
8位ハイメ・ロソン(スペイン、モビスター)
9位ジョージ・ベネット(ニュージーランド、ロットNLユンボ)0:01:16
10位リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)0:01:22
ポイント賞
1位ジャコポ・モスカ(イタリア、ウィリエール・トリエスティーナ)33pts
2位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)30pts
3位マルセル・キッテル(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)24pts
山岳賞
1位ニコラ・バジョーリ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ)35pts
2位ジャコポ・モスカ(イタリア、ウィリエール・トリエスティーナ)25pts
3位ダリオ・カタルド(イタリア、アスタナ)20pts
ヤングライダー賞
1位ティシュ・ベノート(ベルギー、ロット・スーダル)25:34:02
2位ハイメ・ロソン(スペイン、モビスター)0:00:09
3位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)0:02:21
チーム総合成績
1位アスタナ76:02:04
2位チームスカイ0:00:39
3位バーレーン・メリダ0:00:43
text:Kei Tsuji
photo:LaPresse - D'Alberto / Ferrari
Amazon.co.jp 
の画像 Rollibot 掃除機 サイクロン式 スティッククリーナー 高吸引力 軽量 ハンディー可能 Rapido100B
カテゴリー: Kitchen
メーカー: Rollibot
最安価格: ¥ 6,980
アマゾン価格: ¥ 6,980
の画像 DEIK コードレス掃除機 超軽量 スティック&ハンディー2-in-1 充電式&サイクロン式&9000Pa強吸引力&4種類ブラシ付属
カテゴリー: Kitchen
メーカー: Deik
参考価格: ¥ 28,000
最安価格: ¥ 13,000
アマゾン価格: ¥ 49,000
の画像 ツインバード サイクロンスティック型クリーナー スケルトンブラック 掃除機 TC-E123SBK
カテゴリー: Kitchen
メーカー: ツインバード工業(TWINBIRD)
最安価格: ¥ 3,976
アマゾン価格: ¥ 3,976