アメリカ・ユタ州を駆け巡るツアー・オブ・ユタ(UCI2.HC)が現在開催中。NIPPOヴィーニファンティーニの小石祐馬も出場している本レースを、昨日開催された第4ステージまでのダイジェストで紹介します。



アメリカ西部のユタ州にて開催されているツアー・オブ・ユタアメリカ西部のユタ州にて開催されているツアー・オブ・ユタ (c)CorVos
アメリカ西部に位置するユタ州で7月31日から8月6日までの7日間で開催されているツアー・オブ・ユタ。2010年に初開催を迎えた新しい北米レースであり、山岳コースが多く含まれている特徴を持つ。

過去にはリーヴァイ・ライプハイマー(アメリカ)やヨハン・チョップ(スイス)、ジョー・ドンブロウスキー(アメリカ、現キャノンデール・ドラパック)、ラクラン・モートン(オーストラリア、現ディメンションデータ)といったクライマーが優勝しており、今年も2つの山頂フィニッシュに加え、第3ステージでは9kmの登坂個人TTが行われた。

出場するUCIワールドチームはBMCレーシングのみだが、ユナイテッドヘルスケアや、若手有望株を多く揃えるアクセオン・ハーゲンスバーマン、ホロウェスコ・シタデルレーシングチームに加え、ラリー・サイクリングといった実力を備えるアメリカンチームが勢揃い。NIPPOヴィーニファンティーニは昨年に続く出場であり、日本人選手としては小石祐馬が参戦中だ。

第1ステージの集団スプリントを制したのは、タイ・マグナー(アメリカ、ホロウェスコ・シタデルレーシングチーム)第1ステージの集団スプリントを制したのは、タイ・マグナー(アメリカ、ホロウェスコ・シタデルレーシングチーム) (c)CorVos
2級山岳の山頂フィニッシュを制したブレント・ブックウォルター(アメリカ、BMCレーシング)2級山岳の山頂フィニッシュを制したブレント・ブックウォルター(アメリカ、BMCレーシング) (c)CorVos
標高2347mのカテゴリー山岳を2回超える開幕ステージは集団スプリントに持ち込まれ、早めのタイミングからもがいたタイ・マグナー(アメリカ、ホロウェスコ・シタデルレーシングチーム)が勝利する。

総合が動いたのは翌第2ステージからで、2級山岳頂上フィニッシュに向けて出入りの激しいアタック合戦が繰り広げられた末に、ゴールスプリントでブレント・ブックウォルター(アメリカ、BMCレーシング)が勝利。総合首位のマグナーが早々に遅れたため、ステージ2位のセップ・クス(アメリカ、ラリーサイクリング)がリーダーに浮上している。

続く第3ステージは獲得標高525m、平均勾配6%弱の登りを9kmに渡って登る個人タイムトライアルでは更に総合が動く。平均424w、平均スピード29.216km/hで踏み続けたロブ・ブリットン(カナダ、ラリーサイクリング)が2位に13秒差で勝利し、チームメイトからリーダージャージを受け継いだ。

第3ステージは個人タイムトライアル。ラリーサイクリングのロブ・ブリットン(カナダ)がステージ優勝するとともに、リーダージャージを獲得した第3ステージは個人タイムトライアル。ラリーサイクリングのロブ・ブリットン(カナダ)がステージ優勝するとともに、リーダージャージを獲得した (c)CorVos
第4ステージは集団スプリントとなり、ジョン・マーフィー(アメリカ、ホロウェスコ・シタデルレーシングチーム)が制した第4ステージは集団スプリントとなり、ジョン・マーフィー(アメリカ、ホロウェスコ・シタデルレーシングチーム)が制した (c)CorVos
第4ステージは再びスプリンターたちが激しく火花を散らした末に、ゴール前で猛加速をみせたジョン・マーフィー(アメリカ、ホロウェスコ・シタデルレーシングチーム)が勝利して、ブリットンは危なげなくジャージをキープ。ステージ49位で終えたブリットンのSTRAVAログによれば、スプリント中の最高速度は74km/h。

翌第5ステージはゴール直前にKOMを2回クリアし、標高差500mのダウンヒルを経てフィニッシュするアタッカー向きレイアウトで、第6ステージは98kmと短距離ながら、後半15kmは山頂目がけて登りっぱなしの厳しい登坂コースが待ち受ける。最終ステージも登りを含む周回コースだが、集団スプリントが見込まれており総合争いは6日目に決する見込みだ。

第4ステージを終え総合首位にたつロブ・ブリットン(カナダ、ラリーサイクリング)第4ステージを終え総合首位にたつロブ・ブリットン(カナダ、ラリーサイクリング) (c)CorVos
第1ステージ 7月31日 ローガン〜ローガン(211.2km)
1位タイ・マグナー(アメリカ、ホロウェスコ・シタデルレーシングチーム)4h56'49"
2位クリストファー・ローレス(イギリス、アクセオン・ハーゲンスバーマン)
3位トラヴィス・マケイブ(アメリカ、ユナイテッドヘルスケア)
4位ミーケル・ライム(エストニア、イスラエルサイクリングアカデミー)
5位マーティン・エルミガー(スイス、BMCレーシング)
第2ステージ 8月1日 ブリンガムシティ〜スノーベーシンリゾート(151km)
1位ブレント・ブックウォルター(アメリカ、BMCレーシング)3h38'12"
2位セップ・クス(アメリカ、ラリーサイクリング)
3位ジェームス・ピッコリ(カナダ、エレベート・KHSプロサイクリング)+02"
4位フランシスコ・マンセボ(スペイン、ハンガー15バイシクル)
5位カイル・マーフィー(アメリカ、サイランス・プロサイクリング)
第3ステージ(個人TT) 8月2日 ビッグコットンウッドキャニオン(9km)
1位ロブ・ブリットン(カナダ、ラリーサイクリング)18'29"
2位セルゲイ・トヴェトコフ(ルーマニア、ジェリーベリーp/bマキシス)+13"
3位ガヴィン・マニオン(アメリカ、ユナイテッドヘルスケア)+26"
4位ジョセフ・ロスコフ(アメリカ、BMCレーシング)
5位ジウリオ・チッコーネ(イタリア、バルディアーニ・CSF)+30
第4ステージ 8月3日 サウスジョーダンシティ(201.1km)
1位ジョン・マーフィー(アメリカ、ホロウェスコ・シタデルレーシングチーム)4h22'23"
2位アルフレッド・ロドリゲス(メキシコ、エレベート・KHSプロサイクリング)
3位ミーケル・ライム(エストニア、イスラエルサイクリングアカデミー)
4位コリン・ジョイス(アメリカ、ラリーサイクリング)
5位パオロ・シモン(イタリア、バルディアーニ・CSF)
個人総合成績(第4ステージ現在)
1位ロブ・ブリットン(カナダ、ラリーサイクリング)13h15'55"
2位ガヴィン・マニオン(アメリカ、ユナイテッドヘルスケア)+26"
3位セルゲイ・トヴェトコフ(ルーマニア、ジェリーベリーp/bマキシス)+28"
4位カイル・マーフィー(アメリカ、サイランス・プロサイクリング)+34"
5位ネルソン・パウエルス(アメリカ、アクセオン・ハーゲンスバーマン)+38"
6位ブレント・ブックウォルター(アメリカ、BMCレーシング)+44"
7位タイラー・エイセンハート(アメリカ、ホロウェスコ・シタデルレーシングチーム)+58"
8位ロビン・カーペンター(アメリカ、ホロウェスコ・シタデルレーシングチーム)+59"
9位ジョナサン・クラーク(オーストラリア、ユナイテッドヘルスケア)+1'00"
10位セップ・クス(アメリカ、ラリーサイクリング)+1'02"
text:So.Isobe
Amazon.co.jp 
の画像 劇団四季 ミュージカル ユタと不思議な仲間たち [DVD]
カテゴリー: DVD
著者:
出版社: NHKエンタープライズ
参考価格: ¥ 5,076
最安価格: ¥ 4,214
アマゾン価格: ¥ 4,214
の画像 2007 FIA 世界ラリー選手権 総集編 [DVD]
カテゴリー: DVD
著者:
出版社: ユーロピクチャーズ
参考価格: ¥ 3,024
最安価格: ¥ 2,117
アマゾン価格: ¥ 2,117
の画像 JR西日本山口線「湯田温泉」キーホルダー 電車グッズ
カテゴリー: Hobby
メーカー: 赤い電車
最安価格: ¥ 920
アマゾン価格: ¥ 920