7月30日、イギリスのロンドンにて第6回プルデンシャル・ライドロンドン・サリー・クラシックが開催。UCIワールドツアーに昇格したワンデーレースは残り1.5kmで逃げを捉えた集団によるスプリントに持ち込まれ、アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、カチューシャ・アルペシン)が勝利した。


ロンドン市内をパレード走行後にスタートロンドン市内をパレード走行後にスタート photo:Kei Tsuji / TDWsport
シートポストに取り付けられたオンボードカメラシートポストに取り付けられたオンボードカメラ photo:Kei Tsuji / TDWsport曇り空のロンドン郊外を走る曇り空のロンドン郊外を走る photo:Kei Tsuji / TDWsport

7月最後の週末、ロンドンはサイクリストのものになった。一般参加型のフリーライドやブロンプトン世界選手権、UCIウィメンズ・ワールドツアーレース、プロレースと同じコースを走る参加者3万人のシクロスポルティーフなど、金曜日から日曜日までロンドン中心部で開催されたプルデンシャル・ライドロンドン。その3日間のイベントを締めくくるのが6年目のライドロンドン・サリー・クラシックだ。

ロンドン五輪の準備レースとして2011年に初開催され、2013年から毎年開催されているワンデーレースは2017年にUCIワールドツアーレースに昇格した。イギリス初のUCIワールドツアーレースとなった大会はその名の通りロンドン市内からサリー州の丘陵地帯を経てロンドン市内に戻るレイアウトで、バッキンガム宮殿につながる大通りのザ・マルでフィナーレを迎える。

全長183kmコースの最高地点は標高250mで、獲得標高差も2,000m足らず。その数字だけ見ると難易度は低いように感じられるが、中盤は小刻みなアップダウンの繰り返しで、チームカーが一台やっと通れるほどの田舎道も登場するため気が抜けない。2012年のロンドン五輪で使用されたボックスヒルが最後の難所だ。

UCIワールドツアー昇格に伴って自動的に出場権を得た18のUCIワールドチームのうち、出場したのはアスタナとモビスター、エフデジ、バーレーン・メリダを除く14チーム。ここに8つのUCIプロコンチネンタルチームを加えた22チームがスタートを切った。

逃げるイーリョ・ケイセ(ベルギー、エティックス・クイックステップ)ら5名逃げるイーリョ・ケイセ(ベルギー、エティックス・クイックステップ)ら5名 photo:Kei Tsuji / TDWsport
緑の深い丘陵地帯を走る緑の深い丘陵地帯を走る photo:Kei Tsuji / TDWsport
サリー州の丘陵地帯を走るサリー州の丘陵地帯を走る photo:Kei Tsuji / TDWsport
大々的に交通規制されたロンドン中心部を離れて郊外に向かう集団からはアタックが続発。イーリョ・ケイセ(ベルギー、エティックス・クイックステップ)やマッズウルス・シュミット(デンマーク、カチューシャ・アルペシン)を含む5名が先行を開始し、4分のリードでサリー州の丘陵地帯へと入っていく。

メイン集団をコントロールしたのはマイケル・マシューズ(オーストラリア)擁するサンウェブと、これまで2回表彰台に上っているベン・スウィフト(イギリス)擁するUAEチームエミレーツ、そして地元イギリスのチームスカイ。ペースを落とさずに丘を越えていくメイン集団はレース中盤に早くも逃げを吸収してしまった。

すると、フィニッシュまでまだ73kmを残した最後から2つめのKOMランモアでチームスカイが攻撃に出る。タオ・ゲオゲガンハート(イギリス)のペースアップから発射される形でピーター・ケニャック(イギリス)がアタック。ここにマッテオ・トレンティン(イタリア、クイックステップフロアーズ)とダリル・インピー(南アフリカ、オリカ・スコット)が飛びついた。

ケニャックがメカトラで脱落したため先頭はトレンティンとインピーの2人に。30秒に満たないリードのまま最後のKOMボックスヒルに差し掛かると、メイン集団からカウンターアタックしたジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)が先頭に合流。こうして、フィニッシュまで50kmを残して強力なエスケープトリオが形成され、30秒のリードでロンドン中心部に向かう平坦路へ。やがてインピーが脱落したが、トレンティンとストゥイヴェンの2人が力強いペースで逃げ続ける。

メイン集団のペースを上げるタオ・ゲオゲガンハート(イギリス、チームスカイ)メイン集団のペースを上げるタオ・ゲオゲガンハート(イギリス、チームスカイ) photo:Kei Tsuji / TDWsport通過する街は観客で溢れかえった通過する街は観客で溢れかえった photo:Kei Tsuji / TDWsport
メイン集団からアタックを仕掛けるピーター・ケニャック(イギリス、チームスカイ)メイン集団からアタックを仕掛けるピーター・ケニャック(イギリス、チームスカイ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
先行するマッテオ・トレンティン(イタリア、クイックステップフロアーズ)、ダリル・インピー(南アフリカ、オリカ・スコット)、ピーター・ケニャック(イギリス、チームスカイ)先行するマッテオ・トレンティン(イタリア、クイックステップフロアーズ)、ダリル・インピー(南アフリカ、オリカ・スコット)、ピーター・ケニャック(イギリス、チームスカイ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)合流により先頭は3名にジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)合流により先頭は3名に photo:Kei Tsuji / TDWsport
カチューシャ・アルペシンとサンウェブの集団牽引によって残り10km地点で15秒までタイム差は縮まったが、クイックステップフロアーズとトレック・セガフレードが集団前方に人数を揃えたためローテーションが回らない。逃げと集団のペースが拮抗した状態が続き、タイム差が縮まらないまま残り5kmのサインを通過する。

残り4kmを切るとサンウェブやオリカ・スコット、チームスカイも集団前方へ。ポジション争いが始まった集団は自然とスピードが上がり、前を走るトレンティンとストゥイヴェンとの距離が縮まり始めた。

テムズ川に沿った平坦路を走り、ロンドン中心部に近づくとメイン集団は逃げをロックオン。フィニッシュラインまで1.5kmを残して、ビッグベン(ウェストミンスター宮殿)の真ん前で逃げは吸収。4名を揃えるオリカ・スコットが主導権を握った状態で残り1kmアーチをくぐった。

ミッチェル・ドッカー(オーストラリア、オリカ・スコット)を先頭にトラファルガー広場前の最終コーナーを抜け、アドミラルティ・アーチをくぐってザ・マルの最終ストレートに突入。残り300mでリュディガー・ゼーリッヒ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)がサム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ)のためのリードアウトを開始する。

タイミング良くスプリントに持ち込んだベネットだったが、ほぼ同時に加速したクリストフが先頭を奪う。別ラインから仕掛けたエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、チームスカイ)は伸びず、マグナスコルト・ニールセン(デンマーク、オリカ・スコット)とマイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)がクリストフを追撃。しかしフィニッシュラインの位置を何度か確認しながら下を向いてもがき続けたクリストフが先頭を守り抜いた。

「強力な逃げが形成されたので手こずったけど、ニルス・ポリッツが猛烈な勢いで追いかけてくれた。他のチームの協力をあまり得られなかったので、カチューシャ・アルペシンが最後まで集団を引き続けた。ツールの時よりもずっと調子が良くて、スプリントになればチャンスがあると思っていた。最後はミカエル・モルコフにリードアウトされ、自分は最後の最後に加速しただけ」と、約3ヶ月ぶりの勝利を手にしたクリストフ。

クリストフは同じザ・マルにフィニッシュしたロンドン五輪ロードレースで銅メダルを獲得している。「落車が連続したこともあってツール・ド・フランスで1勝もできなかったので、ここで一発奮起したかった。今日はメンバー全員が使命感を持って勝負に挑んだ。このコースは完全に自分向きだと思っていたよ」。クリストフはツール・ド・フランスで5回トップ5フィニッシュしているもののステージ優勝には届かず。チーム移籍が噂されている状態の中で価値ある勝利を飾った。

ザ・マルでスプリンターたちがバトルを繰り広げるザ・マルでスプリンターたちがバトルを繰り広げる photo:Kei Tsuji / TDWsport
集団スプリントを制したアレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、カチューシャ・アルペシン)集団スプリントを制したアレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、カチューシャ・アルペシン) photo:Kei Tsuji / TDWsport
集団牽引の健闘を称えられるニルス・ポリッツ(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)集団牽引の健闘を称えられるニルス・ポリッツ(ドイツ、カチューシャ・アルペシン) photo:Kei Tsuji / TDWsportイギリス唯一のUCIワールドツアーレースを制したアレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、カチューシャ・アルペシン)イギリス唯一のUCIワールドツアーレースを制したアレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、カチューシャ・アルペシン) photo:Kei Tsuji / TDWsport
プルデンシャル・ライドロンドン・サリー・クラシック2017結果
1位アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、カチューシャ・アルペシン)4:45:41
2位マグナスコルト・ニールセン(デンマーク、オリカ・スコット)
3位マイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)
4位セップ・ヴァンマルク(ベルギー、キャノンデール・ドラパック)
5位ワウテル・ウィッペルト(オランダ、キャノンデール・ドラパック)
6位ジャンピエール・ドリュケール(ルクセンブルク、BMCレーシング)
7位ザッカリ・デンプスター(オーストラリア、イスラエル・サイクリングアカデミー)
8位サム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ)
9位ルディ・バルビエ(フランス、アージェードゥーゼール)
10位オリバー・ナーセン(ベルギー、アージェードゥーゼール)
text&photo:Kei Tsuji in London, UK
Amazon.co.jp 
の画像 ロンドン五輪でソーシャルメディアはどう使われたのか データで読むソーシャリンピック元年 (Next Publishing)
カテゴリー: Book
メーカー: インプレスR&D
参考価格: ¥1,656
最安価格: ¥1,656
アマゾン価格: ¥1,656
の画像 芸術の都 ロンドン大図鑑 英国文化遺産と建築・インテリア・デザイン
カテゴリー: Book
メーカー: 西村書店
参考価格: ¥7,150
最安価格: ¥7,150
アマゾン価格: ¥7,150
の画像 新聞に書ききれなかったロンドン五輪日記 (朝日新聞デジタルSELECT)
カテゴリー: Book
メーカー: 朝日新聞社
参考価格: ¥ 660