ツール・ド・ポローニュ(UCIワールドツアー)開幕ステージで世界王者ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)が集団スプリントを制して勝利。失格に終わったツール・ド・フランスの雪辱を晴らし総合リーダーとなった。



美しいクラクフの中心街が第1ステージの舞台美しいクラクフの中心街が第1ステージの舞台 photo:CorVos
クラシカ・サンセバスティアンと同じタイミングで、ポーランドでは同国最大のロードレース、ツール・ド・ポローニュ(UCIワールドツアー)が開幕した。

第1ステージの舞台となったクラクフ発着の130kmコースはスプリンター向けながら、中盤まで標高300m台の山がノコギリ歯のように連続する。山岳ポイントや中間スプリントも用意されているため、序盤から逃げを狙う熾烈なアタック合戦が繰り広げられた。

その中からエスケープしたのは、マルティン・ケイゼル(オランダ、ロットNLユンボ)やマチェイ・パテルスキー(ポーランド、CCCスプランディ・ポルコウィチェ)、パウェル・ベルナス(ポーランド、ポーランドナショナルチーム)、シャルル・プラネット(フランス、ノボ ノルディスク)という4名。すぐさまリードを築いたものの、130kmと短距離ステージであったため、持ちタイムは3分程度で推移した。

人数を減らしながらも逃げるマルティン・ケイゼル(オランダ、ロットNLユンボ)やマチェイ・パテルスキー(ポーランド、CCCスプランディ・ポルコウィチェ)人数を減らしながらも逃げるマルティン・ケイゼル(オランダ、ロットNLユンボ)やマチェイ・パテルスキー(ポーランド、CCCスプランディ・ポルコウィチェ) photo:CorVosブエルタ・ア・エスパーニャを目指すヴィンツェンツォ・ニーバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)ブエルタ・ア・エスパーニャを目指すヴィンツェンツォ・ニーバリ(イタリア、バーレーン・メリダ) photo:CorVos

7度目のポローニュを走る別府史之(トレック・セガフレード)7度目のポローニュを走る別府史之(トレック・セガフレード) photo:CorVos
特に大きな展開もなく距離を消化し、フィニッシュまで60kmを残した段階で世界王者ペテル・サガン(スロバキア)のスプリントを狙うボーラ・ハンスグローエがペースアップを開始する。ベルナスとプラネットが遅れ、粘ったパテルスキーとケイゼルも残り14.5kmで集団に飲み込まれた。

サンウェブとアスタナ、ボーラ・ハンスグローエらが主導権を争いつつ、3km×4周回をこなすサーキットコースへ。各チームが列車を横一線に並べて周回をこなし、ハイスピードを保ったまま最終周回に入っていく。

地元トップチームCCCスプランディ・ポルコウィチェが先頭に立って55km/h以上で集団を率いたものの、牽引力不足で撃沈。すると「一瞬集団がスローダウンしたので、チャンスを見出した」とダニエル・オス(イタリア、BMCレーシング)がアタック。追従したトーマス・マルチンスキー(ポーランド、ロット・ソウダル)と共に60km/hに達するハイペースで逃げたものの、カレイブ・ユアン(オーストラリア)で勝利を狙うオリカ・スコットによって引き戻された。

終盤にペースを上げるサンウェブ終盤にペースを上げるサンウェブ photo:CorVos各チームがせめぎ合いながら集団スプリントに向けてペースを上げる各チームがせめぎ合いながら集団スプリントに向けてペースを上げる photo:CorVos


「脚があったので逃げにトライし、全力で踏み込んだ」とカウンターでアタックしたダヴィデ・マルティネッリ(イタリア、クイックステップフロアーズ)も残り500mで飲み込まれ、同時に集団前方では行き場を失ったクリスティアン・ズバラーリ(イタリア、ディメンションデータ)がバランスを崩し、アレックス・ダウセット(イギリス、モビスター)らを巻き込むクラッシュが発生する。

落車を尻目に、真っ先にスプリントしたのはネイサン・ハース(オーストア、ディメンションデータ)。しかしツール・ド・フランスでの失格に雪辱を誓うペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)の伸びは圧倒的だった。囲まれたことでタイミングが遅れたユアンをホイール1.5個分リードして優勝。3位にはダニー・ファンポッペル(オランダ、チームスカイ)が入った。

集団スプリントで勝利したペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)集団スプリントで勝利したペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ) photo:CorVos
慣れた手つきでシャンパンを開けるペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)慣れた手つきでシャンパンを開けるペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ) photo:CorVosリーダージャージを着用するペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)リーダージャージを着用するペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ) photo:CorVos


「勝利と共にレースに戻ってこれて本当に嬉しい。教科書通りの動きができて、大切な勝利を収める事ができたんだ。ツール・ド・フランス以降も僕を支えてくれたチーム、スポンサーに感謝したい。この勝利でツールは過去の記憶になり、ポロ−ニュに100%集中できる。まずは今日の勝利をお祝いしたいと思う」とは、アルカンシエルにリーダージャージを重ねたサガン。山岳ステージではツールを落車リタイアし、地元の期待を背負うラファル・マイカ(ポーランド)をサポートすることも明言した。

翌第2ステージは、タルノフスキェ・グルィからカトヴィツェへと向かう142km。同じくスプリンター向けと目されているが、ゴール直前には4級山岳が用意されているため、逃げ切りにもチャンスがある。
ツール・ド・ポローニュ2017第1ステージ
結果
1位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)2h56'16"
2位カレイブ・ユアン(オーストラリア、オリカ・スコット)
3位ダニー・ファンポッペル(オランダ、チームスカイ)
4位リカルド・ミナーリ(イタリア、アスタナ)
5位ニッコロ・ボニファツィオ(イタリア、バーレーン・メリダ)
6位ネイサン・ハース(オーストア、ディメンションデータ)
7位ロベルト・フェラーリ(イタリア、UAEチームエミレーツ)
8位パウェル・フランツァク(ポーランド、ポーランドナショナルチーム)
9位ボーイ・ファンポッペル(オランダ、トレック・セガフレード)
10位イェンス・デブシェール(ベルギー、ロット・ソウダル)
121位別府史之(トレック・セガフレード)
個人総合成績
1位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)2h56'06"
2位カレイブ・ユアン(オーストラリア、オリカ・スコット)+04"
3位ダニー・ファンポッペル(オランダ、チームスカイ)+06"
4位ネイサン・ハース(オーストア、ディメンションデータ)+09"
5位リカルド・ミナーリ(イタリア、アスタナ)+10"
6位ニッコロ・ボニファツィオ(イタリア、バーレーン・メリダ)
7位ロベルト・フェラーリ(イタリア、UAEチームエミレーツ)
8位パウェル・フランツァク(ポーランド、ポーランドナショナルチーム)
9位ボーイ・ファンポッペル(オランダ、トレック・セガフレード)
10位イェンス・デブシェール(ベルギー、ロット・ソウダル)
ポイント賞
1位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)20pts
2位カレイブ・ユアン(オーストラリア、オリカ・スコット)19pts
3位ダニー・ファンポッペル(オランダ、チームスカイ)18pts
山岳賞
1位マルティン・ケイゼル(オランダ、ロットNLユンボ)1pts
2位パウェル・ベルナス(ポーランド、ポーランドナショナルチーム)1pts
チーム総合成績
1位ガスプロム・ラスヴェロ8h48'48
2位チームスカイ
3位ディメンションデータ
text:So.Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 パナソニック バリカン 充電・交流式 シルバー調 ER-GF80-S
カテゴリー: Kitchen
メーカー: パナソニック(Panasonic)
最安価格: ¥ 5,077
アマゾン価格: ¥ 5,077
の画像 Peter Sagan: portret van een alleskunner
カテゴリー: Book
著者: Lidewey van Noord
出版社: Singel Uitgeverijen
参考価格: ¥ 1,172
の画像 サガンという生き方 (新人物往来社文庫)
カテゴリー: Book
著者: 山口 路子
出版社: 新人物往来社
最安価格: ¥ 720
アマゾン価格: ¥ 720