標高2,642mの超級山岳ガリビエ峠を越える難関山岳ステージでプリモシュ・ログリッチェが独走勝利。熾烈な総合争いの末にファビオ・アルが脱落し、クリストファー・フルームが総合首位を守るとともにリゴベルト・ウランが総合2位に浮上した。



超級山岳クロワ・ド・フェール峠を登り始めるメイン集団超級山岳クロワ・ド・フェール峠を登り始めるメイン集団 photo:Tim de Waele / TDWsport
ツール・ド・フランス2017第17ステージツール・ド・フランス2017第17ステージ ©GEOATLASツール・ド・フランス2017第17ステージツール・ド・フランス2017第17ステージ ©A.S.O.
序盤に飛び出したトーマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル)とマイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)序盤に飛び出したトーマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル)とマイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ) photo:Tim de Waele / TDWsport
ラ・ミュールからアルプス奥深くのセール・シュヴァリエを目指すツール・ド・フランス第17ステージ。183kmコースに登場するカテゴリー山岳は4つで、前半に2級山岳オルノン峠と超級山岳クロワ・ド・フェール峠(全長24km/平均5.2%)を、そして後半にかけて1級山岳テレグラフ峠(全長11.9km/平均7.1%)と超級山岳ガリビエ峠(全長17.7km/平均6.9%)を立て続けにクリアする。

今大会の最高地点である標高2,642mのガリビエ峠を越えると、フィニッシュまで28kmかけて高低差1,239mをダウンヒル。獲得標高差4,600mの難関山岳コースが牙をむいた。

スタートが切られるやいなや始まったアタック合戦。決定的な動きが生まれないままハイスピードで進行した集団内では20km地点で大規模な落車が発生し、マイヨヴェールのマルセル・キッテル(ドイツ、クイックステップフロアーズ)とマイヨアポワのワレン・バルギル(フランス、サンウェブ)を含む多くの選手が地面に投げ出された。いずれの選手もレースに復帰したが、キッテルはマイヨヴェールが破れた状態での走行となる。

落車発生と時を同じくして先頭では30名を超える大きな逃げ集団が形成された。バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)やニコラス・ロッシュ(アイルランド、BMCレーシング)、ダルウィン・アタプマ(コロンビア、UAEチームエミレーツ)、セルジュ・パウェルス(ベルギー、ディメンションデータ)らを含むこの逃げ集団にはポイント賞2位のマイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)もジョイン。チームメイトのマイヨアポワを守るためにマシューズはトーマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル)を下して2級山岳オルノン峠を先頭通過している。

下り区間でマシューズとデヘントの2人はそのまま先行し、追走集団に1分差、メイン集団に5分差をつけてスプリントポイント(47.5km地点)に到達。もちろんここもマシューズが先頭通過に成功する。20ポイントを獲得したマシューズはキッテルのマイヨヴェールまで9ポイント差に迫ったが、続く超級山岳クロワ・ド・フェール峠の登りが始まるとキッテルはリタイア。マシューズがポイント賞首位に立った。

超級山岳クロワ・ド・フェール峠を先頭で登るマシューズとデヘントにはダニエル・ナバーロ(スペイン、コフィディス)が合流し、急勾配区間を含む長い登りでマシューズが脱落。5分後方のメイン集団は序盤からチームスカイの支配下に置かれたが、フィニッシュまで120km以上を残したタイミングでナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)がアタックすると一気に活性化する。数度のチャレンジの末にアルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)がメイン集団から抜け出した。

ナバーロを下したデヘントが超級山岳クロワ・ド・フェール峠を制して20ポイントを加算する中、総合11位(7分10秒遅れ)のコンタドールは逃げ集団から下がってきたミヒャエル・ゴグル(オーストリア)とヤルリンソン・パンタノ(コロンビア)の力を借りてポジションを上げていく。谷底に向かう28kmに及ぶ長い下り区間で先頭2人はリードを失い、フィニッシュまで89kmを残してコンタドールを含む追走グループが先頭をキャッチ。50名弱まで人数を減らしたメイン集団に対し、24名の先頭集団が3分差リードを保った状態で後半の1級山岳テレグラフ峠と超級山岳ガリビエ峠のコンビを目指した。

超級山岳クロワ・ド・フェール峠でチームスカイがメイン集団のペースを作る超級山岳クロワ・ド・フェール峠でチームスカイがメイン集団のペースを作る photo:Tim de Waele / TDWsport
超級山岳クロワ・ド・フェール峠でメイン集団から飛び出したアルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)とナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)超級山岳クロワ・ド・フェール峠でメイン集団から飛び出したアルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)とナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター) photo:Tim de Waele / TDWsport
超級山岳クロワ・ド・フェール峠の下りをこなすメイン集団超級山岳クロワ・ド・フェール峠の下りをこなすメイン集団 photo:Tim de Waele / TDWsport
超級山岳ガリビエ峠でメイン集団のペースを上げるミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)超級山岳ガリビエ峠でメイン集団のペースを上げるミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ) photo:Tim de Waele / TDWsport超級山岳ガリビエ峠でコンタドールのために逃げグループを牽引するバウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)超級山岳ガリビエ峠でコンタドールのために逃げグループを牽引するバウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード) photo:Tim de Waele / TDWsport

3分40秒までリードを広げて1級山岳テレグラフ峠をクリアした逃げグループは、12名まで絞られた状態で続く超級山岳ガリビエ峠へ。今大会最高地点である標高2,642mの峠道が始まるとすぐにログリッチェが先頭グループからアタック。コンタドールとパウェルスがすかさず反応し、遅れてナバーロとアタプマ、マティアス・フランク(スイス、アージェードゥーゼール)も加わって先頭は6名に。パウェルスのアタックは決まらず、頂上まで6kmを残してログリッチェが再度加速すると誰も反応できなかった。

ログリッチェが有利にステージ優勝争いを展開したその2分40秒後方では、チームスカイ(クウィアトコウスキー、ニエベ、ランダ、フルーム)が先頭でペースを作るメイン集団から総合10位ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)がまず脱落。頂上まで3kmを残して総合3位のロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)とダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ)が複数回アタックすると総合2位のファビオ・アル(イタリア、アスタナ)が遅れ始めた。

先頭ログリッチェは超級山岳ガリビエ峠を先頭でクリアし、フィニッシュに至る下り区間に突入する。バルデとマーティンのアタックに伴ってハイペースで進んだメイン集団からはマイヨブランのサイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット)も脱落。マイヨジョーヌのフルームはマーティンとバルデのすべてのアタックに反応し、コンタドールらを吸収して超級山岳ガリビエ峠を登りきった。逃げ切りを果たせなかったコンタドールはステージ敢闘賞を獲得している。

ガードレールのない危険なコーナーやスイッチバックが続く下り区間で波乱は起こらず、先頭ログリッチェはメイン集団から1分15秒リードで残り10kmアーチを通過する。他の逃げメンバーが全員吸収された一方で、ログリッチェだけが独走でフィニッシュまで逃げ切った。

超級山岳ガリビエ峠で逃げグループからアタックするプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)超級山岳ガリビエ峠で逃げグループからアタックするプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ) photo:Tim de Waele / TDWsport
超級山岳ガリビエ峠で徐々に人数を減らすメイン集団超級山岳ガリビエ峠で徐々に人数を減らすメイン集団 photo:Tim de Waele / TDWsport
超級山岳ガリビエ峠でアタックを仕掛けたダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ)超級山岳ガリビエ峠でアタックを仕掛けたダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ) photo:Tim de Waele / TDWsport超級山岳ガリビエ峠でアタックを繰り返すダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ)超級山岳ガリビエ峠でアタックを繰り返すダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ) photo:Tim de Waele / TDWsport
超級山岳ガリビエ峠でライバルたちのアタックを封じるクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)超級山岳ガリビエ峠でライバルたちのアタックを封じるクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:Tim de Waele / TDWsport
超級山岳ガリビエ峠でアタックを仕掛けるロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)超級山岳ガリビエ峠でアタックを仕掛けるロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール) photo:Kei Tsuji / TDWsport
「逃げグループから飛び出した時が最も苦しかったものの、最高の気分だった」と、アルプスの難関山岳ステージでスロベニア人初のステージ優勝を達成したログリッチェ。5年前にスキージャンパーからロードレーサーに転向した27歳が、2016年ジロ・デ・イタリアに続くグランツールのステージ優勝を果たした。

「スロベニア人初のステージ優勝を飾ったことを誇りに思う。(スキージャンパーとして活動した)22歳まで自転車選手を志していなかった自分がスロベニアの歴史を作ったことは不思議な感じ。ツールでステージ優勝したいという思いが自転車競技を始めたきっかけだった。出場するだけで夢のようなツールでステージ優勝を達成したことを今も現実のものとして受け入れられない」と語るログリッチェはワレン・バルギル(フランス、サンウェブ)と49ポイント差の山岳賞2位につけている。

1分13秒遅れのメイン集団の先頭ではボーナスタイムをかけたスプリントが繰り広げられ、リゴベルト・ウラン(コロンビア、キャノンデール・ドラパック)、フルーム、バルデの順にフィニッシュ。1分44秒遅れたアルに代わって、ボーナスタイム6秒を獲得したウランが総合2位に浮上した。第17ステージを終えてマイヨジョーヌのフルームから27秒差の総合2位にウラン、そして同じく27秒差の総合3位にバルデが続いている。

「総合上位の選手がアタックして誰も追わないようなシチュエーションを避けるため、ダニエル・マーティンのアタックには反応した。脚の状態は良かったし、すべてのアタックに反応することができた」と、マイヨジョーヌを守ったフルームは語る。「アタックするだろうと思っていたファビオ・アルの脱落には驚いた。やはりグランツールの3週目には何が起こるかわからない。自分は1週間前のピレネーよりもずっと良い状態でアルプスに挑めている。プレッシャーの中でもチームは完璧に仕事をこなしてくれたし、明日もこの状態をキープできればと思う。ミケル・ランダと一緒に総合表彰台に登ることができれば最高だ」。

3分14秒遅れでフィニッシュしたイェーツはマイヨブランを守ったものの、ヤングライダー賞2位のルイス・マインティーズ(南アフリカ、UAEチームエミレーツ)との総合タイム差が3分58秒から2分28秒に。前述の通りマイヨヴェールはマシューズの手に渡っている。

独走でフィニッシュしたプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)独走でフィニッシュしたプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ) photo:Tim de Waele / TDWsport
1分13秒遅れの集団先頭でスプリントするクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)、ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)、リゴベルト・ウラン(コロンビア、キャノンデール・ドラパック)1分13秒遅れの集団先頭でスプリントするクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)、ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)、リゴベルト・ウラン(コロンビア、キャノンデール・ドラパック) photo:Tim de Waele / TDWsport
ステージ初優勝を飾ったプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)ステージ初優勝を飾ったプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ) photo:Tim de Waele / TDWsport念願のマイヨヴェールを手に入れたマイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)念願のマイヨヴェールを手に入れたマイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ) photo:Tim de Waele / TDWsport
ガリビエステージを無事に終えたクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)ガリビエステージを無事に終えたクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:Tim de Waele / TDWsport
ツール・ド・フランス2017第17ステージ結果
ステージ成績
1位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)5:07:41
2位リゴベルト・ウラン(コロンビア、キャノンデール・ドラパック)1:13
3位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)
4位ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)
5位ワレン・バルギル(フランス、サンウェブ)
6位ミケル・ランダ(スペイン、チームスカイ)1:16
7位ダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ)1:43
8位アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)1:44
9位ルイス・マインティーズ(南アフリカ、UAEチームエミレーツ)
10位ファビオ・アル(イタリア、アスタナ)
14位サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット)3:14
16位ダミアーノ・カルーゾ(イタリア、BMCレーシング)5:07
23位ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)7:47
141位新城幸也(日本、バーレーン・メリダ)33:41
DNSマルセル・シーベルグ(ドイツ、ロット・ソウダル)
DNFダニエル・マクレー(イギリス、フォルトゥネオ・オスカロ)
DNFマルセル・キッテル(ドイツ、クイックステップフロアーズ)
DNFティボー・ピノ(フランス、エフデジ)
敢闘賞アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)
マイヨジョーヌ(個人総合成績)
1位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)73:27:26
2位リゴベルト・ウラン(コロンビア、キャノンデール・ドラパック)0:27
3位ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)
4位ファビオ・アル(イタリア、アスタナ)0:53
5位ミケル・ランダ(スペイン、チームスカイ)1:24
6位ダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ)2:37
7位サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット)4:07
8位ルイス・マインティーズ(南アフリカ、UAEチームエミレーツ)6:35
9位アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)7:45
10位ワレン・バルギル(フランス、サンウェブ)8:52
マイヨヴェール(ポイント賞)
1位マイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)364ts
2位アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル)204pts
3位アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、カチューシャ・アルペシン)158pts
マイヨアポワ(山岳賞)
1位ワレン・バルギル(フランス、サンウェブ)129pts
2位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)80pts
3位 トーマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル)61pts
マイヨブラン(ヤングライダー賞)
1位サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット)73:31:33
2位ルイス・マインティーズ(南アフリカ、UAEチームエミレーツ)2:28
3位エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)22:59
チーム総合成績
1位チームスカイ220:37:52
2位アージェードゥーゼール10:35
3位BMCレーシング1:37:30
Amazon.co.jp 
の画像 [2CS] サントリー 天然水(南アルプス) (2L×6本)×2箱
カテゴリー: Grocery
メーカー: サントリー
参考価格: ¥ 2,981
最安価格: ¥ 1,190
アマゾン価格: ¥ 2,000
の画像 〔炭酸水〕 サントリー 南アルプスの天然水 スパークリングレモン 500ml×24本
カテゴリー: Grocery
メーカー: サントリー
参考価格: ¥ 2,592
最安価格: ¥ 2,350
アマゾン価格: ¥ 2,350
の画像 北アルプス詳細ルートガイド (PEAKS特別編集)
カテゴリー: Book
出版社: エイ出版社
最安価格: ¥ 3,276