休息日を経てフランス西部のヌーヴェル=アキテーヌ地域圏で再始動したツール・ド・フランス。平坦基調な第10ステージを締めくくる大集団スプリントでマルセル・キッテル(ドイツ、クイックステップフロアーズ)が今大会4勝目をマークした。


ひまわり畑を進むプロトンひまわり畑を進むプロトン photo:Tim de Waele / TDWsport
ツール・ド・フランス2017第10ステージツール・ド・フランス2017第10ステージ ©GEOATLASツール・ド・フランス2017第10ステージツール・ド・フランス2017第10ステージ ©A.S.O.

ひと時の休息をとったプロトンはペリグーで第2週目をスタートさせた。4級山岳が2つ設定されただけの178kmコースで再びスポットライトはスプリンターに。道幅のある平坦路でリードアウトトレインが主導権争いを繰り広げ、フラムルージュ通過後に登場する2つの左直角コーナーを抜けてエーススプリンターを解き放つ。

第9ステージの完走者のうち、ラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)を欠いた180名が曇り空(最高気温27度)のペリグーの街をスタート。フラッグが振られるとすぐヨアン・オフルド(フランス、ワンティ・グループゴベール)がファーストアタックを仕掛け、3km地点でエリー・ジェスベール(フランス、フォルトゥネオ・オスカロ)が追いついた。

クイックステップフロアーズのジュリアン・ヴェルモート(ベルギー)とロット・ソウダルのラルスイティング・バク(デンマーク)の2人が集団先頭でローテーションし、逃げる2人を追走する今大会お馴染みの展開となる。44km/h前後で巡行を続けたエスケープデュオに許されたリードは最大5分35秒。逃げは常にメイン集団の射程圏内に置かれた。

最年少ジェスベールは2つの4級山岳を、オフルドはスプリントポイントを先頭で通過。メイン集団はアンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル)、マルセル・キッテル(ドイツ、クイックステップフロアーズ)、アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、カチューシャ・アルペシン)の順でスプリントポイントを通過し、逃げを泳がせた状態を長時間キープする。クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)の言葉を借りると「リラックスした平穏なステージ」を選手たちは過ごした。

逃げるヨアン・オフルド(フランス、ワンティ・グループゴベール)とエリー・ジェスベール(フランス、フォルトゥネオ・オスカロ)逃げるヨアン・オフルド(フランス、ワンティ・グループゴベール)とエリー・ジェスベール(フランス、フォルトゥネオ・オスカロ) photo:Tim de Waele / TDWsport
メイン集団をコントロールするトーマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル)メイン集団をコントロールするトーマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル) photo:Tim de Waele / TDWsport逃げるヨアン・オフルド(フランス、ワンティ・グループゴベール)とエリー・ジェスベール(フランス、フォルトゥネオ・オスカロ)逃げるヨアン・オフルド(フランス、ワンティ・グループゴベール)とエリー・ジェスベール(フランス、フォルトゥネオ・オスカロ) photo:Tim de Waele / TDWsport
トニー・マルティン(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)と並んで走るマルセル・キッテル(ドイツ、クイックステップフロアーズ)トニー・マルティン(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)と並んで走るマルセル・キッテル(ドイツ、クイックステップフロアーズ) photo:Tim de Waele / TDWsport仲良く並んで走るファビオ・アル(イタリア、アスタナ)やダミアーノ・カルーゾ(イタリア、BMCレーシング)仲良く並んで走るファビオ・アル(イタリア、アスタナ)やダミアーノ・カルーゾ(イタリア、BMCレーシング) photo:Tim de Waele / TDWsport
曇り空のドルドーニュ県を走る曇り空のドルドーニュ県を走る photo:Tim de Waele / TDWsport
向かい風に苦しむオフルドとジェスベールを残り7km地点で飲み込んだメイン集団はベルジュラックのフィニッシュ地点に向けてペースアップ。ピレネー山脈突入前に結果を残しておきたいスプリンターチームが集団先頭を陣取って、残り5kmから連続して登場するコーナーを抜けていく。

力尽きたアシスト選手たちが集団先頭から次々に離脱し、カチューシャ・アルペシンとロット・ソウダルを先頭にフラムルージュを通過。しかし完全に主導権を奪うには人数が足りず、まだ先頭に出るのが早いとして少し牽制気味となる。残り500mの最終コーナーを抜けると、アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、カチューシャ・アルペシン)の最終リードアウト役であるマルコ・ハラー(オーストリア、カチューシャ)が一気に先頭に出た。

残り300mでハラーがクリストフの発射すると同時に、後方からダニエル・マクレー(イギリス、フォルトゥネオ・オスカロ)が勢いよく加速。そのマクレーの番手に巧く入ったキッテルが残り200mから踏み始めると、もう誰にもその勢いを止めることができなかった。

追いすがるジョン・デゲンコルブ(ドイツ、トレック・セガフレード)やディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)を振り切って、フィニッシュラインまで20mほどを残してハンドルから両手を離したマイヨヴェールのキッテル。後続を3mほど離す圧倒的なスピードで今大会ステージ4勝目を飾った。

スプリントで先頭に立つマルセル・キッテル(ドイツ、クイックステップフロアーズ)スプリントで先頭に立つマルセル・キッテル(ドイツ、クイックステップフロアーズ) photo:Tim de Waele / TDWsport
両手を広げてフィニッシュするマルセル・キッテル(ドイツ、クイックステップフロアーズ)両手を広げてフィニッシュするマルセル・キッテル(ドイツ、クイックステップフロアーズ) photo:Tim de Waele / TDWsport
コルブレッリをアシストした新城幸也(バーレーン・メリダ)が24位でフィニッシュコルブレッリをアシストした新城幸也(バーレーン・メリダ)が24位でフィニッシュ photo:Tim de Waele / TDWsportチームメイトひとりひとりを見つけ出して感謝するマルセル・キッテル(ドイツ、クイックステップフロアーズ)チームメイトひとりひとりを見つけ出して感謝するマルセル・キッテル(ドイツ、クイックステップフロアーズ) photo:Kei Tsuji / TDWsport

「10ステージのうち4勝なんてインプレッシブ。繰り返しになるけどこれはチームワークの成果であり、今日もジュリアン・ヴェルモートが何時間も集団先頭を引き続けてくれた。逃げグループのスピードに合わせて集団を率いるのは誰にでもできることじゃない」。ステージ通算13勝目を飾ったキッテルは遅れてフィニッシュしたチームメイトたちを探し出して抱き寄せた。

合計63ポイント(フィニッシュ50ポイント&スプリントポイント13ポイント)を稼いだキッテルは、ポイント賞ランキングにおいてこの日ステージ13位に終わったマイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)との差を102ポイントまで拡大することに成功。ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)が去った今、キッテルが最終的なマイヨヴェール獲得に向けて順調にポイントを伸ばしている。「マイヨヴェールが確定したとは思えない。好調だったアルノー・デマールが突然崩れてレースを去ったように、最終日まで何が起こるかわからない。とにかく今まで経験したことがないほど好調なのは間違いない」。

マイヨジョーヌのフルームを含めて総合上位陣は同タイムでフィニッシュしており、総合順位に変動はない。ワレン・バルギル(フランス、サンウェブ)がマイヨアポワを、サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット)がマイヨブランをそれぞれ守っている。

マイヨヴェールのリードを大きく広げたマルセル・キッテル(ドイツ、クイックステップフロアーズ)マイヨヴェールのリードを大きく広げたマルセル・キッテル(ドイツ、クイックステップフロアーズ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
マイヨジョーヌを守ったクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)が頷くマイヨジョーヌを守ったクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)が頷く photo:Kei Tsuji / TDWsportステージ敢闘賞を獲得したエリー・ジェスベール(フランス、フォルトゥネオ・オスカロ)ステージ敢闘賞を獲得したエリー・ジェスベール(フランス、フォルトゥネオ・オスカロ) photo:Kei Tsuji / TDWsport

ツール・ド・フランス2017第10ステージ結果
ステージ成績
1位マルセル・キッテル(ドイツ、クイックステップフロアーズ)4:01:00
2位ジョン・デゲンコルブ(ドイツ、トレック・セガフレード)
3位ディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)
4位リュディガー・ゼーリッヒ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)
5位アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、カチューシャ・アルペシン)
6位ナセル・ブアニ(フランス、コフィディス)
7位ダニエル・マクレー(イギリス、フォルトゥネオ・オスカロ)
8位ピーター・ヴァンスペイブロック(ベルギー、ワンティ・グループゴベール)
9位ソニー・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ)
10位エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)
24位新城幸也(日本、バーレーン・メリダ)
DNSラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)
敢闘賞エリー・ジェスベール(フランス、フォルトゥネオ・オスカロ)
マイヨジョーヌ(個人総合成績)
1位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)42:27:28
2位ファビオ・アル(イタリア、アスタナ)0:18
3位ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)0:51
4位リゴベルト・ウラン(コロンビア、キャノンデール・ドラパック)0:55
5位ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)1:37
6位ダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ)1:44
7位サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット)2:02
8位ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)2:13
9位ミケル・ランダ(スペイン、チームスカイ)3:06
10位ジョージ・ベネット(ニュージーランド、ロットNLユンボ)3:53
マイヨヴェール(ポイント賞)
1位マルセル・キッテル(ドイツ、クイックステップフロアーズ)275pts
2位マイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)173pts
3位アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル)150pts
マイヨアポワ(山岳賞)
1位ワレン・バルギル(フランス、サンウェブ)60pts
2位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)30pts
3位 アレクシ・ヴィエルモーズ(フランス、アージェードゥーゼール)27pts
マイヨブラン(ヤングライダー賞)
1位サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット)42:29:30
2位ルイス・マインティーズ(南アフリカ、UAEチームエミレーツ)2:58
3位ピエール・ラトゥール(フランス、アージェードゥーゼール)3:28
チーム総合成績
1位チームスカイ127:28:25
2位アージェードゥーゼール7:12
3位アスタナ26:17
Amazon.co.jp 
の画像 Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm付属 KISSX7-WKIT
カテゴリー: Photography
メーカー: キヤノン
参考価格: ¥ 124,469
最安価格: ¥ 64,800
アマゾン価格: ¥ 64,800
の画像 Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM
カテゴリー: Photography
メーカー: キヤノン
参考価格: ¥ 21,273
最安価格: ¥ 14,620
アマゾン価格: ¥ 14,620