最大20%の激坂区間を含む1級山岳ラ・プロンシュ・デ・ベルフィーユの頂上まで3kmを残してアタックしたファビオ・アル(イタリア、アスタナ)が独走勝利。ツール・ド・フランス第5ステージでクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)が早くもマイヨジョーヌを手にした。



麦畑を走る逃げグループ麦畑を走る逃げグループ photo:Kei Tsuji / TDWsport
ツール・ド・フランス2017第5ステージツール・ド・フランス2017第5ステージ ©GEOATLASツール・ド・フランス2017第5ステージツール・ド・フランス2017第5ステージ ©A.S.O.

ツール第5ステージのフィニッシュ地点はヴォージュ山脈にある標高1,035mの1級山岳ラ・プロンシュ・デ・ベルフィーユ(全長5.9km/平均8.5%)。冬場はスキー場として人気の山に向かう急勾配の登りで、今大会最初のマイヨジョーヌ候補による山岳バトルが繰り広げられた。残り6kmを切ってからコンスタントに勾配10%オーバーの急斜面が続き、残り1kmを切ると最大勾配20%の激坂区間も現れる。

トマ・ヴォクレール(フランス、ディレクトエネルジー)、ヤン・バークランツ(ベルギー、アージェードゥーゼール)、トーマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル)、ミカエル・ドゥラージュ(フランス、エフデジ)、エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)、フィリップ・ジルベール(ベルギー、クイックステップフロアーズ)、ディラン・ファンバーレ(オランダ、キャノンデール・ドラパック)、ピエールリュック・ペリション(フランス、フォルトゥネオ・オスカロ)というビッグネームを含む8名の逃げがスタート後しばらくのアタック合戦の末に形成される。逃げグループの中で総合最高位は16秒差・総合4位のボアッソンハーゲン。

タイム差を広げるためにハイスピード巡行した逃げグループは最初の1時間で47.8kmを消化。メイン集団の先頭に立ってコントロールを担ったのは、マイヨジョーヌ擁するチームスカイではなく、リッチー・ポート(オーストラリア)で勝利を狙うBMCレーシングだった。タイム差は3分30秒まで広がったところで拡大は止まり、2〜3分を維持したままゆるやかな起伏のある平野を駆ける。このBMCレーシングの集団牽引によってレースは予定を上回るペースで進行し続けた。

スプリントポイント(102.5km地点)ではボアッソンハーゲンが先頭通過して20ポイント獲得し、後方ではマイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)がマルセル・キッテル(ドイツ、クイックステップフロアーズ)の前でスプリントポイントを通過している。

3級山岳エスモレール峠で独走に持ち込んだバークランツは山頂で2ポイントを獲得後、後続を待って先頭は6名に(デヘントとドゥラージュ脱落)。依然としてBMCレーシングが率いるメイン集団から2分のリードで残り20kmを切った。

BMCレーシングやチームスカイが集団前方をキープBMCレーシングやチームスカイが集団前方をキープ photo:Kei Tsuji / TDWsport
スプリントポイントで飛び出してしまったアルノー・デマール(フランス、エフデジ)らがグループを形成スプリントポイントで飛び出してしまったアルノー・デマール(フランス、エフデジ)らがグループを形成 photo:Kei Tsuji / TDWsportBMCレーシングが徹底的にコントロールするメイン集団BMCレーシングが徹底的にコントロールするメイン集団 photo:Kei Tsuji / TDWsport
エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)が逃げグループをリードするエドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)が逃げグループをリードする photo:Kei Tsuji / TDWsport逃げグループに入ったヤン・バークランツ(ベルギー、アージェードゥーゼール)逃げグループに入ったヤン・バークランツ(ベルギー、アージェードゥーゼール) photo:Kei Tsuji / TDWsport
1級山岳ラ・プロンシュ・デ・ベルフィーユを先頭で登るフィリップ・ジルベール(ベルギー、クイックステップフロアーズ)1級山岳ラ・プロンシュ・デ・ベルフィーユを先頭で登るフィリップ・ジルベール(ベルギー、クイックステップフロアーズ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
1級山岳ラ・プロンシュ・デ・ベルフィーユに向けてBMCレーシングとともにメイン集団の先頭に立ったのはアスタナとアージェードゥーゼール、オリカ・スコット。その一方で、先頭ではこの日が誕生日のジルベールがバークランツとコンビを組んで他の4名を引き離す。しかし、逃げ切りバースデーウィンを果たすにはリードが少なすぎた。ジルベールとバークランツは残り4km地点で吸収。ジルベールはステージ敢闘賞を獲得している。

本格的な1級山岳ラ・プロンシュ・デ・ベルフィーユの登坂開始を前に、白いチームスカイが集団先頭に上がってアクセルを吹かせ始める。セルジオルイス・エナオ(コロンビア)とミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド)、ミケル・ニエベ(スペイン)、ミケル・ランダ(スペイン)がトーマスとフルームのために隊列を組んでペースアップ。

長く牽引したクウィアトコウスキーからニエベに切り替わってしばらくすると、頂上まで2.3kmを残したところでアルがアタックした。イタリアチャンピオンジャージを着るアルがチームスカイが支配するメイン集団から猛烈なダンシングで加速して抜け出し、単独で20秒弱のリードを築くことに成功する。

続くサイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット)のアタックは決まらず、マイヨジョーヌのゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)のアシストを受けたフルームが残り1.6kmでアタックすると集団は崩壊。ディフェンディングチャンピオンに食らいつくことができたのはポートとロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)、ダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ)だけで、マイヨジョーヌのトーマスやナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)、アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)はポジションを失った。

1級山岳ラ・プロンシュ・デ・ベルフィーユでアタックしたファビオ・アル(イタリア、アスタナ)1級山岳ラ・プロンシュ・デ・ベルフィーユでアタックしたファビオ・アル(イタリア、アスタナ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
1級山岳ラ・プロンシュ・デ・ベルフィーユでフルームをアシストするマイヨジョーヌのゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)1級山岳ラ・プロンシュ・デ・ベルフィーユでフルームをアシストするマイヨジョーヌのゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
1級山岳ラ・プロンシュ・デ・ベルフィーユでアタックを仕掛けるクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)1級山岳ラ・プロンシュ・デ・ベルフィーユでアタックを仕掛けるクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
1級山岳ラ・プロンシュ・デ・ベルフィーユで攻撃を仕掛けたクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)1級山岳ラ・プロンシュ・デ・ベルフィーユで攻撃を仕掛けたクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
先頭で残り1kmを切り、最大勾配20%の激坂区間を乗り切ったアルが後続に16秒差をつけてラ・プロンシュ・デ・ベルフィーユを単独登頂した。「このラ・プロンシュ・デ・ベルフィーユを登るのは初めてだったけど、2012年のフルームと2014年のヴィンチェンツォの映像を何度も見て研究。残り3kmを切ってからのアタックが最善だと判断して、実行したんだ。観客を沸かせるパフォーマンスを見せることができてとても満足している」と、今大会最初の山頂フィニッシュを制したイタリアチャンピオンは喜ぶ。

「ジロ欠場が決まった瞬間からこのツールに照準を合わすことでモチベーションを保った。不運の数ヶ月(膝の故障やスカルポーニの死、ジロ欠場)を乗り切って手にしたステージ優勝はファンタスティック。ジロとブエルタでステージ優勝を経験済みで、ツールのステージ優勝だけが欠けていたんだ」。この日の勝利でアルは総合25位から総合3位まで一気にジャンプアップするとともに、マイヨアポワも手にしている。

先頭で1級山岳ラ・プロンシュ・デ・ベルフィーユにたどり着いたファビオ・アル(イタリア、アスタナ)先頭で1級山岳ラ・プロンシュ・デ・ベルフィーユにたどり着いたファビオ・アル(イタリア、アスタナ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
16秒差でフィニッシュするダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ)16秒差でフィニッシュするダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ) photo:Kei Tsuji / TDWsport20秒差でフィニッシュするクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)とリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)20秒差でフィニッシュするクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)とリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング) photo:Kei Tsuji / TDWsport

激坂区間で加速したマーティンが16秒遅れのステージ2位に入り、フルームとポートが20秒遅れでフィニッシュ。マイヨジョーヌの持ち主はこの日40秒遅れたトーマスからフルームの手に渡ったが、チームスカイは総合ワンツーを維持したままだ。

「今日最も大事なのはライバルからタイムを失わないこと。総合順位が入れ替わったものの、1位と2位を維持していることはこの先のステージの自信につながる。でも、コース的にもライバルのコンディション的にも、これまでのツールの中で最も厳しい総合争いになるんじゃないかと予想している。これからの目標はパリまでこのマイヨジョーヌを着続けることだ」と1年ぶりにマイヨジョーヌに袖を通したフルームは語っている。

フルームと同等の登坂力を見せたポートは「アルが危険な存在であることはわかった。今日はステージ優勝を目指していたけどアルが強すぎたんだ。フルームもここまでのレースよりもずっとコンディションを上げている。でもチームスカイの強さは昨年ほどではないと思う」とコメント。大会最初の山頂フィニッシュを終えて、総合タイム差1分以内に9名がひしめく状態が続いている。

ステージ初優勝を飾ったファビオ・アル(イタリア、アスタナ)ステージ初優勝を飾ったファビオ・アル(イタリア、アスタナ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
マイヨアポワも手に入れたファビオ・アル(イタリア、アスタナ)マイヨアポワも手に入れたファビオ・アル(イタリア、アスタナ) photo:Kei Tsuji / TDWsportマイヨブランはサイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット)の手にマイヨブランはサイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット)の手に photo:Kei Tsuji / TDWsport
1級山岳ラ・プロンシュ・デ・ベルフィーユでマイヨジョーヌを手にしたクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)1級山岳ラ・プロンシュ・デ・ベルフィーユでマイヨジョーヌを手にしたクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:Kei Tsuji / TDWsport

ツール・ド・フランス2017第5ステージ結果
ステージ成績
1位ファビオ・アル(イタリア、アスタナ)3:44:06
2位ダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ)0:16
3位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)0:20
4位リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)
5位ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)0:24
6位サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット)0:26
7位リゴベルト・ウラン(コロンビア、キャノンデール・ドラパック)
8位アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)
9位ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)0:34
10位ゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)0:40
111位新城幸也(日本、バーレーン・メリダ)11:11
DNSマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ディメンションデータ)
敢闘賞フィリップ・ジルベール(ベルギー、クイックステップフロアーズ)
マイヨジョーヌ(個人総合成績)
1位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)18:38:59
2位ゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)0:12
3位ファビオ・アル(イタリア、アスタナ)0:14
4位ダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ)0:25
5位リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)0:39
6位サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット)0:43
7位ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)0:47
8位アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)0:52
9位ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)0:54
10位ラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)1:01
マイヨヴェール(ポイント賞)
1位アルノー・デマール(フランス、エフデジ)127pts
2位マルセル・キッテル(ドイツ、クイックステップフロアーズ)87pts
3位マイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)73pts
マイヨアポワ(山岳賞)
1位ファビオ・アル(イタリア、アスタナ)10pts
2位ダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ)8pts
3位 クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)6pts
マイヨブラン(ヤングライダー賞)
1位サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット)18:39:42
2位ピエール・ラトゥール(フランス、アージェードゥーゼール)0:24
3位ルイス・マインティーズ(南アフリカ、UAEチームエミレーツ)0:41
チーム総合成績
1位チームスカイ55:57:59
2位BMCレーシング1:59
3位アージェードゥーゼール3:21
text&photo:Kei Tsuji in La Planche des belles filles, France
Amazon.co.jp 
の画像 基礎からわかる フランス料理
カテゴリー: Book
著者: 安藤裕康, 古俣 勝, 戸田純弘
出版社: 柴田書店
最安価格: ¥ 5,280
アマゾン価格: ¥ 5,280
の画像 フランス料理 肉を極める全技法~下処理から調理まで~
カテゴリー: Book
著者: 古賀純二, 菊地美升, 岸本直人, 高良康之, 古屋伸行, 花澤龍, 飯塚隆太, 青木健晃, 谷利通, 生井祐介, 手島純也, 湯澤貴博, 髙橋雄二郎, 川手寛康
出版社: ナツメ社
最安価格: ¥ 3,850
アマゾン価格: ¥ 3,850
の画像 いちばんやさしい フランス料理
カテゴリー: Book
出版社: 成美堂出版
参考価格: ¥ 1,760
最安価格: ¥ 1,760