與那嶺恵理(エフデジヌーヴェル・アキテーヌフチュロスコープ)が4周目からの独走でベテラン唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)を突き放し、全日本ロード2連覇3勝目を決めた。その差は7分17秒。與那嶺の強さを見せつけたレースとなった。



女子エリート 8周112kmのレースが始まる女子エリート 8周112kmのレースが始まる photo:Hideaki TAKAGI
陽炎立ち上る陽気の中13:00にパレードスタートした女子エリートは、14.0km×8周の112.0kmで争われた。1周目の上りからリアルスタートの予定であったが、パレード走行中に4名の落車が発生。救急車が入り大堀博美(yokosuka uno racing)と小林加奈子(チェリージャパン)の2名が搬送された。これが元でリアルスタート地点で停車することとなり、レースがしばし中断した。

この中断を経て再びスタートが切られると、1周目2つめの上り途中で西加南子(LUMINARIA)が単独アタックを決め、一時55秒のギャップを作り出す。

落車対応のため10分ほど正式スタートが遅れる落車対応のため10分ほど正式スタートが遅れる photo:Hideaki TAKAGI1周目1つ目の上り、誰も仕掛けない1周目1つ目の上り、誰も仕掛けない photo:Hideaki TAKAGI

1周目2つ目の上りで抜け出した西加南子(LUMINARIA)が1周弱逃げる1周目2つ目の上りで抜け出した西加南子(LUMINARIA)が1周弱逃げる photo:Hideaki TAKAGI
しかし、2周目の1回目の上りで與那嶺、金子広美(イナーメ信濃山形)らを中心に7-8名の集団が西に追いつく。すでにこの時、大きな集団は崩壊し、小さな集団がいくつも形成される状態となっていた。

その後、與那嶺、唐見、福田咲絵(フィッツ)が先頭に踊り出ると、西への追走で脚を使った金子らが脱落。この3名が先頭集団となり、3周回目へと向かった。この後ろには牧瀬翼(Maaslandster Veris CCN)と梶原悠未(筑波大学)が追い、1分05秒差でコントロールラインを通過していく。

これを追ったのは上野みなみ(シエルブルー鹿屋)、金子広美、西加南子、樫木祥子(AVENTURA AIKOH VICTORIA RACING)、中原恭江(東光造園・稲毛インター)。先頭とは1分28秒差で3周目へと突入していった。

2周目、與那嶺恵理(エフデジヌーヴェル・アキテーヌフチュロスコープ)が引いて逃げていた西加南子(LUMINARIA)を吸収する2周目、與那嶺恵理(エフデジヌーヴェル・アキテーヌフチュロスコープ)が引いて逃げていた西加南子(LUMINARIA)を吸収する photo:Hideaki TAKAGI2周目後半で先頭は3人に絞られる2周目後半で先頭は3人に絞られる photo:Hideaki TAKAGI

3周目、一つ目の上りは唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)が引く3周目、一つ目の上りは唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)が引く photo:Hideaki TAKAGI
3周目に入り、唐見と與那嶺が上りで先行していくと、福田がこれに耐えきれず脱落。梶原、牧瀬の追走は変わらず。第三集団の5名は、力を要する上りではややバラけながらも協調を続けた。

周回中盤になると、第2集団から梶原が後ろに下がり、後続が吸収して第3集団は6名となった。この時、先頭は残り4キロ地点を通過、與那嶺と唐見がテンポを刻んで走り続けた。

前から落ちてきた福田が牧瀬に合流し、第2グループは再び2名で前を追ったものの、非情にもその差は広がっていくばかり。第3集団は先頭から3分43秒差。レースが半分も終わらぬうちに與那嶺と唐見のグループから、後続は大きな差が開けられてしまう。4番目の集団がようやく3周目を終えた頃、先頭2名は淡々と9キロ看板を通過して行った。

4周目のコース中盤の上り再び先頭に動きが出る。7キロ看板あたりに差し掛かり、與那嶺が唐見を引き離し始める。唐見もここまでは上りを中心に引きを見せていたが、10秒ほど開いたかと思ううちにその差は15秒20秒と次第に大きくなり、ここで與那嶺の独走が始まった。

與那嶺が唐見に53秒差をつけて、最後の上りを上りきる。福田と牧瀬は2人から4分18秒差でフィニッシュラインのタペストリーの下を通過。6分14秒遅れて上野、金子、西、樫木、中原、梶原の6名が追走。その後も選手達が数名ずつ続き、総勢20名ほどが5周めに入った。

4周目の第2集団、牧瀬翼(マースランドスター・ヴェリスCCNインターナショナル)と福田咲絵(フィッツ)4周目の第2集団、牧瀬翼(マースランドスター・ヴェリスCCNインターナショナル)と福田咲絵(フィッツ) photo:Hideaki TAKAGI4周目の第3集団は金子広美(イナーメ信濃山形)が引く4周目の第3集団は金子広美(イナーメ信濃山形)が引く photo:Hideaki TAKAGI

與那嶺単独走行のまま、唐見が差を1分以上開かれて単独二番手を行く。すでに会場も勝敗決した雰囲気が濃くなり、ただタイム差を確認するだけのレースに、実況からのアナウンスも乏しくなってきた。

この周回では、6名のグループから梶原と西が脱落。しかし残った4名も與那嶺とは7分以上の差がついていた。6周目に入る頃には、唐見も與那嶺から2分30秒後ろにまで後退。福田と牧瀬が7分29秒差となった。続く4名のグループは、金子が声をかけながら最後の上り前の下りをこなして行く。8分10秒差となり、前2名との差が41秒まで詰まったため、3位以下の順位争いに観客の興味が移った。

5周目、独走を始めた與那嶺恵理(エフデジヌーヴェル・アキテーヌフチュロスコープ)5周目、独走を始めた與那嶺恵理(エフデジヌーヴェル・アキテーヌフチュロスコープ) photo:Hideaki TAKAGI
6周目は、與那嶺が唐見との差を4分14秒へ開いてコントロールラインを通過。ここで後続で順位変動が起きた。福田と牧瀬に後ろの上野、金子、樫木、中原が追いつくと、そのままかわし、第3集団と第2集団の順序が入れ替わる。さらには2名から福田が脱落し、11分27秒差で牧瀬が単独追走することとなった。単独14分27秒差の福田の11秒後に梶原と西が続くも、この2名はフィニッシュラインでタイムアウトとされた。

ここでようやく脚がかかり出した金子が7周目、集団からの抜け出しを図り、単独三番手となり追走を始める。上野ら3名からじわじわ差を広げ、30秒ほどのアドバンテージを得る。

與那嶺の単独走行は変わらず、6分14秒後に唐見が最終周回のジャンを聞いた。金子広美も独走を続け、10分52秒差。その後に上野、樫木、中原が12分32秒差。コースに残ったのは彼女らトップ6のみとなってしまった。與那嶺はこの時残り7キロ地点に差し掛かっていた。

7周目、単独2番手に出た金子広美(イナーメ信濃山形)7周目、単独2番手に出た金子広美(イナーメ信濃山形) photo:Hideaki TAKAGI最終周回に入る唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)最終周回に入る唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム) photo:So.Isobe

ゴール前に独走で現れた與那嶺は、沿道のファンとハイタッチを交わし、ガッツポーズを繰り出しながらゴール。最後はこの日駆ったバイクを頭上に掲げ、自らの勝利を祝った。これで與那嶺は前日のタイムトライアルに続き2冠とし、全日本TTは4勝目3連覇、全日本ロードでは2連覇3勝目を飾った。

そして復帰後、国内レースで無類の強さを誇るベテラン唐見実世子が2位。3位には後半上げた金子広美が入り、地元青森県出身の上野みなみが中原との上りスプリントをゴールまで踏み切って制し、4位を確保。そこからやや離れた位置で樫木がゴールし6位。これが女子エリート最後の完走者となった。

與那嶺恵理(エフデジヌーヴェル・アキテーヌフチュロスコープ)が3度目のタイトルを連覇で飾る與那嶺恵理(エフデジヌーヴェル・アキテーヌフチュロスコープ)が3度目のタイトルを連覇で飾る photo:Hideaki TAKAGI
2位でゴールした唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)2位でゴールした唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム) Photo:Satoru Kato中原恭恵と競って4位でゴールした上野みなみ(シエルブルー鹿屋)中原恭恵と競って4位でゴールした上野みなみ(シエルブルー鹿屋) Photo:Satoru Kato

女子エリート表彰女子エリート表彰 photo:Hideaki TAKAGI
全日本選手権ロードレース 女子エリート 結果
1位與那嶺恵理(エフデジヌーヴェル・アキテーヌフチュロスコープ)3h17'21"
2位唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)+7'17"
3位金子広美(イナーメ信濃山形)+11'18"
4位上野みなみ(シエルブルー鹿屋)+14'43
5位中原恭江(東光造園・稲毛インター)+14'43"
6位樫木祥子(AVENTURA AIKOH VICTORIA RACING)+15'16"
photo: Hideaki Takagi, Satoru Kato, So Isobe
text: Yuichiro Hosoda
Amazon.co.jp 
の画像 【熟成青森にんにく、国産SPF豚、国産野菜、極薄皮、化学調味料不使用】手造り餃子(肉餃子24個+野菜餃子24個)
カテゴリー: Grocery
メーカー: 信念フーズ
最安価格: ¥ 2,400
アマゾン価格: ¥ 2,400
の画像 ちとせ食品 青森県産おろしにんにく 100g
カテゴリー: Grocery
メーカー: ちとせ食品販売
参考価格: ¥ 432
最安価格: ¥ 432
アマゾン価格: ¥ 432
の画像 「アオモリアップルドラフト」 330ml×3本 〈クリアボックス入り〉
カテゴリー: Alcoholic Beverage
メーカー: (有)工藤商事