中級山岳が続く第5ステージでは総合は動かず。ラストはスプリントに持ち込まれ、フィル・バウハウス(ドイツ、サンウェブ)がマイヨヴェールのアルノー・デマール(フランス、エフデジ)を下し、ワールドツアーでの初勝利を飾った。


ワイン畑の中の道を行く クリテリウム・デュ・ドーフィネ2017第5ステージワイン畑の中の道を行く クリテリウム・デュ・ドーフィネ2017第5ステージ (c)CorVos
5日目を迎えたクリテリウム・デュ・ドーフィネ2017の舞台となるのは、ラ・トゥール=デュ=サルヴァニーからマコンへ至る175.5km。3つの4級山岳と、2級山岳と3級山岳がそれぞれ一つづつ、合わせて5つのカテゴリー山岳が登場するが、大きな破壊力のある登りは無い。第3ステージでチャンスをフイにしてしまったスプリンターチームにとっては最後の機会となるステージだ。

イアン・スタナード(イギリス、チームスカイ)がDNSし、168名となったプロトン。スタート後すぐに始まる3級山岳の登りからアタックが頻発する。この日は山岳賞争いにも注目が集まった。17ポイントで首位につけるトーマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル)に対して3ポイント差で追うクーン・ボウマン(オランダ、ロットNLユンボ)。デヘントが総合リーダーであるため、山岳ジャージを着続けるボウマンが完全に自分のものとするために積極的にアタックを仕掛けた。

ディラン・ファンバーレ(オランダ、キャノンデール・ドラパック)ら4人の逃げが決まったディラン・ファンバーレ(オランダ、キャノンデール・ドラパック)ら4人の逃げが決まった (c)CorVos
チームメイトに守られて走るトマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル)チームメイトに守られて走るトマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル) (c)CorVos
最初の3級山岳こそまとまって越えた集団だが、ほどなく4名の逃げが形成される。逃げに入ったのはボウマン、ディラン・ファンバーレ(オランダ、キャノンデール・ドラパック)、マルコ・ミナード(オランダ、ワンティワンティ・グループグベルト)、ジュリアン・エルファレス(フランス、デルコ・マルセイユKTM)ら。

アルノー・デマールのスプリント勝利を狙うエフデジが牽引する集団はこの逃げを容認。タイム差は最大で5分まで開いていく。逃げ集団では、ボウマンがカテゴリー山岳のKOMを総なめし、山岳ポイントを荒稼ぎ。合計10ポイントを加算し、水玉ジャージを自分のものとすることに成功した。

山岳ポイント狙って逃げるクーン・ボウマン(オランダ、ロットNLユンボ)山岳ポイント狙って逃げるクーン・ボウマン(オランダ、ロットNLユンボ) (c)CorVos
最後の4級山岳でKOMを獲得したボウマンは逃げ集団からドロップ。サンウェブ、エフデジ、カチューシャ・アルペシンらが集団の前方に立ち最後のスプリントチャンスへ向けて加速するメイン集団は残り20km地点でタイム差を1分に縮め、逃げ切り勝利の可能性を完全に摘み取る構えを見せた。

最後まであきらめず逃げ続けたファンバーレも残り6kmで吸収され、フィニッシュはスプリント勝負に持ち込まれた。集団の先頭に立ったのは、アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー)擁するカチューシャ・アルペシントレイン。ラスト200mで発射されたクリストフだが、スピードに乗せきれない。

スプリントを制したフィル・バウハウス(ドイツ、サンウェブ)スプリントを制したフィル・バウハウス(ドイツ、サンウェブ) (c)CorVos
逆サイドから仕掛けたアドリアン・プティ(フランス、ディレクトエネルジー)とフィル・バウハウス(ドイツ、サンウェブ)が伸びを見せる。デマールら追いすがるフレンチスプリンターを振り切り、バウハウスがそのまま先頭でフィニッシュラインを通過した。

「今日は全てが上手くいった。チームのサポートも最高だったし、脚の調子もかなり良かった。ジロでも表彰台に乗ることが出来ていたし、第2ステージでもかなり良いスプリントが出来ていたから、今日は自信を持って勝負できた。今までのキャリアの中で最高の勝利になったけれど、チームの皆が助けてくれたからこそだよ」と、自身初となるワールドツアーでの勝利を飾ったバウハウス。

自身初となるワールドツアーでの勝利を得たフィル・バウハウス(ドイツ、サンウェブ)自身初となるワールドツアーでの勝利を得たフィル・バウハウス(ドイツ、サンウェブ) (c)CorVos
山岳リーダーとなったクーン・ボウマン(オランダ、ロットNLユンボ)山岳リーダーとなったクーン・ボウマン(オランダ、ロットNLユンボ) (c)CorVos
そして、このステージのもう一人の勝者ともいえるのがボウマンだ。「第2ステージで勝ってから、山岳賞へのモチベーションが大きくなった。僕に自転車競技を教えてくれた師のために、このジャージを獲得したかったんだ。ドーフィネが始まる前は、一度逃げに乗れれば御の字だと思っていたから、こんな成績を収めることが出来て夢のよう。明日はきっと最高の1日になるはずさ。ラルプ・デュエズへのステージでは、もう一度逃げにチャレンジするつもりだ」と山岳リーダーの座を守る意欲を覗かせた。

クリテリウム・デュ・ドーフィネ2017第5ステージ
ステージ結果
1位フィル・バウハウス(ドイツ、サンウェブ)4h04’32”
2位アルノー・デマール(フランス、エフデジ)
3位ブライアン・コカール(フランス、ディレクトエネルジー)
4位アドリアン・プティ(フランス、ディレクトエネルジー)
5位ナセル・ブアニ(フランス、コフィディス)
6位アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、カチューシャ・アルペシン)
7位パスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)
8位エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)
9位エンリーコ・バッタリーン(イタリア、ロットNLユンボ)
10位オリバー・ナーセン(ベルギー、アージェードゥーゼール・ラモンディアール)
個人総合成績
1位トマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)17h10’25”
2位リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)+27”
3位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)+51”
4位スタフ・クレメント(オランダ、ロットNLユンボ)+55”
5位アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)+1’02”
6位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)+1’04”
7位ブレント・ブックウォルター(アメリカ、BMCレーシング)+1’12”
8位ヘスス・エラダ(スペイン、モビスター)+1’15”
9位サム・オーメン(オランダ、サンウェブ)+1’17”
10位ディエゴ・ウリッシ(イタリア、UAEチームエミレーツ)+1’22”
ポイント賞
1位アルノー・デマール(フランス、エフデジ)59pts
2位フィル・バウハウス(ドイツ、サンウェブ)47pts
3位ブライアン・コカール(フランス、ディレクトエネルジー)36pts
山岳賞
1位クーン・ボウマン(オランダ、ロットNLユンボ)24pts
2位トーマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル)19pts
3位ロメン・コンボー(フランス、デルコ・マルセイユKTM)6pts
新人賞
1位サム・オーメン(オランダ、サンウェブ)17h11’42”
2位ピエール・ラトゥール(フランス、アージェードゥーゼール・ラモンディアール)+07”
3位サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット)+13”
チーム総合成績
1位モビスター51h34'20"
2位BMCレーシング+05"
3位ロット・ソウダル+25"
text:Naoki.Yasuoka
photo:CorVos